妻沼聖天山 歓喜院聖天堂

寺院

御本殿が国宝に指定されている、日本三大聖天のひとつ

熊谷(くまがや)市の北部、利根川に近い妻沼にある、高野山真言宗の仏教寺院。極彩色の精巧な彫刻が日光東照宮をほうふつとさせる御本殿は、「埼玉日光」ともいわれ、国宝に指定されている。

国宝の御本殿は、華麗な彫刻が施された江戸中期の貴重な文化財 国宝の御本殿は、華麗な彫刻が施された江戸中期の貴重な文化財

「聖天さま」として親しまれてきた古刹

妻沼聖天山は、正式名称を「聖天山歓喜院(しょうでんざんかんぎいん)」という。この地を本拠とした武将、斎藤別当実盛(さいとうべっとうさねもり)が、1179年(治承3)に先祖伝来のご本尊聖天さまをお祀りしたのが始まりとされている。その後、実盛公の次男六実長が出家して阿請房良応(あしょうぼうりょうおう)となり、1197年(建久8)に本坊の歓喜院を開創した。源頼朝が参拝し、また古くから民衆からの崇敬を集めてきた名刹だ。

仁王門から正面に御本殿を望む。境内の左側には大師堂もある 仁王門から正面に御本殿を望む。境内の左側には大師堂もある

貴惣門から国宝の御本殿まで、長い参道を歩く

境内の東側にある貴惣門 (きそうもん)は、1851年(嘉永4)に完成した山門で、国の重要文化財に指定されている。門をくぐって参道を進もう。右側には実盛公の銅像や護摩堂があり、さらに中門をくぐると仁王門が現れる。その先の正面に見えるのが、ご本尊の聖天さまをお祀りする御本殿だ。拝殿・中殿・奥殿からなる廟型式権現造りで、44年の歳月を費やし、1779年(安永8)に完成。2002年(平成14)から8年にわたる保存工事により創建当時の姿がよみがえり、2012年(平成24)に国宝に指定された。

二天王像(持国天・多聞天)を左右に安置した、高さ16mの貴惣門 二天王像(持国天・多聞天)を左右に安置した、高さ16mの貴惣門

木立に囲まれた参道。正面に見える中門の奥に仁王門が続く 木立に囲まれた参道。正面に見える中門の奥に仁王門が続く

色とりどりの美しい彫刻に彩られた「聖天堂」

奥殿の「聖天堂」を飾る彫刻は、日光東照宮の修復にも参加した彫刻師、石原吟八郎(いしはらぎんばちろう)を中心に制作されたものだ。玉垣内に入ってすぐ、サルが手をすべらせ激流に落ちるのをワシが助けている場面を描いたレリーフがある。これは、人間はときに高慢になって失敗をすることがあるが、神仏を敬い先祖を大事にする信心があれば聖天さまが助けてくださる、ということを表しているそうだ。

サルとワシのレリーフは彫刻の名手、左甚五郎(ひだりじんごろう)によるもの サルとワシのレリーフは彫刻の名手、左甚五郎(ひだりじんごろう)によるもの

そのほか、七福神が囲碁やすごろくをしている場面、子どもたちが遊んでいる様子、さまざまな動物や植物の彫刻もすばらしい。日光東照宮とよく比較されるが、東照宮をはじめほかの国宝建造物は当時の権力者が造ったのに対し、こちらは貧しい農民たちの浄財により長い年月をかけて造られ、当時の人々の信仰心がこもった建物として高く評価されている。

布袋・恵比寿・大黒天の福神3人による囲碁遊びを描いたレリーフ 布袋・恵比寿・大黒天の福神3人による囲碁遊びを描いたレリーフ

縁結びのパワースポットとしても人気

"妻沼聖天のご本尊である聖天様は、弘法大師が唐より密教とともに仏法の守護神として請来されてから、日本でも福運厄除けの神として信仰されてきた。特に縁結びの霊験あらたかで、夫婦の縁はもちろんのこと、家内安全・商売繁盛・厄除け開運などあらゆる良縁を結んでいただけるとして、参拝者があとを絶たない。お参り後は、広い境内を散策してみよう。御本殿に向かって右側には「夫婦の木」、鐘楼、弁天社、平和の塔などがある。また、参道には大きないなり寿司が名物の「聖天寿司」ほか、""縁結びうどん""なるメニューを出す店もあるので立ち寄ってみたい。"

ケヤキ(右)とエノキ(左)が寄り添って立つ「夫婦の木」 ケヤキ(右)とエノキ(左)が寄り添って立つ「夫婦の木」

スポット詳細

住所
埼玉県熊谷市妻沼1511
エリア
北部エリア
電話番号
0485881644

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          北部エリアのおすすめスポット

          埼玉のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました