長等創作展示館・三橋節子美術館

美術館
大津市小関町の長等公園内にある美術館。近隣にアトリエを構え、昭和50年(1975)に35歳で夭折した日本画家・三橋節子の作品を収蔵している。また、絵画や工芸などの制作ができる創作スペースも併設されている。

スポット詳細

住所
滋賀県大津市小関町1-1
エリア
大津エリア
電話番号
0775235101
時間
9:00-17:00(最終入館16:30)
休業日
月(祝の場合は翌日)、祝の翌日(日の場合は開館)、年末年始
料金
【観覧料】
[大人]330円
[高・大学生]240円
[小・中学生]160円
駐車場
あり(10台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり(施設内びわ湖Wi-Fi)
コンセント口
あり(8口)
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
0-30分
車椅子での入店
可(無料貸出用1台あり)
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 黙して語る
    5.0 投稿日:2020.04.10
    駅からは小高い丘を登り道なりに辿るとひっそりとした木立に囲まれた美術館に至る。以前梅原猛の「湖の伝説」に誘われた感じでここを訪れたことがあった。開館時間まじかで我々だけだったためか夫の靖将氏からお茶をご馳走になり、節子さんの創作エピソードなどをお聞きすることが出来た。今回は京都から帰宅の途次に十数年ぶりに立ち寄った。群青の色調で描かれた「静謐」な数点の大作。その画布に氏は何を込めていたのか、とりわ...
  • 不屈の女流画家の軌跡
    4.0 投稿日:2017.10.18
    琵琶湖の西、長等山公園内にあり、木立の間から比叡山が望める継承の地にあります。京都市立芸術大学を出て日本画家になった三橋節子の個人美術館。彼女は結婚後、子供もでき、画業も順調だった34歳時に右鎖骨に癌がみつかり利き腕の右腕を切断...
  • カンボジア日記も必読
    4.0 投稿日:2016.12.01
    絵画作品は観てもらうほかありませんが(「夭折の画家」というイメージがあまりに強すぎるのは残念なことです)、展示室に無造作に置いてあったカンボジア旅行中の日記のコピーもおもしろかったです。作品から受けるイメージとは違って、けっこうシビアなセンスを感じます。クメール・ルージュ直前のカンボジアの記録としても貴重だと思います。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          大津エリアのおすすめスポット

          滋賀のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました