かんのや 郡山駅おみやげ館

その他の食品

こし餡を包んだ「家伝ゆべし」は姿の美しさも魅力

鶴が羽を広げた形の「家伝ゆべし」6個入り713円 鶴が羽を広げた形の「家伝ゆべし」6個入り713円

柚餅子(ゆべし)と呼ばれる食品は全国にあるが、東北では弾力のある食感が特徴の四角い餅菓子のことを指し、ユズは使用せずにクルミを入れるのが一般的。かんのやの「家伝ゆべし」は、この東北にあって独自の製法で作られる「あん入りのゆべし」だ。ゆべし生地を薄く伸ばしてこし餡を置き、三方をつまんで蒸し上げた福島の伝統菓子。滝桜で有名な三春で江戸末期の1860年(万延元)に菅野屋として創業。当初は棒状のクルミゆべしだったが、三春城主の祖先である坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が2羽のタンチョウヅルに育てられたという故事にちなんで「家伝ゆべし」が考案された。今では福島を代表する銘菓のひとつとして県内各地の土産物屋でもおなじみ。時期によってはさくら餡、抹茶餡、栗入り餡、ユズ入り餡など季節限定の味に出合えるかもしれない。

もっちりとしたゆべし生地に甘さ控えめな餡が上品。ケシの実がアクセントになっている もっちりとしたゆべし生地に甘さ控えめな餡が上品。ケシの実がアクセントになっている

三春町に近い郡山市の東端にある本店文助。郡山駅構内の支店「おみやげ館」のほか、高速道路SAでも購入できる 三春町に近い郡山市の東端にある本店文助。郡山駅構内の支店「おみやげ館」のほか、高速道路SAでも購入できる

スポット詳細

住所
福島県郡山市燧田195 郡山駅構内1F
電話番号
0249342316
時間
10:00-20:00
休業日
年中無休

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          郡山・須賀川・白河エリアのおすすめスポット

          福島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました