関連する記事

関連する観光コース

- 東京 PHOTO ALBUM -

banner_photo

国立映画アーカイブ

東京メトロ銀座線「京橋駅」出口1、都営地下鉄浅草線「宝町駅」出口A4から徒歩1分。日本で唯一の国立映画専門機関として、映画の保存・研究・公開を通して映画文化の振興をはかる拠点。国内最大のフィルムアーカイブで、所蔵フィルムは約8万本。館内にある2つの上映ホールでは、日本映画だけでなく貴重な海外の名作の上映なども行っている。映画専門の図書室もあり、和書を中心とする映画文献を公開している。

place

東京都中央区京橋3-7-6 (東京・銀座・日本橋エリア)

phone 05055418600

国立映画アーカイブの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/02/18 気の滅入る ドキュメンタリー映画
ドキュメンタリー映画二作の放映日、土曜日の昼間 およそ地味な出し物なのに館内は3分の2位の大入りで驚く-どうやら組織やグループ等で鑑賞に来ているという方々が多かった模様。
一作目は楽しく見られたが、二作目は余りに重苦しく途中退場。
ま、ドキュメンタリー映画とは元来そういうものですしね 仕方ない。
が、新しい建物の筈なのにホールの椅子の座り心地の悪さには大閉口。
同時にポーランド映画のポスター展もあ...
投稿日:2020/02/15 フリーwifiです
仕事関連で映画の上映を鑑賞してきました。
地下の小ホールは携帯は通じませんが、wifiが無料で、1階のロビーも含めて使えます。
投稿日:2019/05/14 ゴールデンウィークにて
東京駅から少し歩いた場所にあります。昔の映画会社の年表や、日本の映画歴史などが学べます。『映画イラストレーター 宮崎祐治の仕事』という企画展が開催されてました。

おすすめ記事

詳細情報

住所
東京都中央区京橋3-7-6 [地図]
エリア
東京・銀座・日本橋エリア
電話番号
05055418600
時間
[展示室]11:00-18:30(最終入室18:00)
※毎月末金のみ11:00-20:00(最終入室19:30)

[上映]企画により異なる
※詳細はホームページ(https://www.nfaj.go.jp/)参照

[図書室]12:30-18:30(最終入室18:00)
休業日
[展示室・上映]月、年末年始、上映準備・展示替期間
[図書室]月、日祝、年末年始、図書整備期間
料金
【展示室】
[一般]250円
[大学生]130円
[シニア・高校生以下(18歳未満)・障害者(付添者は原則1名まで)]無料
※国立映画アーカイブ及び東京国立近代美術館のキャンパスメンバーズ、有効なMOMATパスポートをお持ちの方も無料となります。

[上映]企画により異なる
※詳細はホームページ(https://www.nfaj.go.jp/)参照
駐車場
なし(公共交通機関をご利用ください)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO)
※展示室のみ
Wi-Fi
あり
コンセント口
あり(図書室閲覧席)
喫煙
その他(喫煙室内のみ可)
車椅子での入店
乳幼児の入店
備考
※電話番号はハローダイヤルに繋がります。

※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、展示室毎月末金曜日の夜間開館を休止、図書館を土曜日も休室に変更中。
また、ご来館の前には必ずホームページ(https://www.nfaj.go.jp/)をご確認ください。

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          東京 の主要エリア

          around-area-map

          観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。