雄川滝

神秘的なエメラルドグリーンの滝壺に心癒やされる

少し前までガイドブックにも紹介されていなかった秘境にある「雄川の滝」。片道約1200mの遊歩道を奥まで歩いていくと、荒々しい岩肌と透明な水に満たされた美しい滝壺が現れる。

特に晴れた日には絶景が広がる。滝の水のほか、岩肌からは伏流水が流れ落ちる 特に晴れた日には絶景が広がる。滝の水のほか、岩肌からは伏流水が流れ落ちる

大河ドラマでも話題になった雄川の滝

雄川の滝は鹿児島県南大隅町にある落差46m、幅60mの滝。柱状節理による幾何学模様の岸壁と、エメラルドグリーンの澄んだ滝壺が特徴だ。この滝は2018年(平成30)NHK大河ドラマ『西郷どん(せごどん)』のオープニング映像にも登場したことで話題になったが、以前は地元の人でさえほとんど訪れない、まさに「秘境」にあった。雄川の滝までは遊歩道が整備されているが、アップダウンも激しいので歩き慣れた靴で向かおう。

雄川の滝の入り口にある案内板で遊歩道の途中にある見どころをチェック 雄川の滝の入り口にある案内板で遊歩道の途中にある見どころをチェック

雄川の滝は駐車場完備

雄川の滝へ向かうには車が必須だ。鹿児島空港から車で約1時間45分程度、鹿児島市内からはルートにもよるが2時間程度かかる。雄川の滝への道のりは、特に県外から来た人にとっては、道が狭く運転しにくく感じるかもしれない。雄川の滝には、比較的広い駐車場があり、時期や時間帯によってはそれほど待たずに駐車できるだろう。車を停めて、軽く身体をほぐしたら、いよいよ雄川の滝へ向かう。

遊歩道の入り口には自由に使える杖が置かれている 遊歩道の入り口には自由に使える杖が置かれている

滝までの距離を示す案内板を参考に、足下に注意しながら進もう 滝までの距離を示す案内板を参考に、足下に注意しながら進もう

自然に触れ、まったく飽きずに散策できる

遊歩道の入り口付近には「aqua base cafe(あくあべーすかふぇ)」がある。帰りに立ち寄り、喉の渇きを潤しても良いだろう。鳥のさえずりや木々のざわめきを楽しみながら、遊歩道をしばらく歩くと、長さ150mのアーチ橋「瀧見大橋」が見えてくる。80mほどの高さに架かる橋をくぐり、さらに奥へと進んでいこう。少し歩くと休憩スポット「清流のほとり」がある。ここまで来れば残りはあと半分だ。清流のほとりで、椅子に腰をおろして休んだり、夏は川に足を入れて冷やしてみたりするのも良いだろう。そして、さらに歩くこと約15分、雄川の滝が目の前に現れる。

瀧見大橋を抜けると、左手にエメラルドグリーンの清流が現れる 瀧見大橋を抜けると、左手にエメラルドグリーンの清流が現れる

「清流のほとり」でせせらぎを聞きながらひと休みしよう 「清流のほとり」でせせらぎを聞きながらひと休みしよう

雄川の滝を一望できる展望デッキ

遊歩道のいちばん奥には、滝を一望できる「雄川の滝展望デッキ」がある。落差46m、幅60mの滝、幾何学的な模様の岩肌、そしてエメラルドグリーンの神秘的な滝壺が視界いっぱいに広がる。しばし、時間を忘れて滝に見入ることだろう。特に数日間晴れの日が続いたあとは、水が澄み、滝壺の色がきれいに映えるので狙い目だ。ただし、天候によっては水が濁る恐れがある。その場合は思い切って予定変更を検討しよう。鹿児島市内からも車で片道2時間程度と、決してアクセス的に恵まれているとはいえない。ただ、その労力が軽く吹き飛ぶ景色がここにはある。

展望デッキには椅子があるので、滝を眺めながらゆっくり過ごせる 展望デッキには椅子があるので、滝を眺めながらゆっくり過ごせる

スポット詳細

住所
鹿児島県肝属郡南大隅町
エリア
大隈エリア
電話番号
0994243115
時間
夜間立ち入り不可
休業日
不定休(悪天候時等)
料金
無料
駐車場
あり
備考
悪天候時や上流での雨量が多くなった際は、冠水の恐れがあるため立ち入り禁止となります。

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          行程表クラウド ティザー

          大隈エリアのおすすめスポット

          鹿児島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました