国立民族学博物館

博物館/科学館

世界最大級の民族学博物館で暮らしの歴史をたどる旅へ

1974年(昭和49)、大阪万博の跡地に創設された「国立民族学博物館」。館内コレクションの数は34万5千点以上! 研究者のフィールドワークにより今なおその数は増え続け、世界最大級の民族学博物館として確固たる地位を築いている。

建築界の巨匠、黒川紀章氏が設計を担当 建築界の巨匠、黒川紀章氏が設計を担当

時空を超えた文化と暮らしのミュージアム

世界各地域における民族文化や歴史をたどれる「国立民族学博物館」。おもに衣・食・住といった暮らしをテーマに、各地域の特徴的なファッションや生活用品などを展示している。モノに限らず、宗教・信仰や社会問題を含めた多彩なコンテンツも。1万点以上のアイテムが壮大なスケールで展示される様子は圧巻のひと言。ぶらり歩けば、誰もがこれまでの人生で培ってきた趣味・嗜好との共通点を見つけられるので、予備知識なしでも満喫できること間違いなし。また、建築界の巨匠のひとり、黒川紀章氏が設計した建築の意匠にも注目を。広々とした空間に自然光をたっぷり取り入れた空間が心地良く、あっという間に1日が過ぎていく。

中庭にある巨大な石積みが目をひく 中庭にある巨大な石積みが目をひく

コーヒー、食器、パンなど身近なテーマも!

本館展示は大きく「地域展示」と「通文化展示」の2つに分かれている。「地域展示」では、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、それに日本を含むアジア各地域、合計9エリアの暮らしを中心に世界の文化が一挙大集合! 広大なワンフロアは、オセアニアを出発して東回りに世界一周してから、最後に日本へたどり着くように構成。世界各地と比べながら、日本の文化をより理解できる点も趣深い。展示テーマには、アメリカの民族衣装や宗教、ヨーロッパの食器、西アジアのコーヒー文化、日本の住宅模型などをラインナップ。さらに見るだけではなく、映像展示で音を聞いたり、実物に使用された木材の香りが漂ってきたり、五感をフル活用して感覚的に文化を体感できるのもおもしろい。一方で「通文化展示」は、暮らしに欠かせない「言語」と「音楽」といった特定のジャンルについて、世界の民族文化をひととおり学べる内容だ。

パンからヨーロッパの多様性を紐解ける!? パンからヨーロッパの多様性を紐解ける!?

ねぷた祭りをはじめ日本文化を再発見 ねぷた祭りをはじめ日本文化を再発見

巨大なトーテムポールが並ぶアメリカ展示 巨大なトーテムポールが並ぶアメリカ展示

今の暮らしの豊かさを再認識できる場所

「もっと世界の文化について知りたい!」という方には、「探究ひろば」がおすすめ。膨大な量の書籍に目を通して、気になる文化についてより深く知ることができる。また、館内にはレストラン「森の洋食 グリルみんぱく」もあるので、カフェやランチのシーンで利用してみて。ひととおり楽しんだあとは「ミュージアム・ショップ」に立ち寄るのもお忘れなく。展示物をモチーフにしたオリジナルグッズや実際の民芸品など、ここだけのアイテムが盛りだくさん! 時と場所を超えて、世界の文化を体感できる国立民族学博物館。人類が生み出してきた叡智に触れる体験が、改めて現在の暮らしの豊かさに気づかせてくれる。

世界各地の文化を知ることができる「探究ひろば」 世界各地の文化を知ることができる「探究ひろば」

「ミュージアム・ショップ」でお宝発掘 「ミュージアム・ショップ」でお宝発掘

スポット詳細

住所
大阪府吹田市千里万博公園10-1
エリア
北摂エリア
電話番号
0668762151
時間
10:00-17:00(入館は16:30まで)
休業日
水(祝の場合は翌日)、年末年始(12/28-1/4)
料金
[観覧料]一般580円、大学生250円、高校生以下無料
※特別展の観覧料金は、その都度、別に定めます。
駐車場
なし
※万博記念公園「日本庭園前駐車場」利用(有料)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、Apple Pay、PayPay、LINE Pay、d払い、auPAY、ALIPAY)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
不可
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 万博記念公園内にある博物館
    4.0 投稿日:2020.03.23
    1977年に完成した博物館です。万博のテーマ館に出展するために蒐集されていた資料を中心に多くの資料が展示されています。地域展示は各地域の文化・文明が良く理解できるようになっており、世界一周ができます。特にアジア地域に展示資料が多く、見応えがあります。早足で見ても少なくても2時間以上はかかりますので余裕を持って入館しましょう。
  • 一日ゆっくり過ごす事ができる
    5.0 投稿日:2020.02.21
    1970年の日本万国博覧会の後に、万博記念公園の中に建てられた博物館。常設展はオセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、日本を含むアジア各地域や音楽、言語、というテーマに分けられ展示されています。展示を一回りするだけで、2キロは歩くでしょう。ちょっとした世界一周の気分が楽しめます。
  • 学生が多い
    4.0 投稿日:2020.01.30
    貴重な民族の展示品を見ることができる。特に小学生や中学生の校外学習先になっており、子供たちで賑わうことが多い。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          北摂エリアのおすすめスポット

          大阪のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました