金沢城公園

公園/緑地

外様随一の大大名・前田家の居城は、城下町金沢のシンボル

外様大名最大の石高を誇った前田家の居城が金沢城である。江戸時代、金沢の人口は約12万人を数え、江戸、大坂、京都に次ぐ大都市だった。巨大な門や櫓(やぐら)の復元が進み、2008年(平成20)、国史跡園に指定された。

2001年(平成13)に復元された、右から菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓の威容 2001年(平成13)に復元された、右から菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓の威容

加賀百万石の国力をしのぶ巨大な石川門

全国に流布する「加賀百万石」の国力を現在のGDP(国内総生産)に直せば約2000億円、これで約2万人の軍勢が整えられた。徳川幕府は常に警戒の目を怠らず、前田家と縁戚(えんせき)関係を結んで平安を保った。そんな歴史を秘める金沢城へは、兼六園に近い石川門口から入るのがおすすめだ。重要文化財に指定される石川門は、高麗(こうらい)門の一の門、櫓門の二の門、続櫓(つづきやぐら)と二層2階建ての石川櫓で構成される桝形(ますがた)門で、藩の威厳と豊かな財力を物語っている。門に通じる石川橋やお堀通りを挟んでシャッターを切る人が引きも切らず、金沢観光の代表的な撮影スポットとなっている。

お堀通りに架かる石川橋からの石川門の眺め。春は一帯が桜に包まれる お堀通りに架かる石川橋からの石川門の眺め。春は一帯が桜に包まれる

圧倒的な存在感を放つ菱櫓と五十間長屋

石川門をくぐると、正面に広大な三の丸広場が広がる。右前方に見える豪壮な門は河北門で、金沢城の実質的な正門の役割を果たした。2010年(平成22)、史実に基づき日本古来の伝統工法で復元された。来園者の視線をひきつけ圧倒的な存在感を放つのが、2001年(平成13)に復元された菱櫓(ひしやぐら)と五十間長屋(ごじっけんながや)、橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)である。明治以降に建てられた木造城郭建造物としては全国的にも大規模で、長さ約100m、最も高い菱櫓は石垣上端から約17mある。華やかな千鳥破風(ちどりはふ)や大きな石落としのある菱櫓の外観は、天守閣を再建しなかった金沢城のシンボル的な建物であり、内部を公開しているのでぜひ立ち寄りたい。

三の丸広場から望む菱櫓(右)、五十間長屋(中央)、橋爪門続櫓(左)。奥にあった二の丸御殿を防御する役割を担った 三の丸広場から望む菱櫓(右)、五十間長屋(中央)、橋爪門続櫓(左)。奥にあった二の丸御殿を防御する役割を担った

橋爪門一の門(右)から90度曲がって二の門(奥)をくぐると城中枢の二の丸へ至る 橋爪門一の門(右)から90度曲がって二の門(奥)をくぐると城中枢の二の丸へ至る

伝統的な工法で復元した建物の特徴などを展示、紹介する五十間長屋などの内部 伝統的な工法で復元した建物の特徴などを展示、紹介する五十間長屋などの内部

石垣の博物館・金沢城の隠れた魅力

金沢城には石川門のほかに、江戸期の建物として三十間長屋(さんじっけんながや)、鶴丸倉庫が現存し、いずれも重要文化財になっている。初期にあった天守は1602年(慶長7)、落雷で消失したのち、再建されず、藩の政務と藩主らの住居である二の丸御殿が中心となった。御殿のあった二の丸広場へは、三の丸広場から城内一の格式を誇った橋爪門をくぐって出る。復元に向けて動き出した二の丸御殿の完成を心待ちにしながら、木々の緑があふれる本丸園地を散策するのもいいだろう。金沢城は「石垣の博物館」と呼ばれるほど、石垣が多彩なことでも知られる。「自然石」「割石」「粗加工石」「切り石」と、築造年代で石の表情と積み方が異なる石垣を巡るのも楽しい。

石川門の石垣。左が割石を用いた「粗加工石積み」、右は切り石による「切石積み」 石川門の石垣。左が割石を用いた「粗加工石積み」、右は切り石による「切石積み」

本丸園地(写真右)と石垣の下に、2010年(平成22)に完成した長さ230mの「いもり堀」が延びる 本丸園地(写真右)と石垣の下に、2010年(平成22)に完成した長さ230mの「いもり堀」が延びる

スポット詳細

住所
石川県金沢市丸の内1-1
電話番号
0762343800
時間
[3/1-10/15]7:00-18:00
[10/16-2月末]8:00-17:00
[ライトアップ]日没-21:00
[菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓・橋爪門・河北門・鼠多門]9:00-16:30(最終16:00)
休業日
年中無休
[五泉庵]年末年始(12/29-1/3)
料金
【入園料】
無料

【菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓・橋爪門】
[大人(18歳以上)]320円
[小人(6-17歳)]100円
駐車場
なし
※周辺有料駐車場を利用
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DinersClub、銀聯)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、PayPay)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 広い芝生
    3.0 投稿日:2020.04.17
    金沢城公園には石川門から入りましたが、門を入ってすぐに芝生の広い広場にでました。こちらが三の丸広場です。三の丸広場の向こうには、石川城公園のメインの建物である、菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓が見えていました。広々とした広場でした。
  • 昔懐かしい三の丸広場
    3.0 投稿日:2020.02.26
    石川門を入ってすぐの広場です、ここは昔子供の頃出た百万石祭りの出発点でしたが現在の百万石祭りここが終了地点です、今は色々なイベントに使われています。
  • 三の丸広場
    4.0 投稿日:2020.02.08
    石川橋を渡り、石川門をくぐり到達する場所が金沢城三の丸広場。三の丸広場には建物自体は全く残っていない点はとても残念なところだ。しかし三の丸広場からは九十間長屋が見渡すことができる場所だ。建物を再建してもらえると一層素晴らしいだろう。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          兼六園周辺エリアのおすすめスポット

          石川のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました