司馬遼太郎記念館

記念館

壁一面の蔵書は圧巻! 司馬氏の精神を感じ、考える記念館

『竜馬がゆく』『坂の上の雲』などの作品で知られる、国民的歴史小説家の司馬遼太郎氏。この記念館は、司馬氏の自宅の隣接地に建てられたもので、設計は世界的建築家の安藤忠雄氏が担当。壁一面に約2万冊の蔵書を展示するなど、従来の記念館のイメージを覆す、独特のコンセプトでも注目を集めている。

「大阪まちなみ賞・大阪府知事賞」「建築業協会賞」の受賞歴もある建物 「大阪まちなみ賞・大阪府知事賞」「建築業協会賞」の受賞歴もある建物

全国の「司馬ファン」が訪れる、聖地的記念館

新しい視点と斬新な描写で、死後なお絶大な影響力を持ち続ける、国民的歴史小説家の司馬遼太郎氏。2001年(平成13)に開館したこちらの記念館は、東大阪市にある司馬氏の自宅の隣接地に建てられたもので、設計を担当したのは、世界的な建築家として知られる安藤忠雄氏。安藤氏の作品の特徴ともいえる、コンクリート打ちっぱなしの建物で、「蔵書で囲われて、闇に包み込まれたような、かすかな光の空間のイメージ」(記念館図録より)をもとに、周辺の環境とも調和するようにデザインされたという。

司馬氏の自宅の門が、記念館の入り口になっている 司馬氏の自宅の門が、記念館の入り口になっている

建物の入り口にあるガラスの回廊。光が差し込む晴れの日はもちろん、雫が滴る雨の日も美しい 建物の入り口にあるガラスの回廊。光が差し込む晴れの日はもちろん、雫が滴る雨の日も美しい

司馬氏の蔵書が約2万冊! 思いも自由に綴ってみよう

司馬遼太郎記念館は「見る」というより、「感じる・考える記念館」という位置づけにあるのだとか。その象徴ともいえるのが、高さ11mにも及ぶという3層吹き抜けの大書架。司馬氏の自宅には約6万冊もの蔵書があり、それをイメージすることができるよう、壁一面に蔵書のうちの約2万冊が展示されている。資料集めのために何千万円もの巨額を投じた司馬氏の姿を想像したり、この3倍もの本をどのようにして自宅に保管していたのかと考えたり……まさに見る人それぞれが、それぞれの思いを募らせることだろう。なお大書架にあるテーブルには、来館者用の「対話ノート」が設置されており、感じたことや考えたことを自由に綴ることもできる。

本は手に取ることはできないが、展示品としてじっくり眺めて楽しみたい。ほかに司馬作品に関連した企画展を展示するコーナーもある 本は手に取ることはできないが、展示品としてじっくり眺めて楽しみたい。ほかに司馬作品に関連した企画展を展示するコーナーもある

記念館の外にも、司馬氏の面影を感じさせるスポットが

記念館の外に広がる庭は、いわゆる手入れされた庭とは少し異なる、うっそうとした雰囲気。実は、司馬氏が好きだったという雑木林をイメージしており、あえて雑草をあまり抜かなかったり、落ち葉もそのままにしたりすることで、ありのままの自然の姿を表現しているのだとか。また庭にある小径を抜けると、司馬氏が生前使用していた書斎を窓越しに見ることも可能。数々の名作が生み出された空間を間近に見ながら、在りし日の司馬氏の姿を思い浮かべてみよう。

自然のたたずまいを好んだという、司馬氏らしさを感じさせる庭 自然のたたずまいを好んだという、司馬氏らしさを感じさせる庭

特別に窓を開けた状態で撮影させてもらった写真。机は、司馬氏が執筆するときの姿勢に合わせた形になっている 特別に窓を開けた状態で撮影させてもらった写真。机は、司馬氏が執筆するときの姿勢に合わせた形になっている

スポット詳細

住所
大阪府東大阪市下小阪3-11-18
電話番号
0667263860
時間
10:00-17:00(入館受付16:30まで)
休業日
月(祝の場合は翌日)、9/1-9/10、12/28-1/4
料金
[入館料]大人500円、中高生300円、小学生200円
※団体20名以上2割引
駐車場
あり(5台)
※大型バス駐車場あり(要予約)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
可(屋外の喫煙所のみ)
平均予算
【昼】1-1,000円
【夜】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 感激だ
    4.0 投稿日:2020.04.10
    大好きな司馬遼太郎の記念館は、彼が住んで書いていた、本物の家に隣接している。亡くなるまで実際に書いていた書斎もそのままだし、恐ろしい数の蔵書が圧巻だ。ファンならば必ず行かなければならない。
  • 感動のひととき
    4.0 投稿日:2019.11.27
    膨大な数の蔵書に初版本、司馬遼太郎さん愛用の品々など、小さいけれど、見応え十分な記念館です。書斎を、庭から見ることができ、ここから、あの数々の名作が、世に送り出されたのかと思うと、やはり、感動をおぼえてしまいます。ただ…、ボランティアの方が多すぎません?一人感動に浸りたいのに、必ず近くに、ボランティアさんがいる…。特に、司馬邸の玄関が、記念館の入り口になっているのですが、「あーこれが、司...
  • ファンは一見の価値ありです
    4.0 投稿日:2019.11.16
    往年の人気作家の住んでたお宅を訪問できます。駅からの道もなんとかわかりました。記念館では先生の直筆の原稿が読めます。色鉛筆で推敲されてたようで、赤・緑といった鮮やかな原稿をみれて良かったです。お土産コーナーでマグカップやオリジナルノートを購入しました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          北河内・東大阪エリアのおすすめスポット

          大阪のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました