弘前れんが倉庫美術館

美術館

歴史的な趣の倉庫が最先端の美術館に生まれ変わった

築約100年の赤れんが倉庫を、可能なかぎり再利用し完全リノベーションしたミュージアム。地域のクリエイティブ・ハブとしての機能を持つ新たなランドマークとして、大きな期待が寄せられる話題のスポットになりそうだ。

芝生と整備された歩道に赤いれんが造りが映える。右がミュージアム棟、左がカフェ・ショップ棟 芝生と整備された歩道に赤いれんが造りが映える。右がミュージアム棟、左がカフェ・ショップ棟

コンセプトは「記憶の継承」

レトロでローカル色満載の、弘南鉄道大鰐線「中央弘前駅」から徒歩3分。懐かしさとマンションが立ち並ぶ新旧の雰囲気が混じり合うエリアに、存在感を放つれんが造りの建物がある。2020年(令和2)7月にグランドオープンした、「弘前れんが倉庫美術館」だ。ここはかつて、日本で初めて大々的にシードルを生産した工場だった。明治・大正期に建設され、シードル工場の役目を終えたあとも、「吉野町煉瓦倉庫」として保存され、地域でも親しまれてきた歴史建造物。いくつもの時代を地域とともに歩んできた記憶と歴史を、建物とともに未来へ継承するというコンセプトのもと、美術館として再生した。「文化創造の拠点」を目指し、再び地域とともに歩み始めたばかりだ。

『A to Z Memorial Dog』(2007年)は弘前市出身の世界的美術家・奈良美智氏の作品。エントランスで来場者を迎えてくれる 『A to Z Memorial Dog』(2007年)は弘前市出身の世界的美術家・奈良美智氏の作品。エントランスで来場者を迎えてくれる

エントランスホールには長期展示されている作品も見られる エントランスホールには長期展示されている作品も見られる

地域の魅力発信の拠点を目指す

弘前れんが倉庫美術館では、国内外のアーティトを招聘し、新たな作品制作をおもとして、弘前ならではのコレクションを形成している。建築や地域に合わせた作品制作により、新たな息吹を吹き込むことに重きを置いているという。また常設・企画展示などいう固定的な概念ではなく、自由で柔軟なプログラム運用を目指している。もともと青森県、特に弘前市はカルチャーやアートといった分野に造詣が深い町。美術館の活動を発端として人々の表現するフィールドを広げ、さまざまなパブリックプログラムを構築することで、地域の創造的魅力を発信し続けていく。そんな壮大な未来を目指す美術館は、開館から1年で地域にすっかり溶け込んでいるようだ。

2021年(令和3)の展覧会は「リンゴ」に注目。各アーティストによるこの場所ならではのアート作品を展示している 2021年(令和3)の展覧会は「リンゴ」に注目。各アーティストによるこの場所ならではのアート作品を展示している

展覧会に出展している作家や、海外作家の作品集などがズラリと並ぶライブラリー 展覧会に出展している作家や、海外作家の作品集などがズラリと並ぶライブラリー

デザイン性の高いオリジナルアイテムが人気

弘前れんが倉庫美術館は、大きく2つのエリアに分かれている。ひとつはギャラリーやライブラリーなどのあるミュージアム棟。もうひとつが食事や買いものができるカフェ・ショップ棟だ。カフェ&レストランでは青森産食材を中心にランチ、カフェ、ディナーと終日の利用が可能だ。レストランには「A-FACTORY弘前吉野町シードル工房」が併設され、食事を楽しみながらガラス越しに見学もできる。隣のショップではシードルや弘前市の工芸品のほかに、美術館のロゴをあしらった缶バッジやメモ帳など、ここでしか手に入らないオリジナルアイテムを購入できる。カフェやショップだけの利用ももちろんOKだ。

天井が高くてまるでホールのような空間を生み出す「CAFE&RESTAURANT BRICK」の店内 天井が高くてまるでホールのような空間を生み出す「CAFE&RESTAURANT BRICK」の店内

2本の縦線と1本の横線は弘前の頭文字「H」を表したデザイン 2本の縦線と1本の横線は弘前の頭文字「H」を表したデザイン

スポット詳細

住所
青森県弘前市吉野町2-1
電話番号
0172328950

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          弘前・黒石・岩木山エリアのおすすめスポット

          青森のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました