「博多町家」ふるさと館

博物館/科学館

古き良き博多の暮らしを今に伝える

なつかしい時代の博多の暮らしや文化を紹介する施設。工芸士による博多織などの製作実演も行われ、体験もできる。博多祇園山笠が奉納されることで有名な櫛田神社鳥居の正面にあり、歴史や伝統にあふれるスポットだ。

博多織をはじめとする伝統工芸品の展示・体験も 博多織をはじめとする伝統工芸品の展示・体験も

指定文化財の町家棟で博多織の実演や体験を

「博多町家」ふるさと館は町家棟、展示棟、「みやげ処」の3つの棟で構成されている。なかでも町家棟は明治中期に博多織織元の住居兼工房として使われていた施設を移築し、復元したもの。福岡市指定文化財に登録されており、当時の空気を今に残している。実はこの住宅は、館長であり福岡を代表する漫画家でもある長谷川法世氏の同級生の実家でもあるという。間口が狭く、奥行きの深い博多町家ならではの造りをじっくりと鑑賞することができる。また、博多織の展示や実演も行われており、職人によるリズミカルで正確な機織りに目を奪われる。指導を受けながら、手織りの体験も可能(無料)。鎌倉時代から続き、江戸幕府にも献上された博多織の魅力に直接触れてみるのもおすすめだ。

博多織は日本三大織物のひとつ 博多織は日本三大織物のひとつ

趣向を凝らした展示で博多の歴史や文化に触れる

冷泉小路と呼ばれる小道を挟み、町家棟の隣にあるのが展示棟。1階では博多の歴史や文化にまつわるさまざまな展示が行われている。博多は我が国の西の玄関口として、古くから大陸との交流があった地。壁一面に大きく掲げられた年表を通して、歴史を古代からひもとき、その変遷をたどることができる。ほかにも博多を語るうえで欠かせない、祭りにまつわる展示では博多祇園山笠の映像シアターもある。迫力ある実際の祭りの様子を見ることができる。博多っ子ならずとも、その勇壮さに魅了されるはずだ。さらに博多弁講座といったユニークな展示も。設置されている電話機に耳を当てると人情味あふれる博多弁が流れるという仕組みで、初級編、対談編、博多にわか編の3タイプの博多弁を聞くことができる。聞き取りにチャレンジしてみるのも楽しい。

博多の祭りの模型 博多の祭りの模型

博多祇園山笠の映像シアターでは祭りに関する展示も行われている 博多祇園山笠の映像シアターでは祭りに関する展示も行われている

博多人形や博多張子などの絵付け体験も

展示棟2階には伝統工芸の世界がさらに広がる。明治時代の博多の街並みを博多人形で再現した「明治博多往来図会人形」や、ユーモアあふれる「博多仁和加」など。伝承工房では博多工芸の職人たちが新しい感覚を取り入れながらも、その伝統を今に伝えている。曜日ごとに博多人形や博多張子、博多独楽、博多曲物の実演が行われ、それらの絵付け体験もできる(有料)。スケジュールが決められているので、体験したい方はあらかじめ問い合わせておこう。また、博多町家ライブラリーには地元の郷土史家を中心に約200冊の本が並び、季節や歳時によって異なる企画展も行われている。

博多人形の絵付けの様子 博多人形の絵付けの様子

伝承工房では職人の技を近くで見ることができる 伝承工房では職人の技を近くで見ることができる

博多ならではの土産がそろう

博多の歴史や文化、伝統に触れたら、土産も買って帰ろう。町家棟のすぐ横にある「みやげ処」では博多織グッズをはじめ、博多の伝統工芸品の販売も行っている。手に取りやすく、ふだん使いしやすい小物類も多い。伝統銘菓も取りそろえられており、ここだけで博多土産がそろう。館長である長谷川法世の本『博多っ子純情』や、前館長でグラフィックデザイナーの故西島伊三雄のイラストによる扇子や便箋なども並ぶ。ちょっと変わった博多のお土産をお探しの方におすすめだ。これらはFAXやメールでの注文も可能で、なかなか訪れる機会が持てない方は利用してみても良いだろう。また、向かいにある櫛田神社にも足を運ぶと、博多の歴史や文化により深く触れることができる。ぜひ合わせて訪れたい。

通りは博多の祭りなどで賑わい、多くの観光客が集まる 通りは博多の祭りなどで賑わい、多くの観光客が集まる

スポット詳細

住所
福岡県福岡市博多区冷泉町6-10
電話番号
0922817761
時間
10:00-18:00(展示棟最終入館17:30)
[7・8月]9:00-18:00
休業日
第4月(祝の場合は翌平日) ※みやげ処は営業
12/29-12/31
料金
【展示棟入館料】
[一般]200円
[団体(20名以上)]150円
[中学生以下]無料
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、au WALLET、PayPay、楽天ペイ、LINE Pay、メルPAY、d払い、auPAY、ALIPAY、交通系IC、Wechatpay)
Wi-Fi
あり(Free Wi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり(展示棟の展示に一部あり、英語パンフレットあり)
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

チケット情報

更新日:2022.10.04

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 博多の暮らしを紹介
    4.0 投稿日:2022.02.18
    明治時代や大正時代を中心にした博多の暮らしや文化を紹介する場所で、櫛田神社のすぐ近くにあります。明治中期の博多織の織元の町家を移築復元した町家棟が一番見どころになると思います。入場料もお手頃ですので、気軽に見学できます。
  • 町家とお土産もの屋
    3.0 投稿日:2020.04.25
    櫛田神社からすぐそばにある明治時代に建てられた町家をそのまま展示したり、土産物店として活用したりされています。
  • 風情あり
    3.0 投稿日:2020.03.01
    ホテルの近くにありました。朝の散歩中見つけた風情のある町家でした。朝早かったので、中には入れませんでしたが、お土産などもあるようです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          博多中心部エリアのおすすめスポット

          福岡のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました