湯島聖堂

歴史的建造物

昌平坂学問所が置かれた近代の学校教育発祥の地

儒教の振興を図るため、江戸幕府5代将軍・徳川綱吉によって創建された孔子廟(こうしびょう)。のちに幕府直轄の「昌平坂学問所」となり、多くの人材を輩出した。学問の神様として知られる「湯島天満宮」とともに合格祈願で有名なスポットだ。

多くの教育機関がここで誕生し、近代の学校教育の礎を築いた 多くの教育機関がここで誕生し、近代の学校教育の礎を築いた

徳川家康に認められた儒教学者、林羅山の私塾が前身

都心にありながら豊かな緑に囲まれた「湯島聖堂」があるのは、JR中央線・御茶ノ水駅から徒歩2-3分の場所。ここは中国の思想家で儒教の創始者・孔子を祀る霊廟。1690年(元禄3)、徳川綱吉が湯島の地に聖堂を創建し、上野忍岡(しのぶのおか、現在の上野公園一帯)にあった林羅山私邸内の霊廟と私塾を移したことに始まる。およそ100年後の1797年(寛政9)、幕府直轄学校として「昌平坂学問所」を開設した。明治維新を迎えると、大学校・大学と名前を変えて存続したが、1871年(明治4)に文部省が置かれるとともに廃止され歴史を閉じたが、聖堂は残された。その後は、日本で最初の博物館(現在の東京国立博物館)が置かれ、東京師範学校、日本で最初の図書館「書籍館」、東京女子師範学校が設置された。2つの師範学校はそれぞれ、筑波大学、お茶の水女子大学へと発展し、教育機関としての歴史を引き継いでいる。それぞれの時代で近代教育発祥の地としての役割を担ってきた存在なのだ。

合格祈願の受験生が奉納した絵馬が壁面に並ぶ 合格祈願の受験生が奉納した絵馬が壁面に並ぶ

世界最大の大きさの孔子像に圧倒される

1922年(大正11)、国の史跡に指定されたものの、翌年の関東大震災により入徳門と水屋を残しすべてを焼失。現在の建物は1935年(昭和10)、再建されたもの。見学の際の入り口になるのが、外堀通りに面した「仰高門(ぎょうこうもん)」だ。鉄筋コンクリートの切り妻造りで、「仰高」とは論語の一節より引用された言葉だという。うっそうと茂る木々の間に敷かれた石畳を歩くと、目の前に現れるのが高さ4.57mの孔子像。1975年(昭和50)、中華民国台北市のライオンズクラブから寄贈されたもので、孔子の銅像としては世界最大の大きさだという。下から見上げると、思わず身が引き締まるのを感じるに違いない。関東大震災で焼失したのち、耐震耐火の鉄筋コンクリートに建て替えられた湯島聖堂内で、唯一残る木造建造物が「入徳門」。昌平坂学問所時代の1704年(宝永元)の建造で、貴重な江戸時代の遺構となっている。

世界最大の孔子の銅像の重さは1.5tもある 世界最大の孔子の銅像の重さは1.5tもある

入徳門は聖堂内で唯一の木造建造物 入徳門は聖堂内で唯一の木造建造物

孔子とともに四賢人を祀った「大成殿」で学業成就の祈願を

湯島聖堂の正殿が、「大成殿」。間口20mの殿内には中央に孔子像が、左右には孟子・顔子・曽子・子思の四賢人が祀られており、土・日曜、祝日のみ内部が公開される。日本の近代教育発祥の地である湯島聖堂は、菅原道真公を祀った「湯島天満宮」とともに、学業成就、合格祈願に多くの受験生が訪れる場所。資格試験合格を願う社会人の参拝者もあとを絶たない。

長い回廊に囲まれた大成殿周辺にはおごそかな雰囲気が漂う 長い回廊に囲まれた大成殿周辺にはおごそかな雰囲気が漂う

お守りや絵馬は、仰高門の脇に建つ「斯文(しぶん)会館」内に授与所がある。都心にあるとは思えないほど豊かな緑に囲まれ、静かな環境は都会のオアシスのような存在。ちなみに、JR御茶ノ水駅からアクセスするときに渡る「聖橋」は、湯島聖堂と神田川の対岸にある「東京復活大聖堂(ニコライ堂)」の2つの聖堂を結ぶことから、名づけられたのだとか。そんなエピソードを知れば、周辺散策をもっと楽しめるに違いない。また、論語や中国古典文学を学ぶ生涯学習講座も開講しているので、興味があるなら訪れてみてはどうだろう。

お守り(大800円、小600円)、「学問成就鉛筆」(2本入り110円) お守り(大800円、小600円)、「学問成就鉛筆」(2本入り110円)

「楷書」の語源になったといわれる「楷樹(かいじゅ)」の緑に癒やされる 「楷書」の語源になったといわれる「楷樹(かいじゅ)」の緑に癒やされる

スポット詳細

住所
東京都文京区湯島1-4-25
電話番号
0332514606
時間
[夏期(4月-9月)]9:30-17:00
[冬期(10月-3月)]9:30-16:00
休業日
夏期(8/13-8/17)、年末(12/29-12/31)
料金
[大成殿内入場料]200円
※構内は無料
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり(簡易チラシ)
滞在目安時間
30-60分
ペットの入店

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 史跡・湯島聖堂 昌平坂学問所
    4.0 投稿日:2021.04.07
    1690年に江戸幕府5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟で、100年後に、昌平坂学問所となり、1922年国の史跡に指定されました。 御茶ノ水駅から徒歩2分程度の場所にあり、門を潜ると静寂な世界。孔子銅像が聳え、なんとも不思議な気持ちになります。ニコライ堂、神田明神などと合わせて散歩するといいかも。
  • 昌平坂学問所の跡地
    4.0 投稿日:2021.03.15
    お茶の水駅から徒歩2分くらいの場所にあります。昌平坂学問所の跡地に建っています。中国風の建造物で建築物としても相当重要度が高そうです。静かで荘厳な場所です。
  • 《大成殿》屋根にある2種類の聖獣・装飾物とは異なる3種類の聖獣・装飾物が《斯文会館》屋根にあります
    4.0 投稿日:2021.02.24
    [湯島聖堂]には建築物として《大成殿》と《斯文会館》があり、《大成殿》の屋根を眺めると 聖獣[鬼龍子][鬼犹頭]が 装飾物としてあること有名ですが 《斯文会館》の屋根にも 《大成殿》とは異なる3種類の聖獣(添付 写真参照)があること ご存知でしょか(名称 不明)。東京都内にある 伊東忠太;設計の[築地本願寺][東京都慰霊堂][東京都復興記念館]等を訪問し 聖獣の装飾に関心を持っている方は 《大成殿...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          秋葉原・神田・御茶ノ水・水道橋・飯田橋エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました