関連する記事

関連する観光コース

- 東京 PHOTO ALBUM -

banner_photo

東京タワー

港区芝公園にある総合電波塔。昭和33年(1958)に開業し、東京のシンボルとして国内外から多くの観光客が訪れている。全体の高さは333m。高さ150mの大展望台と250mの特別展望台があり、風景を360度楽しむことができる。季節やイベントごとに色が変わるライトアップも人気。足元には、土産店や飲食店、グッズショップや水族館などが軒を連ねる商業施設「フットタウン」がある。

place

東京都港区芝公園4-2-8 (赤坂・麻布・六本木エリア)

phone 0334335111

東京タワーの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2021/02/23 久しぶりに東京タワーへ
次男が写真の趣味を始め、東京タワーを撮りたいとの要望で、二人で出かけました。平日ということもあり、訪問客はまばら。登りはエレベーター、降りは階段で楽しみました。風が弱かったので外階段で降りましたが、風が強かったら怖いでしょうね。
久しぶりの東京タワーを満喫しました。
投稿日:2021/02/19 0時に消える照明
最近は遠出が難しいのでちょっと足を延ばした散歩をしています。東京タワー周辺は夜は街灯が少ないので一人で行くと少し怖いかもしれません。0時少し前に東京タワーについたときは平日の夜だったせいもあってか私たち以外には2,3人グループが3組くらいしかいませんでした。広い駐車場内なので顔が視認できないくらいの距離感を保ちそれぞれタワーを見ていました。赤い照明で照らされた鉄骨はなんとなく蟹を彷彿とさせます。小...
投稿日:2021/01/23 一度は訪れてもいい場所
東京に長年住んでいて東京タワーを見学した記憶がなかったので正月三が日明けに来訪。10時ちょっと前についたら30mくらいの列ができていて驚いたが、実はお年玉目当ての列だったので、入場券売り場はがらがらだった。1200円で行けるメインデッキと1800円追加で行けるトップデッキツアーがあるが、メインデッキの眺めで十分だと思ったのでトップまでは行かなかった。特に底が透けてみえるガラスは安全だとわかっていて...

おすすめ記事

詳細情報

住所
東京都港区芝公園4-2-8 [地図]
エリア
赤坂・麻布・六本木エリア
電話番号
0334335111
時間
[メインデッキ]9:00-23:00(最終入場 22:30)
[トップデッキツアー]9:00-22:45(最終ツアー22:00-22:15)
※現在時短営業中ですので、詳細は公式サイトをご確認ください。
公式サイト(https://www.tokyotower.co.jp/)
休業日
無休
料金
【メインデッキ】
[大人(高校生以上)]1,200円
[子供(小中学生)]700円
[幼児(4歳以上)]500円

【トップデッキツアー】
[大人(高校生以上)]3,000円
[子供(小中学生)]2,000円
[幼児(4歳以上)]1,400円
駐車場
あり
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
その他(喫煙所のみ可)
英語メニュー
あり
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報
美少女戦士セーラームーンシリーズの戦闘シーンや、じょしらくのオープニング等、複数の作品に背景として登場している。

※ナビタイム調べ

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          東京 の主要エリア

          around-area-map

          観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。