関連する記事

関連する観光コース

- 東京 PHOTO ALBUM -

banner_photo

資生堂ギャラリー

天井高5m超のギャラリーは地域最大級

大正8年(1919年)にオープン。現存する日本で最古の画廊といわれる。「新しい美との発見と創造」を活動理念とし、現代美術を中心に前衛性と純粋性を兼ね備えた同時代の表現を積極的に紹介している。2001年には「東京銀座資生堂ビル」の地下1階にリニューアルオープンした。天井の高さ5mを超える銀座地区で最大級の展示スペースは、海外の作家たちからも注目を集めている。

place

東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビルB1 (東京・銀座・日本橋エリア)

phone 0335723901

資生堂ギャラリーの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/02/19 この芸術貴方は理解できますか?
毎回殆どこのギャラリーの展示を楽しみに見ていますが、毎回展示物が理解できなくて「芸術とは理解できないものだ」と感じるギャラリーです。化粧品の資生堂とは全く無関係に思える展示が多く絵画よりも3Dの物体の展示が多いように感じるギャラリーです。入場無料です。
投稿日:2020/02/01 広くて綺麗
新発売の化粧下地を試しに行きました。
三越内の資生堂へ行きましたが、激混みで順番待ちだったため、8丁目までいきまささた。
中国人のお客様が沢山いましたが、スタッフも多かったからすぐ案内してもらえました。
投稿日:2019/12/09 美意識の追及
資生堂は1872年創業。日本初の西洋調剤薬局・資生堂を開業したのが始まり。創業者福原有信の三男、信三がアメリカに学び薬学を学んだ後、ヨーロッパに渡り、多くの芸術家に出会い、そのアートの知見がその後の資生堂の美意識に大きな影響を与えたんだそう。

資生堂ギャラリーは今年で100周年。現存する日本最古の画廊と言われているそうです。

銀座には何度も行ってますが、ギャラリーには今回初めて訪ねてみることに...

おすすめ記事

詳細情報

住所
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビルB1 [地図]
エリア
東京・銀座・日本橋エリア
電話番号
0335723901
時間
[火-土]11:00-19:00
[日、祝]11:00-18:00
休業日
月(祝祭日にあたる場合も休館)
料金
[入館料]無料
駐車場
なし

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          東京 の主要エリア

          around-area-map

          観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。