十輪寺(なりひら寺)

寺院

三通りの見方で楽しめる「なりひら桜」

平安時代を代表する歌人・在原業平が晩年閑居していたため「なりひら寺」の別名でも知られる古刹。平安時代の初期、文徳天皇の后・染殿皇后(藤原明子)が安産祈願にここを訪れたことから子授け・安産のご利益があると言われている。天皇から寄与された枝垂桜、通称「なりひら桜」を立・座・寝の三通りの見方で楽しむのが十輪寺の桜の楽しみ方。桜を囲むようにして建てられた高廊下・業平御殿・茶室から見る「三方普感の庭」は、角度を変えることで様々な想いを感じることができるため「心の庭」とも呼ばれている。

スポット詳細

住所
京都府京都市西京区大原野小塩町481
電話番号
0753310154
時間
9:00-17:00
休業日
法要の行事のある日
料金
[拝観料]400円
駐車場
あり(15台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
英語メニュー
あり

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 通称業平寺
    4.0 投稿日:2021.03.24
    2014年の「そうだ 京都、いこう。」のキャンペーン地となった、在原業平が晩年閑居したと伝えられているお寺です。大原野の地では最も早く満開を迎える桜で、お寺としては業平を目玉にしているので「業平桜」と呼ばれています。3月20日過ぎに訪れた時はまさしく満開でした。京都市内とは違い、大原野はまだ観光客もそんなに多くはなく、静かに桜の鑑賞ができお薦めですよ。
  • 枝垂れ桜が美しい
    5.0 投稿日:2021.03.22
    業平桜といわれる枝垂れ桜がとても美しいです。バス便は少なく(1時間1本程度)てアクセスはちょっと不便ですが、行く価値は充分あります。
  • 山里にある静かな寺
    5.0 投稿日:2020.12.05
    京都市の西、大原野にある寺院で、ちょうど吉峯寺から下ったところに位置しています。JR向日町、阪急東向日から出ている吉峯寺行バスに乗り、小塩バス停で降りれば目の前です。こちらは在原業平ゆかりの寺として名高く、業平が晩年を過ごしたところです。境内には業平ゆかりのものも多く、裏山には供養墓と、業平が塩焼きを楽しんだという塩竈の跡が残り、庭園にはなりひら桜が咲いています。基本的には桜で有名なお寺と思い...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          桂・西山エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました