兼六園

庭園

大名の美意識を集約した「日本三名園」のひとつ

城下町金沢のシンボル的な存在が兼六園である。加賀百万石の美意識を集約した江戸時代の代表的な大名庭園で、水戸の偕楽園(かいらくえん)、岡山の後楽園(こうらくえん)とともに「日本三名園」と称され、国の特別名勝に指定されている。

兼六園でいちばんの撮影スポットとなっている霞ケ池と徽軫灯籠、虹橋 兼六園でいちばんの撮影スポットとなっている霞ケ池と徽軫灯籠、虹橋

四季を鮮やかに映す池泉回遊式庭園の傑作

兼六園は金沢市の中心部に位置し、お堀通りを挟んで金沢城公園と向かい合っている。金沢城石川門へと通じる石川橋最寄りの桂坂口から入園し、ゆるい坂を上ると真っ先に目に入るのが、静かに水をたたえる霞ケ池(かすみがいけ)だ。春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、鮮やかに変わる四季を水面に映し出す鏡でもあり、琴柱を模した徽軫灯籠(ことじとうろう)をバックに虹橋で記念撮影する観光客でいつも賑わっている。前田家の歴代藩主が約180年かけて完成させた池泉回遊式庭園の傑作といえ、作庭で相反する「宏大と幽邃(ゆうすい)」「人力と蒼古(そうこ)」「水泉と眺望」の3組、6つの名勝を調和させ、兼ね備えることからその名がついた。

堂々たる風格を見せる唐崎松(からさきのまつ)。冬の風物詩「雪吊り」の作業はいつも唐崎松から始まる 堂々たる風格を見せる唐崎松(からさきのまつ)。冬の風物詩「雪吊り」の作業はいつも唐崎松から始まる

金沢の市街地を一望できる眺望台。ツツジが咲く頃は一段と華やぐ 金沢の市街地を一望できる眺望台。ツツジが咲く頃は一段と華やぐ

飽きさせない数々の工夫と深山の演出

霞ケ池の風情を十分に味わってから、園内散策を始めよう。園北側の眺望台からは借景となる卯辰山(うたつやま)の緑と陽光を反射する黒瓦の交じる市街地、遠くに戸室山(とむろやま)や加賀平野を望むことができる。歩いていると、せせらぎの音が心地良く響く。「曲水(きょくすい)」と呼ぶ浅くゆるく蛇行した小川で、5月に咲くカキツバタは一見の価値がある。曲水沿いに歩を進めるうち、緑の苔とカエデやトチノキなどの落葉樹が茂る山崎山に着く。その岩間から流れ出る水が曲水の源流だが、これも人工の技術というから驚く。山崎山の別名は「紅葉山」で、晩秋には一面が赤や朱、黄色に色づき、街中では珍しい紅葉スポットとしても知られる。

曲水にかかる「雁行橋(がんこうばし)」渡り鳥のガンが列をなして飛ぶ姿を11枚の赤戸室石でデザインしている 曲水にかかる「雁行橋(がんこうばし)」渡り鳥のガンが列をなして飛ぶ姿を11枚の赤戸室石でデザインしている

高さ15mの豪快な「根上松(ねあがりまつ)」。盛り土の上に植樹し、成長後に土を除去して根を露出させた 高さ15mの豪快な「根上松(ねあがりまつ)」。盛り土の上に植樹し、成長後に土を除去して根を露出させた

築山(つきやま)として造成された山崎山は高さ9m、周囲160m。山頂に茅葺き屋根のあずまやがある 築山(つきやま)として造成された山崎山は高さ9m、周囲160m。山頂に茅葺き屋根のあずまやがある

地形の高低差を体感し、作庭技術にも注目

兼六園最奥の山崎山から、今度は園南側の梅林を通って金沢城方向に戻る。梅林は前田家の家紋「剣梅鉢(けんうめばち)」にちなみ、約20種、約200本の梅が2月中旬から3月中旬にかけ見頃を迎える。下りこう配を足に感じながらお堀通り近くまで来ると、瓢池(ひさごいけ)が出迎えてくれる。一帯は、5代綱紀(つなのり)が1676年(延宝4)に作庭に取りかかった兼六園の原点といえる場所。落差6.6mの翠滝(みどりたき)が岩に砕けて瓢池に流れ落ち、近くには日本最古といわれる噴水が勢いよく水柱を上げる。この翠滝も噴水も、霞ケ池との高低差を巧みに利用したもので、噴水は高低差で生じる水圧差で水が噴き上がる仕組みだ。兼六園が傾斜地を上手に活用し、立体的な空間演出と江戸時代の高い作庭技術で造られていることがわかるだろう。

江戸末期の作と伝わる日本最古といわれる噴水。水の高さは約3.5mで、霞ケ池の水位の変化によって変わる 江戸末期の作と伝わる日本最古といわれる噴水。水の高さは約3.5mで、霞ケ池の水位の変化によって変わる

スポット詳細

住所
石川県金沢市兼六町1
電話番号
0762343800
時間
[3/1-10/15]7:00-18:00
[10/16-2月末]8:00-17:00
[時雨亭]9:00-16:30(最終16:00)
休業日
年中無休
[時雨亭]年末年始
料金
[入園料]大人(18歳以上)320円、小人(6歳-17歳)100円
駐車場
なし(周辺有料駐車場を利用してください)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、PayPay)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい
備考
※電話番号は金沢城・兼六園管理事務所へ繋がります。
※ペットの入園は不可(盲導犬等の補助犬は除く)

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

らき☆すたの22話にて、泉こなたの両親がデートしていた場所のモデルであると言われている。

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 古代日本の英雄像
    4.0 投稿日:2021.11.18
    西南戦争で戦死した石川県出身者の慰霊碑で、日本武尊像が建立されています。日本武尊は古代日本の伝説的な英雄です。銅像は高さ5.5メートル、重さ5.5トンもあり人物像としては日本最古とされています。台座がコンクリートではなく、大小の石積みなのが目を引きます。
  • ヤマトタケルノミコト
    4.0 投稿日:2020.10.31
    日本で最初の西洋式銅像です、明治記念の標は西南戦争で石川県の兵士400名を慰霊碑するために建てられました、金沢ミステリーで昔からこの銅像には鳥が1羽も寄り付かなかったそうです現在もいません。
  • 兼六園にある像
    3.0 投稿日:2020.04.19
    兼六園の桂坂入り口から入り、霞が池を越えて少し奥のほうに進んでいくと、大きな銅像が見えてきました。こちらが、明治紀念之標で、西南戦争で戦死した軍人の方を鎮めるためにつくられたものなのだそうです。両脇には立派な松の木がありました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          兼六園周辺エリアのおすすめスポット

          石川のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました