最上川舟下り義経ロマン観光

遊覧船/水中観光船

船頭による味わい深い案内と四季折々の最上峡の絶景を楽しむ

「五月雨を あつめて早し 最上川」の句で知られる最上川の魅力を知るアクティビティといえば、この舟下り。季節ごとに変わる最上峡の景色や船頭の名調子には、何度体験しても飽きない魅力がある。

個性的な船頭によるガイドが最上川舟下りの醍醐味。最上峡の雄大な景色を眺めながら、名調子に耳を澄まそう 個性的な船頭によるガイドが最上川舟下りの醍醐味。最上峡の雄大な景色を眺めながら、名調子に耳を澄まそう

最上エリアに来たはずせない「舟下り」

最上地方を訪れたら絶対に体験したいのが最上川の舟下りだ。日本三大急流のひとつに数えられる雄大な最上川を、船頭の名調子を聞きながら航行するのは、ここでしかできない体験。一年を通して運航しているので、春の雪どけや桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪化粧と、四季折々の景色を楽しむことができる。最上川の舟下りでほかにも目玉となるのが、船頭による案内だ。名所の案内にとどまらず、ときには「最上川舟唄」などの歌も披露する軽妙な名調子によって、約1時間の航行はあっという間に過ぎてしまうことだろう。山形の歴史が詰まった最上川は、ぜひとも訪れるべき場所だ。

季節ごとに船内は様変わりするので何度でも楽しめる。夏は川からの風を感じられるように開放され、冬は寒気や雪よけのため窓が閉められこたつが置かれる 季節ごとに船内は様変わりするので何度でも楽しめる。夏は川からの風を感じられるように開放され、冬は寒気や雪よけのため窓が閉められこたつが置かれる

松尾芭蕉と最上川舟運文化

山形の歴史は最上川とともにあるといっても過言ではないほど、最上川の存在は大きい。古くは1187年(文治3)、兄である源頼朝(みなもとのよりとも)に追われ、最上川を遡上して奥州平泉へ向かったという義経(よしつね)伝説がある。その約500年後、松尾芭蕉(まつおばしょう)が義経ゆかりの地を訪れ、「五月雨を あつめて早し 最上川」といった有名な句を遺した。また江戸時代においては、北前船交易で用いる山形の特産品である米や紅花を湊町・酒田まで運ぶため、最上川舟運が発展した。その頃の様子を表しているのが、舟下りでも披露される「最上川舟唄」だ。当時の人々の暮らしを思い起こさせる素朴な歌だが、聞くときにはその歌詞にも注目してほしい。

かつて松尾芭蕉も下ったといわれる最上川。『奥の細道』に思いを馳せてみてはいかが かつて松尾芭蕉も下ったといわれる最上川。『奥の細道』に思いを馳せてみてはいかが

芭蕉ラインで最上川を満喫

年中無休、1日複数便、予約不要で1人から乗船できるのが、最上峡芭蕉ライン観光株式会社の運航する「芭蕉ライン」だ。JR古口駅から徒歩5分の場所にある「戸澤藩船番所(とざわはんふなばんしょ)」が、その出発地となる。航路は12kmで乗船時間は1時間ほど。船頭による案内のほか、予約をすれば船内で地元食材を使った弁当も食べられる。冬はこたつ船になるので、寒い時期も安心。戸沢藩船番所、また到着地の草薙港(くさなぎこう)には土産処や食事処もあるので、舟下りの前後も楽しめる。車で現地に行った場合、舟の到着時刻に合わせて草薙港から戸沢藩船番所に戻るバスが運行されるほか、草薙港への車回送サービスもある。

最上川舟下りの出発地となる戸澤藩船番所。お土産物屋や食事処など、施設が充実している 最上川舟下りの出発地となる戸澤藩船番所。お土産物屋や食事処など、施設が充実している

船番所敷地内にあるそば処「芭蕉庵」。地元戸沢産のそば粉「最上早生」を使った本格二八そばが食べられる 船番所敷地内にあるそば処「芭蕉庵」。地元戸沢産のそば粉「最上早生」を使った本格二八そばが食べられる

舟下りの前後に寄りたい戸沢村の名所

最上川舟下りの前後には、足を延ばして戸沢村の名所をまわりたい。まずは最上川沿いにあり、舟下りでも前を通過する「白糸の滝ドライブイン」。名称・白糸の滝を正面に見ることができるほか、ドライブインならではのファストフードや、驚きのSNS映えメニューを提供する「白糸の滝パーラー」などがある。そのほかにも、戸沢藩船番所から新庄方面に車で5分ほどの距離にある、韓国食材や化粧品が並び、韓国メニューも食べられる、ユニークな「道の駅とざわ/モモカミの里 高麗館(こうらいかん)」、最上川沿いの国道47号から山のなかに入った所にある、神秘的な巨大杉の群生地「幻想の森」などがある。自然あふれる最上川沿いでグルメや散策を楽しもう。

スポット詳細

住所
山形県最上郡戸沢村大字古口字高屋3112-1 JR高屋駅駐車場内
エリア
最上エリア
電話番号
0234572148
時間
10:00-15:00(季節により異なる)
[出航]10:00/11:30/13:00/14:30
休業日
要問合せ(強風、増水など運行安全規定にもとづいて運休する場合もあり)
料金
[乗船料]2,5000円
[仙人堂渡し舟]往復1,000円
[舟下りグルメパック]3,700円(乗船料・十割そば+いも煮サービス付)、山菜付3,700円
[いも煮で「鴨肉・山菜入り」の場合]4,000円(乗船料+十割そばすべて込み)
※人気の船中で食べる舟下りグルメパックは、おひとりの料金
※変更する場合あり
駐車場
あり(100台)
英語メニュー
あり(但し、外国人の場合弊社船頭が英語でガイドをする)
乳幼児の入店
ペットの入店
備考
※コロナ禍のためその都度出航時間変更の時もあるため問い合わせ(11:30と13:00は予定通り、予約なくてもOK)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 車での訪問に便利
    4.0 投稿日:2021.09.10
    発着が同じ場所なので車で訪れるのに便利。ただ事務所が高屋駅にありそこに車を止めるので川まで行くのがちょっと時間がかかり、今は工事をしているのでなおさらです。船は船頭さんの説明を聞きながらぐるっと一周して対岸の神社により戻ってくるのですが特徴は船頭さんの話術と最上川の急流のところを他船は下るのに対し、上ってから下るので川下りを楽しめるところです。
  • 船頭さんありき
    5.0 投稿日:2020.11.22
    ここの船頭さんがとても面白いです。お話も上手で景色を見ながらの川下りは体験して良かったです。いも煮とお蕎麦の食事付プランを選びました。正直期待していませんでしたが、お蕎麦はビックリする程美味しかったです。100%の割合の蕎麦は固くてボソボソしているのしか食べたことが無かったのですが、コシがあり、でもツルツルとして蕎麦の味がしっかりと感じられました。お土産用に同じ物が売られているので迷わず買って来ま...
  • お手軽に最上川を感じる
    4.0 投稿日:2019.10.23
    まだ紅葉には早い感じでした。車で行けて、元の場所に戻ってくるというのがウリみたいです。ただ高屋駅の駐車場から船着き場まで2分とありますが急な坂道を5分はかかりそうです。川下りというか船外機で川のぼりという風情です。船頭さんの楽しいおしゃべり、案内を聞きながらのんびり川面を眺めることができます。急流はないのですが、このご時世、救命胴衣の着用がないのが気になりました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          最上エリアのおすすめスポット

          山形のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました