萩・大島

HAGI / OSHIMA

江戸時代のにぎわいが聞こえてくる、史跡や文化財の立ち並ぶエリア

山口県北部、日本海に面した萩市は、江戸時代に毛利氏が治めた長州藩の本拠地だった町。江戸時代の風情を色濃く残す「萩城下町」として知られ、西日本有数の人気観光都市でもある。日本海に面した町は三方を山に囲まれ、このことから近代化から遅れを取ったが、逆に萩城址を中心とした武家屋敷、町人の家が立ち並ぶ街並みがほぼ当時の姿で残されることになった。また、幕末には討幕運動の中心となって明治維新の原動力となった藩であり、その後の戦前にかけ政財界で活躍した人物を多く輩出。世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成遺産に登録された史跡も多い。また、人間の歴史資産だけではなく、ユニークで貴重な自然景観も残している。1億年にわたる火山の活動が作り出した大地には、大きなカルデラから小さな単成火山の溶岩台地までが点在し「萩ジオパーク」に認定されている。萩城下町もこの地形を巧みに利用して建設されたものだ。ほかにも、大島や相島などの萩六島、見島など日本海に浮かぶ美しい島々の風景も楽しみたい。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    松下村塾
    日本の近代化に貢献した偉人たちを数多く輩出した私塾
    幕末から明治の時代、松本村(現在の萩市)に地域社会の人材育成の場として開かれた私塾。長州藩の兵学者だった吉田松陰が教育を行ったことで有名だ。指導を受けた者から新しい日本を支える逸材を多数輩出。明治維新からの日本の近代化は、この場所から始まっているのだ。
    歴史上の偉人を多数輩出した松下村塾
  • spot 02
    萩城下町
    日本の新しい夜明けを導いた長州藩毛利家の美しい城下町
    世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成遺産である「萩城下町」。江戸時代を通して強い勢力を誇り、幕末には明治時代への幕開けにつながる討幕運動の士を多く輩出した長州藩 (萩藩)の城下町だ。名城と呼ばれた萩城址を中心とした風情ある町並みは、当時の面影が色濃く残るという点で日本有数だ。
    なまこ壁が美しい菊屋横町
  • spot 03
    青木周弼旧宅
    幕末の藩医を務めた日本屈指の蘭学者・青木周弼の邸宅
    幕末の日本を代表する蘭学医であり藩医であった青木周弼の邸宅で、萩城下町・江戸屋横町にある。全国から教えを乞おうとする門下生が続々と集まったため、それに対応するべく安政6年(1859)に新築された。侍医らしいこだわりや趣が感じられる建物は、ほぼ当時のままに残されている。
    藩医の邸宅らしい立派な門構え
  • spot 04
    高杉晋作誕生地
    幕末の風雲児と呼ばれた高杉晋作の生家
    明治維新に大きく貢献しながらも、27歳8か月の若さで夭折した高杉晋作生誕の地。幕末の長州藩士のなかでも屈指の人気と知名度を誇る文武両道ヒーローだけに訪れる人は多く、萩城下町きっての人気スポットとなっている。
    かつての武家屋敷の一部が一般公開されている
  • spot 05
    須佐ホルンフェルス
    マグマが作り出した美しい縞模様の断崖
    日本海の白波がぶつかる断崖絶壁に、人工物かと思えるほどくっきり鮮やかに描かれた灰白色と黒色の美しい縞模様。「須佐ホルンフェルス」と呼ばれるこの地層は、れっきとした大自然の産物。その迫力ある美しさからは、あらためて地球のパワーのすごさを感じるはずだ。
    独特の縞模様が目をひく雄大な岩壁
  • spot 06
    いかマルシェ スサノモノミトコ館
    日本海の「イカの町」で絶品のローカルブランド「須佐男命いか」を味わおう
    須佐は山口県北東部、日本海に面した漁業の町。現在は合併により萩市に属している。須佐の名は、天照大神(あまてらすおおみかみ)とともに生まれた日本神話の男神、須佐之男命(すさのおのみこと、以下スサノオ)に由来する。スサノオが出雲の国から朝鮮半島に渡る際、町の北側にある大きく日本海にせり出した高山(神山)の上から航路を定めたとされる神話によるものだ。JR須佐駅に隣接する「いかマルシェ スサノモノミトコ館」は、地元産の朝どれ生鮮魚介類や野菜、手土産などを販売する施設。館名ももちろんスサノオの名をもじったものだ。いちばんの名物は「須佐男命いか」。須佐港で水揚げされる活きた状態の剣先イカのローカルブランド名だ。弾力があるがやわらかい絶品のイカで、「一本釣船団」によって水揚げされている。須佐漁港の漁船の大半は一年を通してイカ漁を行い、年間漁獲高の半分以上をイカが占めるほど。館内には獲れたての「須佐男命いか」はもちろん、イカにこだわった加工品や総菜、魚介干物などがめじろ押し。須佐はまさにイカの町なのだ。
    2019年(平成31)にオープンした施設で、観光の拠点にもなっている
  • spot 07
    菊ヶ浜
    萩城址と島々を一望にする城下町に面した美しい海岸
    日本海に面して広がる萩城下町。その海岸線は白砂青松の美しい菊ヶ浜だ。北長門海岸国定公園内に位置しており、海に向かって左手には城址のある指月山 (しづきやま)、沖合には小さな島々が浮かんでいるのを見ることができる。夏には海水浴場としても大いに賑わう。
    青い空と海、白砂のコントラストが美しい
  • spot 08
    サザンセトとうわ
    瀬戸内のハワイ・周防大島の魅力が満載の道の駅
    道の駅ではあるが海の駅とも言え、つながりの深いハワイの香りも感じられる。そんなぜいたくな施設が周防大島の「サザンセトとうわ」だ。目の前は美しい海で、神秘の小島も浮かぶ。瀬戸内の陽光の下、島の豊かな恵みを思い切り堪能しよう。
    海のそばにある建物はバリアフリーにも配慮されている
  • spot 09
    郷土料理レストラン
    オーシャンビューの絶景レストランで周防大島の幸を味わう
    周防大島の道の駅「サザンセトとうわ」の2階にある「郷土料理レストラン」。店内では島産の獲れたての新鮮な魚をはじめ、旬の素材にこだわった料理を存分に堪能できる。リーズナブルな価格もうれしい。おすすめは「小いわし定食」(1300円)や「お魚フライ定食」(1300円)などの魚料理。お子様ランチやデザートメニューもあるので家族連れにも好評だ。瀬戸内海に面した店の窓ガラスは大きくて開放感があり、すぐ近くに浮かぶ真宮島(しんぐうじま)を一望できる座敷やテーブル席が並んでいる。自慢の料理を堪能しながら絶景を楽しむこともできる、おすすめのレストランだ。
    「瀬戸のお魚フライ定食」は、新鮮な魚を使った刺身やフライが自慢
  • spot 10
    真宮島
    干潮時の前後3時間だけ現れる奇跡の海の道
    古事記にも登場する瀬戸内海の周防大島の沖に、不思議な現象の起きる小島「真宮島」が浮かんでいる。干潮の前後3時間のみ、歩いて渡れる道が海の中から現れるのだ。七夕伝説のような「繋がり」をイメージする恋愛成就のパワースポットとして、若い恋人たちもよく訪れる。
    干潮時に現れた島への砂州
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    市内をまわるには「萩循環まぁーるバス」がおすすめ。萩市役所を起点に、どこまで乗っても100円。西回りの「晋作くん」と東回りの「松陰先生」の2ルートのバスが、約30分ごとに運行している。

  2. その2

    「萩循環まぁーるバス」は、500円で1日、700円で2日間乗り放題となる乗車券も販売している。

  3. その3

    レンタサイクルやシェアサイクルも充実しており、萩市観光協会をはじめ市内のさまざまな場所で利用できる。

  4. その4

    萩城城下町にある青木周弼旧宅の入館料は100円(小学生以下は無料)で、萩市文化財施設1日券(310円)も利用でき、こちらでの購入も可能。同じく城下町地区にある木戸孝允旧宅や旧久保田家住宅、旧松本村地区の伊藤博文別邸、堀内地区の旧湯川家屋敷など全9施設で利用できるので、これら3か所以上をまわりたい人は購入するのがおすすめ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

山口のその他のエリア

+ -
back
open

萩・大島エリア