白馬・安曇野

HAKUBA / AZUMINO

壮大な北アルプスの麓に広がる、自然を生かしたエリア

日本の代表的山岳リゾートとなる白馬から、北アルプスの恵みである湧き水が豊富となる安曇野市一帯、そして長野県で2番目に人口の多い松本市までのエリア。白馬村は1998年(平成10)の冬季オリンピック開催地となったことからウインターシーズンのイメージが強いが、最近では春から秋にかけたグリーンシーズンに、アクティビティやカフェを楽しめるスキー場施設が多くなっている。安曇野市周辺には田園風景が広がり、春の田植え前には山々を映す鏡となる。日本一広大なワサビ園「大王わさび農場」は代表的観光地。点在する美術館や博物館を結ぶ「安曇野アートライン」の出発点となる芸術的側面もある。松本市は、上高地や美ケ原高原などの山岳に囲まれる立地でありながら「セイジ・オザワ松本フェスティバル」や「信州・まつもと大歌舞伎」を開催するなど文化芸術を重んじる地域。国宝「松本城」を中心に栄えてきた城下町には、カフェやバーなど魅力的な店舗が多い。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    松本城
    北アルプスを背景に映える国宝の城。天守からの景色も抜群
    長野県松本市の代表的観光地「松本城」。現存する五重六階の天守のなかでは日本最古の城であり、国宝に選ばれている。山々を背景に、黒漆と白漆喰のコントラストが映える姿には、息をのむほどの迫力がある。
    石垣の上にそびえる松本城。お堀には白鳥も棲む
  • spot 02
    上高地
    標高約1500mの大自然の宝庫、山岳リゾート「上高地」
    日本を代表する山岳リゾートの上高地。雄大な穂高連峰を望み、梓川の流れる麗しい景観は「特別名勝」と「特別天然記念物」に指定される。トレッキングや日帰り観光、宿泊などさまざまな楽しみ方をできる場所だ。
    穂高の山々と、梓川に架かる河童橋
  • spot 03
    河童橋
    大自然に調和する上高地のランドマーク
    上高地の風景といわれて誰もが思い浮かべるのが、壮大な山々の前面に架かる「河童橋」。上高地に来訪したからには写真に収めたい象徴的存在であり、穂高連峰や岳沢(だけさわ)、焼岳、清らかな梓川が展望できる絶好のビューポイントだ。現在の吊り橋は、1997年(平成9)に架け替えられた5代目であることはわかっているが、最初の橋が架けられた時期はわかっていない。また、名前の由来も「河童の住んでいそうな深い淵があった」「橋がなかった頃、衣類を頭に乗せて川を渡った人々の姿が河童に似ていた」など諸説あるが、こちらも本当のところはわからない謎の多い橋だ。河童橋は、上高地バスターミナルからは歩いて300mほどにある。付近にはホテルやレストラン、土産物屋が並び、最盛期の河童橋周辺は「上高地銀座」と呼ばれるほど多くの観光客で賑わっている。
    河童橋と穂高連峰
  • spot 04
    大正池
    水鏡に映し出される静寂の世界
    1915年(大正4)に焼岳が大爆発を起こし、流れ出た土石流が梓川をせき止め、一夜にして姿を現したのが大正池。穂高連峰を背景に面前に広がる大正池は、穂高の山々や森を映し出す水鏡だ。早朝や、雨上がりの朝などは、水面に靄(もや)が立ち、白くかすんだ視界のなかで、立ち枯れの木が浮き上がった景色が幻想的。風が止んで波紋が消える、一瞬の静寂を待つのもいいだろう。上高地バスターミナルからは徒歩約75分、大正池バス停からは徒歩1分で到着する。梓川の上流から流れ来る砂礫や、雨が降るたびに焼岳から流れ込む土砂が、毎年大量に堆積しているため、100年以上経った現在では面積も半分以下にまで小さくなり、枯れ木も残りわずかとなっている。
    北東にそびえる穂高岳を写す大正池
  • spot 05
    白骨温泉
    大自然のなか、森林浴をしながら乳白色の湯を楽しむ
    松本市の名湯「白骨温泉」。北アルプスの南端に位置する、乗鞍岳(のりくらだけ)の東側山腹が源泉。やさしい乳白色の彩り、硫黄の香りが人気の湯だ。中部山岳国立公園区域内にあり、国民保養温泉地にも指定されている。
    紅葉に彩られる白骨温泉街
  • spot 06
    国営アルプスあづみの公園「堀金・穂高地区」
    国営の自然豊かな都市公園。一日中遊べる広大なフィールド
    北アルプスのふもとに位置する、広大な公園「国営アルプスあづみの公園 堀金・穂高地区」。自然豊かなフィールドでは、花畑や水遊びのできるエリア、アスレチック、学びたっぷりの施設がそろう。
    北アルプスのふもとの公園。春には花畑が広がる
  • spot 07
    国営アルプスあづみの公園「大町・松川地区」
    「本物の自然」のなかで安全に遊べる北アルプス山麓の国営公園
    北アルプス山麓に広がる「アルプスあづみの公園大町・松川地区」は、多様な自然環境と多くの生き物の保全区域をもつ国営公園で、北アルプスの山々から流れる渓流や、深い森を舞台にさまざまなアクティビティを楽しめる。
    入り口広場とロードトレイン。背後には山々がそびえる
  • spot 08
    安曇野アートライン
    安曇野の美術館や博物館を巡るドライブルート
    「安曇野アートライン」とは、安曇野から白馬村までの50kmほどのエリアに点在する、美術館や記念館、博物館の約20館を結んだルートのこと。北アルプスのふもと、澄んだ空気のなかで、芸術や学問を楽しんでみよう。
    安曇野市穂高にある「碌山(ろくざん)美術館」はレンガ造りの建物も必見
  • spot 09
    安曇野ちひろ美術館
    絵本画家いわさきちひろの世界が広がる、美術館と公園
    安曇野ちひろ美術館では、絵本画家いわさきちひろの代表作や絵本の原画を中心に、子どもの本のイラストレーションを貴重な文化財と位置づけ、世界35の国と地域、211名の画家による作品2万7400点を収蔵している(2021年12月時点)。信州は、ちひろの両親の出身地であり、ちひろにとっては幼い頃から親しんだ心のふるさと。「ちひろ美術館・東京」の開館20周年を記念してこの地に建てられた。館長は、ちひろの絵で親しまれている『窓ぎわのトットちゃん』を著した黒柳徹子さんだ。いわさきちひろの絵は、水彩絵の具に水をたっぷり含ませて、色をにじませたり、ぼかしたりした、やわらかさのある独特の色調。ちひろは生涯、「子ども」をテーマに描き続け、9000点以上の作品を残している。美術館の周囲に広がる5万3500平方メートルの安曇野ちひろ公園内には『窓ぎわのトットちゃん』の世界を楽しめるトットちゃん広場があり、物語に登場する電車の教室の見学や、物語のエピソードにちなんだ広場の散策を自由にできる。
    いわさきちひろ『緑の風のなかの少女』(1972年)
  • spot 10
    大王わさび農場
    北アルプスの湧き水で潤う「わさび」のエンターテインメント空間
    安曇野の地に広大なワサビ畑を有する入場無料の農場。ワサビ畑に癒やされながら周囲を散策、湧き水を使ったドリンクでのどを潤し、レストランでワサビを食すことができる。ワサビ尽くしの、癒やしの時間を過ごそう。
    春の大王わさび農場には梅や桜が咲く。緑とピンクのコントラストが美しい
  • spot 11
    穗髙神社
    山々に守られる、安曇野のパワースポットを参拝
    安曇野市におごそかに構える「穗高神社」。古くより日本アルプスの総鎮守、交通安全、産業安全の守り神として信仰されてきた。927年(延長5)の神社一覧「延喜式神名帳」にもその名がある、長い歴史を誇る社だ。
    20年ごとに本殿一社を建て替える大遷宮と、その間に2度修復を行う7年ごとの小遷宮が行われる
  • spot 12
    高ボッチ高原
    アクセス抜群の大パノラマ。富士山と諏訪湖が織りなす絶景
    塩尻市の東に位置する標高1665mの高原で、車で簡単にアクセスできる。諏訪湖をはじめ、富士山、八ヶ岳、南アルプス、御嶽山、北アルプスまで360度の絶景が壮観。運が良ければ雲海に浮かぶ山々を見られる。
    山頂からの富士山、諏訪湖方面の景色
  • spot 13
    大町温泉郷
    立山黒部アルペンルートやウインタースポーツの拠点
    「立山黒部アルペンルート」の長野県側の玄関口となる「大町温泉郷」。白馬村にも近い立地から、アクティビティを楽しんだり、大町の名所を巡ったりする拠点として通年選ばれる、自然あふれる温泉郷だ。
    温泉郷のすぐ横には一級河川の鹿島川が流れている。すぐ近くにスキー場がたくさんあり、冬も賑やか
  • spot 14
    ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン
    オーガニック化粧品「ラ・カスタ」が導く、癒やしのガーデン
    精油を取り入れたナチュラルヒーリング化粧品「ラ・カスタ」が展開する予約制ガーデン。香り高いハーブや、美しい花々に彩られた癒やしの空間だ。オープンカフェやアロマ体験工房などが併設されている。
    ハーブや花々に囲まれる空間。独特の世界観が作り込まれている
  • spot 15
    鷹狩山
    北アルプスをゆったり眺める。鷹狩山山頂の穴場スポット
    北アルプスの眺望を楽しめる標高1164m、鷹狩山の山頂。南は常念岳から北は白馬岳まで、大町市街地とともに見渡すことができる。信濃大町駅から車で20分とアクセス良好の穴場スポットだ。
    四季によって表情を変える北アルプスと高山植物
  • spot 16
    仁科三湖
    大町市が誇る3つの湖。レジャーを楽しめる水のフィールド
    仁科三湖は、安曇野市と白馬村の間にある、大町市が誇る大きな3つの湖。釣りやカヌー、SUPなどのウォータースポーツや、湖畔キャンプを楽しめる。自然のパワーを感じたいアウトドアにぴったりなエリアだ。
    青木湖からは北アルプスを遠望できる
  • spot 17
    白馬岩岳マウンテンリゾート
    白馬岩岳山頂に広がる、楽しみ満載の絶景マウンテンリゾート
    白馬の岩岳エリアに広がる「白馬岩岳マウンテンリゾート」。冬はウインタースポーツ、春から秋はグリーンシーズンとしてキャンプやマウンテンバイク、トレッキングなどを楽しめる。今回はグリーンシーズンに注目
    白馬三山はもちろん、2019年(令和元)に日本で7番目の氷河に認定された唐松沢雪渓も見ることができる
  • spot 18
    HAKUBA MOUNTAIN HARBOR
    白馬三山のパノラマが広がる展望テラスにカフェを併設
    標高1289mの岩岳山頂に設置された展望テラス。白馬の春・夏・秋のグリーンシーズン、そしてウインターシーズン、どの季節においても魅せる姿を変えていく北アルプスを一望できる、絶景カフェ&テラスだ。
    白馬の山並みを眺めながらいただくブレンドコーヒーと、クロワッサンサンド、スコーン
  • spot 19
    八方尾根
    山上での楽しみ方いろいろ。稜線のマウンテンリゾート
    スキー場として知られる八方尾根は、夏の楽しみも多彩。標高1400mでビーチ気分を味わったり、眺望を満喫しながらハイキングコースを歩いたり。スキー場のゴンドラやリフトを乗り継いで行く遊びのフィールドだ。
    白馬八方尾根うさぎ平のオープンテラス。パラグライダーが飛んでいる
  • spot 20
    白馬八方温泉
    水素含有量が非常に多い、日本で唯一の天然水素温泉
    白馬八方温泉は、pH11を超える高アルカリ性の天然水素温泉。源泉かけ流しで、入浴後にはツルツルとしたお肌を期待できる。八方尾根のふもと、白馬村八方地区に湧く温泉を生かした、日帰り温泉施設4軒と足湯3か所、温泉旅館、土産屋、食事処が点在している。山上のアクティビティやウィンタースポーツで楽しんだあと、疲れた体を癒やすのにもってこいの温泉街だ。名物は、温泉水で練り上げた独特のコシと触感の「温泉うどん」や、8種類の信州産食材を使ったおやき「八方八味(はっぽうやみ)」など。温泉水を染み込ませたウェットティッシュもお土産におすすめ。また八方尾根エリアは、地底深くで形成された蛇紋岩が広範囲に露出している点でも全国的に珍しい。蛇紋岩と熱水が反応してできた温泉には、生命のもととなるメタンなどの炭化水素が含まれており、その環境は生命が誕生した40億年前の状況に近いとされ、世界の科学者の関心を集めているようだ。
    白馬八方温泉のなかで最も大きな日帰り温泉「八方の湯」。八方尾根と白馬駅の中間にある
  • spot 21
    八方池
    白馬の優美な山々を水面に映し出す、標高約2000mの鏡池
    凛とした冷涼な空気のなか、山々を鏡のように映す池。北アルプス唐松岳の中腹にあり、スキー場で知られる八方尾根の上部から約90分のトレッキングで訪れる。ルートは初心者でも歩きやすく、家族連れの姿も多い。
    山を映す八方池。雲が出にくい午前中の滞在がおすすめ
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    長野自動車道(E19)(長野道)を利用する。塩尻市は塩尻ICや塩尻北IC、松本市は松本ICや梓川スマートIC、安曇野市や白馬村周辺は、安曇野ICが最寄りとなる。JRの場合、塩尻駅や松本駅を起点に。東京方面からは「特急あずさ」、名古屋方面からは「特急しなの」を利用する。白馬方面へは、松本駅で大糸線へ乗り換える。

  2. その2

    松本市中心部から白馬村中心部までの距離は60kmほど。白馬・安曇野・松本は、大きなエリアのため、目的地への移動距離や滞在時間などを計算しながら、余裕を持って計画を立てたい。大町地域や松本地域、安曇野地域に宿泊しながら巡るのもいいだろう。駅から遠い観光地も多いため、駅からの移動はレンタカーやレンタル自転車が便利。冬季期間は休業する施設もあるため、事前確認が必要。

  3. その3

    上高地観光の前日は、白骨温泉の宿泊がおすすめ。上高地に早朝に到着できたら、爽やかな空気を、まだ人通りが少ないなかで味わえる。

  4. その4

    白馬岩岳(HAKUBA MOUNTAIN HARBOR)と白馬八方尾根(八方池)は、白馬エリアの近隣施設にはなるが、リフトの営業時間や疲労などを考えると、別日で楽しむのがおすすめ。

  5. その5

    同じ北アルプスといわれる山脈でも、白馬村エリアと、上高地エリアは9kmほど離れている。エリア移動や散策、エリア内移動にかかる時間を考えても、1日で巡ることは難しいだろう。ほかの観光地を訪れながらゆったり巡る場合には、観光目的にもよるが2泊3日以上は滞在したい。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

長野のその他のエリア

+ -
back
open

白馬・安曇野エリア