NAVITIME Travel

康花美術館

美術館

バス停「安原町」から徒歩で約2分、松本ICから車で約15分。松本城の北にある史跡「高橋家住宅」から徒士町通りを東に少し歩いた場所にある美術館。須藤康花氏は光と闇、生命を題材に30歳で亡くなるまでに約1,000点もの作品を残した画家で、館内には常時50点程を展示。東京国際ミニプリント・トリエンナーレや日本・フランス現代美術世界展などで多数受賞している。企画展を開催していることも。小中学生と県内の高校生は入館無料。

place

長野県松本市北深志2-1-27 (松本・上高地エリア)

phone 0263310320

康花美術館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2018/05/25 静謐な美術館
小さな美術館ですが、様々な歴史や文化に精通した 館長さんの須藤正親さんの建てた、美術館です。
須藤康花さんは館長さんの 娘さんで有名な画家です。宗教画の様な、物凄く静謐な という言葉が似合う...
投稿日:2017/08/10 初めて行きました
松本駅から、旧開智学校から少し歩いた場所にある美術館です。自宅を改装した感じでした。若くして亡くなった女性画家の康花さんの作品を展示しています。
『戦争と平和展』が開催されていました。また、夏休みのためか子供が数名いました〇

おすすめ記事

詳細情報

住所
長野県松本市北深志2-1-27 [ 地図 ]
エリア
松本・上高地エリア
電話番号
0263310320
時間
10:00-17:00(入館16:30まで)
休業日
月、火(1・12月は月-金、2-3月は全日)
※休館日に対応できる日あり(電話で要連絡)
料金
[入館料]一般500円、高校生以下無料
駐車場
有り(2台)
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          長野 の主要エリア

          around-area-map

          中部地方東側の海に面していない内陸の県です。三大都市圏からは車・電車・バスでアクセスが可能で、電車の場合、東京からは「北陸新幹線」、名古屋からは「特急しなの」の利用が便利です。 県内は「アルプス山脈」「八ヶ岳」「三嶽山」など山岳地が多く、壮観な山々とそれに伴う多くの温泉があります。また、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして親しまれており、一年を通して見どころがあります。重要伝統的建造物群保存地区や国宝、国指定の名勝も数多くありますので、ノスタルジックな雰囲気を味わいたい方も楽しめます。自然からアクティビティ、温泉、歴史と幅広い旅の選択ができるのが大きな魅力です。 長野県は内陸県であり、寒冷地でもあるので、小麦やそばが郷土料理として使われています。特に有名なのが、小麦粉やそば粉で作った皮で野菜や豆で作った餡を包むおやきです。長野に行ったら一度は食べたい名物です。

          関連する記事

          関連する観光コース

          長野の写真集