NAVITIME Travel

萩博物館

博物館/科学館

長州藩の城下町として栄え、現在も多くの歴史的建造物が残る山口県萩市の博物館。町全体を大きな博物館とするプロジェクト「萩まちじゅう博物館」の中核施設として建設された。館内には萩に関する歴史資料や美術品など約19万点を収蔵。高杉晋作や吉田松陰など萩市ゆかりの歴史的人物の紹介コーナーのほか、萩の文化・自然に触れられるギャラリーなどがある。年に4回、特別展や企画展を開催。

place

山口県萩市堀内355 (萩・長門エリア)

phone 0838256447

萩博物館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/12/09 武家屋敷のような外観
時間の都合上、入館はしませんでしたが、正門横の館外展示「くらしのやかた長屋門」へ。当時は「親子でふれる昭和のくらし」展で、懐かしい昭和の看板や生活道具がいっぱい展示されていました。

エントランスでは観光パンフレットも揃っていて、入館しないにもかかわらず、スタッフさんがわざわざ外まで出てくれて親切丁寧に城下町の散策ルートを教えて頂き恐縮の極み。

ちなみに、駐車場は310円ですが、その領収書を提示...
投稿日:2019/12/01 萩の歴史が解る
萩の歴史が解る博物館です。博物館には萩市の学芸員も平日は常駐しており、解らないこと有れば教えてくれると思います。
萩城の件で調べに伺いましたが丁寧に応対してもらいました。
投稿日:2019/11/11 萩の歴史情報が充実
萩の町並みを散策するのにここの前の駐車場を利用しました。ついでというわけでもないのですが、博物館にも来ました。建物の外観は和風ですが、新しくきれいな建物でした。さすがに幕末から明治期についての展示が多いのですが、萩出身の著名人物の一覧をみてその多さに圧倒されました。毛利家の家紋が分家によって少しずつ違いことをここの展示で知りました。自然科学系展示もあります。

おすすめ記事

詳細情報

住所
山口県萩市堀内355 [ 地図 ]
エリア
萩・長門エリア
電話番号
0838256447
時間
9:00-17:00(入館終了16:30)
休業日
1月の第4水からその翌々日までの3日間
6月の第2水からその翌々日までの3日間

[令和2年10月以降]水(祝日の場合はその翌平日)、年末年始(12/30-1/1)
※特別展開催期間中を除く
料金
[入館料]520円(レストラン・ミュージアムショップ・天体観望室は無料)
駐車場
有(93台)
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          山口 の主要エリア

          around-area-map

          本州の最西端に位置する山口県。日本海、瀬戸内海、響灘と3つの海に面し、美しい海と砂浜が特徴的です。 県外からのアクセスは山口宇部空港・新山口駅が便利で、羽田空港からは約1時間半、大阪・名古屋からは新幹線で2時間半ほど。 山口県は、下関市のある「西部」、長門市のある「北部」、山口市のある「中部」、岩国市のある「東部」に分かれています。 西部・下関市には、ドラマやCMのロケ地として有名になった「角島大橋」があり、エメラルドグリーンの海と白い橋のコントラストがとてもきれいな人気スポットです。 北部・長門市にある「元乃隅稲成神社」は123基の赤い鳥居が100m以上にわたって並び、赤、青、緑のコントラストが美しい景色は、CNNの「日本の最も美しい場所31選」に選ばれています。 中部・山口市では「龍福寺(大内氏館跡)」や「国宝瑠璃光寺五重塔」が有名です。 東部の鉱山跡を利用したテーマパーク「地底王国美川ムーバレー」では、洞窟探検アトラクションが楽しめます。 グルメは、フグ、クルマエビ、笠戸ひらめ、ケンサキイカなどの海鮮が楽しめます。

          関連する記事

          関連する観光コース

          山口の写真集