とちぎ山車会館

資料/郷土/展示/文学館

豪華絢爛・迫力満点の「とちぎ秋まつり」を体感!

金系銀系の刺繍と彫刻が施された山車が繰りだす「とちぎ秋まつり」。2年に1度開催される伝統の祭りをデジタル技術によって再現しており、その興奮と感動をいつでも体感できる。山車に光る江戸・明治の職人技をご堪能あれ。

3台の見事な山車を迫力の映像とともに。写真の山車は左から日本武尊(やまとたけるのみこと)、天照大神(あまてらすおおみかみ)、素盞嗚尊(すさのおのみこと) 3台の見事な山車を迫力の映像とともに。写真の山車は左から日本武尊(やまとたけるのみこと)、天照大神(あまてらすおおみかみ)、素盞嗚尊(すさのおのみこと)

華やかさと豪快さを兼ね備えた祭り

2年に1度開催されるとちぎ秋まつり。市内を巡行する豪華絢爛な山車は1874年(明治7)、当時の県庁構内で催された祭典で、倭町三丁目が東京日本橋から静御前(しずかごぜん)の山車を、泉町が宇都宮から諫鼓鶏(かんこどり)の山車を購入して参加させたことに始まった。これを機に大工や人形師に山車をつくらさせる動きが生まれ、次第に各町が競うように山車をもつようになっていった。

「とちぎ秋まつり」を体感できる仕掛けが随所に

とちぎ山車会館1階では現在館内に保管している6台の山車のうち3台を常設展示し、定期的に入れ替えを行っている。どれも江戸・明治の技の結晶であり、県の有形民俗文化財に指定されている。山車の上部に立つ人形は神武天皇、天照大神、日本武尊や素盞嗚尊といった日本神話などに登場する神々のほか、劉備玄徳(りゅうびげんとく)など三国志に登場する人物も。訪問するたびに異なる山車を見られるのはうれしい。何度も訪れてぜひ「自分推しの山車」を見つけてほしい。
さらに、常設展示している山車の背後では、コンピューターグラフィックによるマルチ映像をジャンボスクリーンに上映しながら、音と光の演出によってとちぎ秋まつりを再現している。祭りの擬似体験でその興奮と感動を味わおう。

人形山車はせり上がり式のエレベーター構造で、昔、江戸城の門をくぐるためつくられ、伸び縮みできる仕掛けになっている 人形山車はせり上がり式のエレベーター構造で、昔、江戸城の門をくぐるためつくられ、伸び縮みできる仕掛けになっている

静御前の山車は、かつて江戸山王祭の山車として引き廻されていたもの 静御前の山車は、かつて江戸山王祭の山車として引き廻されていたもの

祭りの歴史を紹介する資料展示室

館内2階ではとちぎ秋まつりの歴史を写真パネルで紹介している。順路としては1階が先になるが、2階でとちぎ秋まつりや栃木の歴史を先に学んでおけば、また違った趣で映像を鑑賞できるだろう。実際に祭りに用いられる品々も展示されていておもしろい。1階の受付周りでは周辺の観光情報を紹介する手作りのマップや、東武線を走る列車を紹介しているコーナーもある。蔵の街・栃木を巡る旅にぜひ役立てて。

2階資料展示室。全国各地のおもな山車まつりも紹介している 2階資料展示室。全国各地のおもな山車まつりも紹介している

館内スタッフお手製の観光案内コーナー 館内スタッフお手製の観光案内コーナー

スポット詳細

住所
栃木県栃木市万町3-23
電話番号
0282253100
時間
9:00-17:00(入館は16:30まで)
休業日
月(祝の場合は翌日)
※4-6月、9-11月は無休
料金
[入館料]500円
※他館との共通券あり
駐車場
あり
※栃木市倭町駐車場利用(30台、バスPエリア併設)
クレジットカード
不可
英語メニュー
あり
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 迫力ある山車の展示です。
    3.0 投稿日:2020.08.27
    “蔵の街大通り”の通り沿いにある近代的な建物の前にきました。 この建物は“とちぎ山車会館”です。入場料は500円ですが、JAFメンバーですので400円で入れました。メインの展示会場には、高さ10m以上の山車が3台並んでいますね。そういえば、千葉の佐原でもよく似た山車を見た記憶があります。ちなみに山車の天辺には人形がありますが、“天照大神”で、他には静御前、弁慶、桃太郎、劉備玄徳など、多種多彩...
  • 栃木の歴史
    5.0 投稿日:2019.06.26
    栃木市についてよくわかります。江戸時代からの山車が飾られていて、映像が流れ、栃木の秋まつりを体感できます。
  • 山車を1方向からしか鑑賞出来ず、人形と上段幕の上げ・下げに触れることの出来ない展示方法が残念です
    3.0 投稿日:2019.04.23
    全国各地に郷土で開催される祭りの山車を鑑賞出来る展示施設がありますが こちらの展示施設では 1方向からしか鑑賞出来ないのが残念です。 又 栃木の山車の特徴として 上段幕と人形を上げ・下げ 出来ることが特徴のようですが 模型を含め それに触れることが出来ないことも 折角 こちらを訪れても知ることが出来ないことにも残念感が残りました([塚田歴史伝説館]内での展示室5《山車》で 本物の山車ではありません...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          足利・佐野・栃木エリアのおすすめスポット

          栃木のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました