Kojima Jeans Street(コジマ ジーンズ ストリート)

通り

国内外のファンが熱い視線を送る「ジーンズの聖地」

ジーンズの縫製や洗いなどの関連業者が集積する倉敷市児島は「国産ジーンズ発祥の地」として知られる。販売店約40店が軒を連ねる味野商店街の「児島ジーンズストリート」には国内外からファンが訪れる。

個性的な店が並ぶストリート 個性的な店が並ぶストリート

足袋や学生服製造のノウハウから生まれた国産ジーンズ

綿花の栽培が盛んだった児島は、江戸から明治期に綿を使った真田紐(さなだひも)や足袋の生産で知られた。大正期には学生服製造に取り組み、「学生服のまち」として知られるように。そのノウハウをもとにして1965年(昭和40)、児島の業者による初の国産ジーンズが発売されたのを機に主流はジーンズへと移行した。「児島ブランド」は国内のみならず海外にも販路を拡げている。ジーンズなどの繊維製品は日本遺産「一輪の綿花から始まる倉敷物語-和と洋が織りなす繊維のまち-」の構成文化財になっている。

入り口の巨大なジーンズの看板(縦4.2m、横4m)が強烈なインパクト 入り口の巨大なジーンズの看板(縦4.2m、横4m)が強烈なインパクト

通りにはいろいろなジーンズの展示があり、歩くだけでもワクワクする 通りにはいろいろなジーンズの展示があり、歩くだけでもワクワクする

どこを向いてもジーンズ尽くし!

JR児島駅から徒歩約15分、車では瀬戸中央自動車道児島ICから約10分の場所にある「児島ジーンズストリート」は、2009年(平成21)、空き店舗が目立っていた味野商店街に誕生した。現在、「旧野崎家住宅」から南へ「味野第二公園」までの約400mに、約40店が軒を連ねる。入り口では、躍動的な動きを表現したジーンズをかたどった看板が迎えてくれる。通りにはジーンズを吊り下げており、撮影場所としても人気のスポットになっている。販売だけではなく、ジーンズ作り体験のできる特色ある店舗もある。

見ても買っても食べても楽しい「ジーンズ一色のストリート」

ジーンズストリートの真ん中辺りにあるのが、「RIVETS(リベッツ)」。ジーンズのポケットの端などを強くつなぎ留めるのに使う「リベット(鋲)」にちなみ、「人と人とをつなぐ」意味を込めている。カフェも備え、ブルージーンズをイメージした青い色のソフトクリームなどを提供。また、ジーンズストリート沿いの広場には、ブロック風の壁に蹴り抜かれたようなトリックアート仕立ての図柄が目を奪うトイレもある。「ジーンズ一色」のストリートは散策するだけでも楽しい。

トイレのトリックアートにびっくり トイレのトリックアートにびっくり

街角の灰皿までもジーンズ柄 街角の灰皿までもジーンズ柄

スポット詳細

住所
岡山県倉敷市児島味野
時間
店舗により異なる
休業日
店舗により異なる
駐車場
あり(専用駐車場No.1-No.10の10台)
※無料
クレジットカード
可(店舗により異なる)
電子マネー/スマートフォン決済
可(店舗により異なる)
備考
※ホームページ内のお問い合わせにてご連絡ください。

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          鷲羽山児島周辺エリアのおすすめスポット

          岡山のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました