板倉屋

和菓子

豊かな表情と素朴な甘さに癒やされる「元祖」人形焼き

同じ神様でも一つひとつ異なる表情にも見える人形焼き 同じ神様でも一つひとつ異なる表情にも見える人形焼き

七福神や文楽人形の形のカステラ生地に、あんこを詰めて焼いた和菓子が人形焼き。日本橋人形町で売られていたことから名前がついたとされ、「元祖」といわれているのが1907年(明治40)創業のこの店だ。創業時より使い続ける型を使い、ひとつずつていねいに焼き上げる。ひと晩寝かせた卵と砂糖の生地に、「別立法(べつだてほう)」という手法で空気を含ませた卵白を加え、木ベラで豪快に混ぜるのが特徴。そこに小麦粉を加えることで、ふんわりしつつも引きがある、独特な食感が生まれるのだという。あんこももちろん自家製。保存料や添加物は一切使っておらず、翌日には風味が変わってしまうため、できたてをその日のうちに食べるのがおすすめだ。七福神のうち6人の顔だけなのは、「お客様の笑顔を足して七福神に」という粋な理由から。少しずつ異なる表情を眺めながら食べると、ご利益がある気がしてくるから不思議だ。

壁にずらりと並ぶ型は、創業以来大切に使い続けているもの 壁にずらりと並ぶ型は、創業以来大切に使い続けているもの

「人形焼き」10個入り(1000円) 「人形焼き」10個入り(1000円)

香ばしく甘い香りが店の外まで流れてきて、つい立ち止まってしまう 香ばしく甘い香りが店の外まで流れてきて、つい立ち止まってしまう

スポット詳細

住所
東京都中央区日本橋人形町2-4-2
電話番号
0336674818

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          日本橋・銀座エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました