シーパルピア女川

複合施設/商業施設

ロケーション抜群、女川港を望む美しいプロムナード

三陸復興国立公園地域にある女川は、天然の良港として知られる海の町。そのシンボル的な存在がシーパルピア女川。駅前から続くレンガの道を行くと、沿道には飲食店や雑貨店、日用品店など多くの店が並んでいる。

JR女川駅からシーパルピア女川を望む JR女川駅からシーパルピア女川を望む

レンガのプロムナードを歩き女川港へ向かう

JR女川駅で下りると、そこから「シーパルピア女川」までレンガのプロムナードが続いている。さらに道の向こうには、キラキラと水面の輝く女川港が見える。ロケーション抜群のシーパルピア女川には、旬の魚を味わえる和食処や本格ナポリピッツァが看板のイタリアン、ボリュームたっぷりの個性派ラーメン店、あるいは海の幸たっぷりの海鮮丼の店など、飲食店が幅広く集まっている。また、ダンボールで作ったスーパーカー「ダンボルギーニ」が見られるショップや、スペインタイルの制作販売を行う工房など、ほかにはない個性的な店もあり、ショッピングも楽しい。店は全部で29店舗。観光客だけでなく、町民にも利用されているショッピングエリアだ。

JR女川駅から港までまっすぐ延びるプロムナード JR女川駅から港までまっすぐ延びるプロムナード

市場の雰囲気が楽しめる「地元市場ハマテラス」

シーパルピアと棟続きになっているのが、海の町・女川の海鮮を楽しめる「地元市場ハマテラス」だ。鮮魚や水産加工品を中心とした特産品の販売、三陸の海の幸を味わえる鮮魚店の営む食事処、女川の蒲鉾店、お茶の専門店などそのラインナップは多彩だ。ランチにおすすめなのが「海鮮浜めし(釜飯)」で人気の「マルキチ女川浜めし屋」や、港に水揚げされる鮮魚をたっぷり使った海鮮丼に定評のある「お魚いちば おかせい」など。また日本茶のフレーバーティーの専門店「TEAVER TEAFACTORY(てぃーべるてぃーふぁくとりー」では、香りのいいお茶を楽しみながら、ゆっくりくつろぎの時間を過ごせる。

水産加工品や鮮魚を販売する店が並ぶハマテラス 水産加工品や鮮魚を販売する店が並ぶハマテラス

海を臨む場所に整備された「マッシュパーク女川」

地元市場ハマテラスと女川港の間のスペース、気持ちよく海を望める場所に2021年(令和3)オープンした公園が「マッシュパーク女川」。女川の海や空の色に映えるカラフルな色合いのウミウシやサンゴ、ヒトデなどの形をした遊具が並んでいて、子どもならずとも遊びたくなる魅力いっぱいの公園だ。これら彩り豊かな遊具は、「海から遊びに来た生きもの」をイメージして彫刻家の高田洋一氏がデザイン。子どもたちの感性を刺激する遊べるアートが大きな注目を集めている。ショッピングやランチ、そしてさまざまな体験もできる女川で、楽しい休日を過ごしてみよう。

「マッシュパーク女川」のカラフルな遊具で遊ぼう 「マッシュパーク女川」のカラフルな遊具で遊ぼう

スポット詳細

住所
宮城県牡鹿郡女川町女川2-60
エリア
三陸エリア
電話番号
0225248118
時間
8:30-24:00(店舗により異なる)
休業日
店舗により異なる
料金
店舗により異なる
駐車場
あり(300台)
クレジットカード
可(店舗により異なる)
電子マネー/スマートフォン決済
可(店舗により異なる)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
その他(指定場所以外は喫煙不可)
英語メニュー
あり(店舗により異なる)
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい
備考
[管理事務所]0225-24-8118

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          三陸エリアのおすすめスポット

          宮城のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました