父母ヶ浜

海岸/浜

狙いは風のない日の干潮時。「天空の鏡」の絶景を写真に

約1㎞続く穏やかな遠浅の海水浴場。風のない干潮時には水面に空や人物など周辺の景色が映り込み、南米のウユニ塩湖のような写真を撮れるとSNSで話題に。今や香川県でも有数の人気観光スポットとなっている。

多少風のある日でも、晴れていれば水面に空の色が映って雰囲気のいい写真に 多少風のある日でも、晴れていれば水面に空の色が映って雰囲気のいい写真に

「東洋のウユニ塩湖」として注目を集める

父母ヶ浜が全国的に認知され始めたのは2017年(平成29)頃。もともと「日本の夕陽百選」に選ばれたこともある夕陽の名所で、穏やかな海に夕陽が沈んでいく様子はとてもロマンチックだ。そんな遠浅の砂浜には、潮が引いたあとに「潮だまり」という水たまりのような場所ができ、風のない日にはその潮だまりに周囲の景色が映りこんで、まるで「天空の鏡」のようだと話題に。SNSをきっかけに人気に火がつき、全国から観光客が訪れるようになった。今では周辺に飲食店などもオープンし、三豊市を代表する一大観光スポットになっている。

海岸沿いには飲食店や雑貨店が並び、海を見ながらゆっくりと過ごせる 海岸沿いには飲食店や雑貨店が並び、海を見ながらゆっくりと過ごせる

干潮時はシャッターチャンスを狙って多くの人が訪れる 干潮時はシャッターチャンスを狙って多くの人が訪れる

事前に干潮の時間を調べて訪れよう

「天空の鏡」の写真を撮るには、いくつかの条件がある。まず、潮が引いていること。被写体となる人物と撮影者が、干潮時にできる潮だまりを挟むように立つことで、水面に鏡のように映る姿を撮ることができる。そして次に、風がないこと。風があると水面が波立ってうまく反射せず「天空の鏡」にはならない。完全に無風の日、晴れていれば、昼間なら真っ青な空、夕暮れならオレンジ色に染まる空が水面に映されて「天空の鏡」が現れることだろう。

干潮時の夕暮れ。刻一刻と空の色が変わっていく 干潮時の夕暮れ。刻一刻と空の色が変わっていく

写真を撮らずとも楽しめるビーチの絶景

多くの観光客が「天空の鏡」の写真を撮るために訪れるが、先にも述べたようにいくつかの条件がぴったり重ならないと理想の写真を撮ることは難しい。だが、いい写真が撮れそうにないからといって旅程を変更するのはもったいない。燧灘(ひうちなだ)を望む約1㎞のロングビーチは、それだけでも一見の価値がある絶景だ。少し離れた高台からは砂浜全体を見渡すことができ、遠浅の浜独特の景観を楽しむこともできる。地元の人たちにとっては、子どもの頃から慣れ親しんだ海水浴場。今も地域に愛され続ける海の風景は、昼間でも、潮が満ちていても、その美しさは変わらない。

高台から見た干潮時の父母ヶ浜 高台から見た干潮時の父母ヶ浜

夕陽が海に反射して、このうえない絶景を作り出す 夕陽が海に反射して、このうえない絶景を作り出す

周辺スポットへはバスまたは車で移動

天気が良く風がなければ、ぜひ「天空の鏡」になる時間を狙って訪れてほしい。その時間は三豊市観光交流局のウェブサイトに載っているので、事前にチェックしておこう。近くに無料駐車場も整備されているほか、三豊市のコミュニティバスのバス停もすぐ目の前にある。また、地元バス会社が運行する「ハーツシャトルバス」も観光客に好評。父母ヶ浜と、観音寺市の琴弾公園、そして「天空の鳥居」が話題になった高屋神社の下宮を結んでいるので、香川県西部エリアの観光地をまとめて巡りたいときにおすすめだ。

スポット詳細

住所
香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3
電話番号
0875565880
駐車場
あり
クレジットカード
不可
Wi-Fi
あり(Free Wi-Fi)
備考
※問合せ先電話番号:三豊市観光交流局

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 素敵な写真撮れます
    5.0 投稿日:2020.12.02
    ウユニ風の写真が撮れなくても美しい夕日の写真がとれます。特に、日没と干潮がかさなる素敵な写真を撮ることができるベストな日時は三豊市のサイトに1年分紹介があります。また、父母が浜の端に「讃岐緑想」という3LDKの大きな一軒家の宿泊可能なモデルハウスがあり、家族やグループで利用すると素敵です。海水浴場にもなるようなので、素敵な写真が目的ならば、夏の時期を避けたほうがいいと思います。
  • 早朝の浜辺
    5.0 投稿日:2020.07.28
    早朝は誰もいなくて気持ちいい(朝5時で0名でした)。この閉塞感ある時期に、マスクをしないで良い環境があることだけで素晴らしい。
  • 祈りたくなる夕日
    5.0 投稿日:2020.03.05
    四国に住む友人から誘われて夕日を観に行きました。日本のウニ塩湖と言われ、素敵な写真が撮れるかもという事で、4時頃に到着。日没は6時頃。雲が多い日だったので、雲の間から日が差し込み幻想的な写真が撮れました。日が沈むところには雲が無く美しい写真が沢山撮れて心が洗われました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          琴平・観音寺エリアのおすすめスポット

          香川のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました