海遊館

水族館

世界最大級の水族館! 海中散歩気分で巡る太平洋ツアー

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に並ぶ大阪ベイエリアの2大スポットのひとつ「海遊館」。太平洋を中心に世界各地の600種以上の海の生き物を観賞できる。巨大なジンベエザメに加え、漆黒の空間に浮かぶクラゲの展示や話題のワモンアザラシなど新しい出会いも!

印象的なデザインが目をひく海遊館 印象的なデザインが目をひく海遊館

「太平洋をめぐる旅」へ出かけよう

Osaka Metro大阪港駅から海風を感じながら5分ほど歩くと、天保山ハーバービレッジの西側に青と赤の建物が見えてくる。1990年(平成2)の開業から30年以上も愛され続ける水族館「海遊館」だ。コンセプトは「すべてのものは、つながっている」。館内は最大幅34m、深さ9mの巨大な「太平洋」水槽を中心に、その周りを囲むようにして環太平洋地域の生態系を再現している。生息する海や陸の生き物はもちろん、水槽の配置も実際の地理関係にならっている点が海遊館ならでは。外観デザインの青は海を、赤は環太平洋に生命帯をもたらした火山の赤をイメージしたという。

まさに海中散歩気分のアクアゲート まさに海中散歩気分のアクアゲート

海中を散歩するように海の生き物を観賞

エントランスを抜けると、まずはトンネル水槽「アクアゲート」がお出迎え。そこから一気にエスカレーターで8階に昇り、らせん状のスロープを下りながら、左右の水槽を眺めていく。自然光が降り注ぐ「日本の森」から始まり、北太平洋の「アリューシャン列島」、アマゾン川が流れる「エクアドル熱帯雨林」「南極大陸」や「グレート・バリア・リーフ」など、一度は行ってみたい世界各地の海や自然が大集合! 海中を散歩しているような気分で、イルカやペンギン、アシカ、アザラシなど多彩な動植物を観賞できる。4-6階にわたる「太平洋」水槽で優雅に泳ぐ「世界最大の魚類」ジンベエザメも必見。1日2回のお食事タイム限定でお目にかかれる、希少な立ち泳ぎ姿もご覧あれ。

水面のエサに向かい立ち泳ぎするジンベエザメ 水面のエサに向かい立ち泳ぎするジンベエザメ

漂うクラゲとかわいいワモンアザラシに注目

ここ最近人気なのが2018年(平成30)に新設された3階の「海月(くらげ)銀河」。うっすらと足元の見える暗闇のなか、明るく照らされているのは水槽内のクラゲ。漆黒の空間に浮かび上がる光景はまるでクラゲが宇宙を漂う異空間だ。さらに、エントランスビル3ー4階にある「新体感エリア」にもご注目。1歩足を踏み入れると、音や鳴き声が聞こえ、匂いまで伝わり、海の生き物が身近に感じられる。特に同エリアのワモンアザラシは海遊館の人気者として話題沸騰中! なんとも愛くるしい表情を目にすると、思わずほっこりすること間違いなし。

漆黒な空間に浮かぶクラゲは神秘的な美しさ 漆黒な空間に浮かぶクラゲは神秘的な美しさ

ワモンアザラシのかわいさに癒やされて ワモンアザラシのかわいさに癒やされて

夜の海が映し出す幻想的な光景にうっとり

毎日17時からは、「夜の海遊館」に姿を変え、深いブルーの海を月明かりのように照らす光、そのなかを泳ぐ魚たちを観賞できる。生まれて初めて見る光景は幻想的な雰囲気で見ほれるほどに美しい。そのほか、ジンベエザメが暮らす「太平洋」水槽のバックヤードを上からのぞける体験をはじめ各種イベントも開催中。100を超える日本の水族館のなかでも人気を誇る海遊館で、オンリーワンの太平洋ツアーへ出かけよう。

思わずうっとりするほど幻想的な、夜の海遊館 思わずうっとりするほど幻想的な、夜の海遊館

ジンベエバックヤード入館チケットも人気 ジンベエバックヤード入館チケットも人気

スポット詳細

住所
大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
電話番号
0665765501
時間
10:00-20:00(入館は閉館の1時間前まで)
※季節により変動あり。詳細はHPで確認
休業日
2023/1/10、11
料金
【入館料】
[大人(高校生・16歳以上)]2,400円
[小中学生]1,200円
[幼児(3歳以上)]600円
[シニア(65歳以上・要証明書)]2,200円
駐車場
あり(1,000台)
※[平日]200円/30分(最大料金1,200円)
[土日祝・特定日]250円/30分(最大料金2,000円)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、ダイナース)
電子マネー/スマートフォン決済
可(iD、PiTaPa)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可(館内禁煙)
ベジタリアンセレクション
あり(要望があれば可能な範囲で対応可能)
ハラル対応
あり(天保山マーケットプレース3F)
英語メニュー
あり(英語版館内リーフレット)
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
可(ペット用のキャリーケースをご使用の場合のみ可能です。なお、キャリーケースからペットの体の一部を出してのご入館はご遠慮いただいております。また、ケースの大きさは50cm×20cm×高さ30cmまでのものに制限させていただいております。その他、よく吠える犬など、他のお客様の迷惑となるおそれのあるペットとのご入館はお断りする場合があります。)

情報提供: ナビタイムジャパン

チケット情報

更新日:2022.05.23

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          弁天町・大阪ベイエリアのおすすめスポット

          大阪府のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました