関連する記事

関連する観光コース

- 埼玉 PHOTO ALBUM -

banner_photo

東武スーパープールは夏の風物詩

南埼玉郡宮代町須賀にある動物園・遊園地。ホワイトタイガーやヒグマなどをはじめ120種類、1200頭に及ぶ動物を飼育する動物園と、絶叫マシンやキッズ向けアトラクションが揃った遊園地からなり、複数のレストランやショップも備える。また、敷地内には大型の屋外プール施設「東武スーパープール」もある。

place

埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110 (久喜・行田エリア)

phone 0480931200

東武動物公園の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2021/04/04 雨でした。( ;∀;)
コロナ限定解除下での利用。雨の降る中の参加となりました。アトラクションがほとんどのれず、動物園も傘でしか回れず、日程的にははずれました。入場券、パスポートはキャッシュレスですが、中の食事処等はすべてキャッシュオンリーでとても不便でした。今後の改善に期待します。
投稿日:2021/01/02 イルミネーションが綺麗だからもっと皆さん落ち着いたら行きましょう!!
イルミネーションを見に行ってきました。けっこう便が良くて、まあ、駅から若干ある気はするものの10分はしないと思うし、けっこう東京近郊のイルミネーションとしてはお勧めだと思います。
食べるところは駅にはあまりないので、食べるなら公園内のレストランか、売店でがいいかもしれないですね。メインのイルミネーションは入ってから奥に歩いて行ってからありますよ。入ってすぐの池の周りも綺麗は綺麗ですけど。
投稿日:2020/09/17 触れ合い
駅からも遠く、入り口からも動物園まではすごく遠くて少し驚きました。
動物との距離はすごく近くて触れ合いもたくさんある動物園で親子共々満喫できました。平日の方がイベントが多いみたいでした。
半日は軽くかかりました。

おすすめ記事

詳細情報

住所
埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110 [地図]
エリア
久喜・行田エリア
電話番号
0480931200
時間
9:30-17:00
※季節・曜日により変動あり
休業日
[1月]元日、火、水
[2月]火-木
[6月]水
料金
【入園料】
[大人(18歳以上)]1,800円
[中人(中・高校生)]1,500円
[小人(3歳-小学生)]800円
[シニア(60歳以上)]1,100円(要証明)
※アトラクション利用の際は別途のりもの券が必要
駐車場
あり(3,000台)
※西ゲート側1日1,000円
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DISCOVER、Diners Club、UC、東武カード)
※入園窓口及び一部レストラン・売店
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、iD)
※一部のみ
Wi-Fi
あり(tobuzoowifi)
コンセント口
なし
喫煙
可(喫煙所以外は禁煙)
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
120分以上(2時間程度)
車椅子での入店
乳幼児の入店
可(アトラクションは身長、年齢制限あり)
雨の日でも楽しめる
はい(アトラクションは雨天時一部運休)

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報
コツメカワウソやライオン等、けものフレンズの作中に登場する動物が見られる。一時期けものフレンズとのコラボでキャラクターパネルが設置された際に、そのキャラクターパネルから離れないペンギン(二次元に恋したペンギンと呼ばれる)が出現し、一時期話題となった。ファンの間では聖地の一つとして扱われている。

※ナビタイム調べ

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          埼玉 の主要エリア

          around-area-map

          埼玉県は、関東地方の中央西側にある、7つの県に囲まれている内陸の県です。東京とも隣接しているため主要観光地へのアクセスも簡単で、電車・車・バスを利用できます。大阪や名古屋からは、新幹線を利用すれば短時間でアクセスできます。 埼玉県の観光スポットで有名なのが、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている「川越」です。観光地として人気があり、江戸時代から続く街並みや昔ながらの菓子屋横丁など、ノスタルジックな町並みを堪能できます。 また、秩父方面に行けば国の名勝の一つである「長瀞渓谷」があるなど、ダイナミックな渓谷の自然も楽しめます。 埼玉県は深谷ネギが名産で、おっきりこみと呼ばれる煮ぼうとうにも使われています。それぞれの観光地で楽しめるグルメもあり、川越では芋を使った料理やウナギ、秩父では秩父そばや味噌ポテトを楽しめます。