高杉晋作誕生地

その他の史跡/建造物

幕末の風雲児と呼ばれた高杉晋作の生家

明治維新に大きく貢献しながらも、27歳8か月の若さで夭折した高杉晋作生誕の地。幕末の長州藩士のなかでも屈指の人気と知名度を誇る文武両道ヒーローだけに訪れる人は多く、萩城下町きっての人気スポットとなっている。

かつての武家屋敷の一部が一般公開されている かつての武家屋敷の一部が一般公開されている

萩城下町屈指の人気スポット

高杉晋作の誕生地は藩の豪商のひとつ菊屋の名を冠した「菊屋横町」の一角にある。純白のなまこ壁が美しい通りで、目的地の生家はちょうどそのなかほどだ。趣ある木の門をくぐると右側が受付だ。在りし日の高杉晋作らの写真が飾られていて、おのずと期待は膨らむ。観覧料を支払って建物の外側に沿ってまっすぐ進めば、一般公開されている部屋のある邸宅が見えてくる。当時の間取り図によると、20を超える部屋をもつ広大な武家屋敷だったが、現在は残されているうちの南側の半分のみが公開されている。

受付で観覧料を支払い、奥に進もう 受付で観覧料を支払い、奥に進もう

現存する建物の南側と庭園を見学できる

この家は晋作の父の高杉小忠太の邸宅だったもので、幕末当時のまま現存しているのは、床の間付きの座敷・次の間・居間・小室、それに玄関と台所。屋敷の内部には晋作の肖像画や当時の写真、直筆の掛け軸や書物、茶道具など、貴重なゆかりの品々が展示されているが、残念ながら上がることはできず、外からのぞく形で見学するようになっている。このあとにはぜひ庭園へも行ってみよう。高杉家伝承の鎮守堂や、晋作が倒幕への思いを詠んだとされる「西へ行く人を慕いて東行く、心の底ぞ神や知るらん」の和歌が刻まれた歌碑などが立てられている。裏庭には、晋作の産湯に使われたとされる井戸もそのまま残っている。かつては土蔵や納屋もあったようだが、残念ながら現存していない。

裏庭にある「産湯の井戸」 裏庭にある「産湯の井戸」

そもそも幕末の風雲児・高杉晋作とは?

萩藩士の長男として1839年(天保10)に生まれた高杉晋作。上級武士の子息として藩校の明倫館に通う一方、親に隠れて倒幕運動の拠点となる「松下村塾」にも入門、吉田松陰の教えを受けた。やがて長州第一の俊才とされた藩士・久坂玄瑞(くさかげんずい)と並び、「松門の双璧」と称されるほどになる。ちなみにこれは吉田松陰があえて争わせて才能を開花させるよう努めたものと伝えられる。その後、身分制度にとらわれない初めての軍事組織「奇兵隊」の結成や、英米仏蘭・四国連合艦隊との講和談判、下関挙兵などを行い、明治維新・尊王攘夷の志士として活躍。その姿は「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し」と評され、幕末の風雲児として名を馳せた。長州藩の意思を統一し、幕府に対し武力をもって戦う意思も示したが、当時は不治の病であった肺結核に倒れ、隠居生活に入る。1867年(慶応3)、明治維新の実現を見ることなく、わずか27歳8か月の若さで生涯を閉じた。

高杉晋作略伝は必見 高杉晋作略伝は必見

貴重な資料の見学は「高杉晋作資料室」へ

生誕地と合わせて見学したいのは、歩いて1分ほどの「晋作広場」に建立された「高杉晋作立志像」。りりしい表情が印象的な、まげに羽織袴の立ち姿のこの像は、松下村塾の門下生だった20歳頃の晋作をイメージしたものだという。さらに晋作についてもっと知りたい人は、萩博物館内の「高杉晋作資料室」をおすすめしたい。産着から最晩年の書まで晋作に関するさまざまな資料が展示、保存されている。なかでもぜひ見ておきたいのが、奇兵隊の総監督として下関陣中で着用した甲冑だ。晋作が着用した甲冑はわずか2領しか現存しておらず、大変貴重なものとなっている。

庭園に祀られている鎮守堂 庭園に祀られている鎮守堂

晋作が残した辞世の句 晋作が残した辞世の句

晋作の言葉が刻まれた石碑 晋作の言葉が刻まれた石碑

スポット詳細

住所
山口県萩市南古萩町23
電話番号
0838223078
時間
9:00-17:00
休業日
不定休(要確認)
料金
[大人]100円
[中、高校生]50円
駐車場
なし
※近くに有料駐車場あり
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
喫煙
不可
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 桂小五郎(木戸孝允)や久坂玄瑞の生誕地も近いです!!
    4.0 投稿日:2020.12.05
    幕末の風雲児こと高杉晋作の誕生地。天保10年(1839)に萩藩士の高杉小忠太の長男として生まれた場所です。入口からちらっと中を覗いただけですが、旧宅内には晋作の写真や書などが展示され、産湯に使ったと伝えられる井戸や自作の歌碑・詩碑などもあるそうです。菊屋横丁という風情ある素敵な路地の中にありました。維新の三傑と呼ばれる桂小五郎こと木戸孝允や久坂玄瑞の誕生地も割と近くにあり、歴史好きにはた...
  • 17時閉門、無念!
    4.0 投稿日:2020.11.25
    萩にきたらどうしても行っておきたい観光地の一つ。松陰神社周辺から先に回った為、夕方になってしまいました。とにかく近くまでと車で行きましたが城下町の狭い路地で車を停めれる所がなく駐車場を探して走っていきましたが17時超えていて入る事ができませんでした。翌朝も早い出発で見る事ができない為横の公園からだけでも眺めようと思い入ると高杉晋作の銅像がありました!中は拝めませんでしたが外観と銅像の写真を...
  • 感慨深く、当時に思いを馳せる
    4.0 投稿日:2019.12.09
    菊屋横町の中ほどにあり、間口は狭くこじんまりした家ですが、庭や産湯に使った井戸が、そのまま残っています。この地が19歳で松下村塾に入門し、幕末の動乱を駆け抜け、明治維新を目前に29歳の若さでこの世を去った革命児「高杉晋作」の誕生の家かと思うと感慨深いものがあります。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          萩・大島エリアのおすすめスポット

          山口のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました