小豆島オリーブ園

植物園

国内オリーブ栽培発祥の地で、自分だけのオリーブオイル作り

1917年(大正6)から100年以上にわたりオリーブを育て、良質なオリーブオイルを作り続けているオリーブ園。ミモザやジャスミンなど季節ごとに咲く花も見どころで、敷地内のあらゆる場所で絶景を写真に収めることができる。

1917年(大正6)に植樹された苗木は、樹齢およそ100年。今でもたわわに実をつける 1917年(大正6)に植樹された苗木は、樹齢およそ100年。今でもたわわに実をつける

見て、食べて、体験して、オリーブの魅力を発見

さまざまな形でオリーブの魅力を知ることができるのがこちらの施設。オイルや化粧品などオリーブを使った商品を販売しているほか、レストランでも新鮮なエキストラバージンオリーブオイルを味わうことができる。また、日本のオリーブ栽培発祥の地である小豆島のなかでも、この場所が最初に栽培を始めたエリア。オリーブ畑のなかには、栽培開始当時に植えられた樹齢100年の「オリーブの原木」があり、その力強い生命力を感じることができる。また、オリーブ畑を見下ろす高台にはイサム・ノグチの遊具彫刻があり、子どもたちの格好の遊び場にもなっている。

島内を巡るオリーブバスのバス停「オリーブヶ丘」で下車すれば目の前 島内を巡るオリーブバスのバス停「オリーブヶ丘」で下車すれば目の前

品質にこだわって生産されたオイルをはじめ、さまざまなオリーブ製品がそろう 品質にこだわって生産されたオイルをはじめ、さまざまなオリーブ製品がそろう

自分だけのマイオリーブオイルを作ろう

オリーブ園で人気なのが、マイオリーブオイルブレンド体験。個性の違う5つのオリーブオイルを好みに合わせてブレンドし、自分だけのオリーブオイルを作ることができる。
最初に小豆島のオリーブ栽培やオリーブオイルについてのレクチャーを受けたら、さっそくブレンドするオイルの試食。5種類のオイルはそれぞれ、若いトマトのようなフレッシュな味わいのものやスパイシーなものまで個性豊かで、それをレストランで焼いたパンに付けてテイスティング。オリーブの品種や産地によってまったく違うその味わいに驚かされることだろう。

オーストラリアやスペインなどさまざまな産地のオイルをブレンド。右端は、全体をマイルドにするためのピュアオイル オーストラリアやスペインなどさまざまな産地のオイルをブレンド。右端は、全体をマイルドにするためのピュアオイル

ボトルの色やラベルもオリジナルで

試食が終わったらいよいよブレンド。オイルの個性はさまざまだが、どれをどんな割合でブレンドしても決して喧嘩をせず、おいしくまとまるのが不思議でおもしろい点だ。ブレンドし終わったら好きな色のボトルを選んで詰め、次はラベル作り。オリーブ園のロゴ入りシールを貼るだけでもいいが、せっかくなら自分の好きなイラストなどを描いてオリジナル感を出そう。こうして作ったオイルは、炒め物など調理に使うのではなく、ぜひ生で味わってほしい。サラダやパンに使うのはもちろん、刺身や豆腐、アイスクリームなどにかけるのもおすすめだ。

ブレンド体験では約100㎖のマイオリーブオイルを作れる ブレンド体験では約100㎖のマイオリーブオイルを作れる

好きなものや旅の思い出をラベルにしてみよう 好きなものや旅の思い出をラベルにしてみよう

月替わりの手作り体験も

通年で実施されているオリーブオイルブレンド体験のほか、奇数月はボタニカルキャンドル作り体験、偶数月はオリジナルバスボム作り体験を実施。体験はどれも1時間で、開始時間も決まっているので事前に申し込みをして空き状況を確認しよう。オリーブ畑を見たり土産を買ったりするだけよりも、こうして体験することでよりオリーブや小豆島への興味が増すことだろう。小豆島オリーブ園のすぐ隣には道の駅小豆島オリーブ公園があり、名前もよく似ているので間違えないよう注意してほしい。ただ、両施設のオリーブ畑はつながっているので、時間があれば歩いて両施設を行き来することもできる。

オリーブの葉や島で採れた草花などを使ってキャンドルを作れる オリーブの葉や島で採れた草花などを使ってキャンドルを作れる

スポット詳細

住所
香川県小豆郡小豆島町西村甲2171
電話番号
0879824260
時間
8:30-17:00
休業日
無休
料金
[入園料]無料
駐車場
あり(50台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、nanaco、WAON、楽天Edy、PayPay、LINE Pay、ALIPAY、WeChatPay)
Wi-Fi
あり(OliveGarden)
コンセント口
あり
喫煙
可(店舗外の喫煙スペース)
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
可(レストランテラス席のみペット同伴可)
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 風車はオリーブ公園
    3.0 投稿日:2020.07.13
    風車のあるオリーブ公園まで歩いても行けますがオリーブ公園の駐車場に停めた方が楽です。ホウキの貸し出し所はオリーブ園からは歩くと遠いです。
  • 実を付けたオリーブを見てきました。
    4.0 投稿日:2019.12.09
    近くに、オリーブ公園があり、一見、違いがあまりわかりませんでした。ただ、多くの人の手が入っているのは分かりました。駐車場での、案内、土産物屋での定員の様子が感じよかったように思います。
  • お買い物に。
    4.0 投稿日:2019.11.23
    繁盛してます。オリーブ関係のお買い物をしたければここへ。この上にもオリーブ公園がありますが、オイルやクリームの品揃えはこっちに分があります。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          小豆島エリアのおすすめスポット

          香川のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました