兵庫県立コウノトリの郷公園

公園/緑地

特別天然記念物・コウノトリの野生復帰を目指す場所

湿地生態系の頂点に君臨し、極東に2000羽余りしか生息していないという絶滅危惧種のコウノトリ。野生化に取り組む施設に赴き、雄大な姿で空高く舞うコウノトリに会いに行こう。

野外のコウノトリにも出合えることがある 野外のコウノトリにも出合えることがある

地域とコウノトリの共生を目指す

国の特別天然記念物・コウノトリの日本最後の生息地である豊岡市で、コウノトリの保護、繁殖、野生復帰を研究・実践するために設立された施設。野生の動物や植物が生態系を保って生息する空間であるビオトープの設置や氾濫原湿地を整備し、地域とコウノトリが共生できる環境づくりも推進している。2005年(平成17)には、コウノトリの放鳥を開始。その後、野外での繁殖を繰り返し、現在野外のコウノトリは260羽まで増えている。園内の観察広場では、6羽のコウノトリが公開されており、併設のエコミュージアム「豊岡市立コウノトリ文化館」からその姿を観察できる。毎週土曜の13:30-14:30にはスタッフによる参加無料のガイドウォークが実施されるので、知られざるコウノトリの生態について学んでみよう。

「豊岡市立コウノトリ文化館」の多目的ホールからコウノトリを観察 「豊岡市立コウノトリ文化館」の多目的ホールからコウノトリを観察

自由に飛び立つ野外のコウノトリと出合えることも!

コウノトリが巣を作るために設置された人工巣塔では、運が良ければ野外のコウノトリが見られる。郷公園前の祥雲寺巣塔では、2015年(平成27)から6年連続でコウノトリの孵化が確認されていて、3月頃にはかわいいヒナの姿が見られるという。巣の中の様子を上から見ることができる「山頂あずまや」からも、コウノトリの子育てを観察できる。「山頂あずまや」は公園一帯の田園風景を望む展望スポットでもあり、見晴らしも抜群。飼育コウノトリがいる公開ケージにも野外のコウノトリが舞い降りることがあるため、タイミングが良ければいたるところで出合えるかもしれない。

巣塔で休む野外のコウノトリの姿も 巣塔で休む野外のコウノトリの姿も

巣塔観察ができる「山頂あずまや」からの景色 巣塔観察ができる「山頂あずまや」からの景色

コウノトリが飛び立つ瞬間に遭遇! コウノトリが飛び立つ瞬間に遭遇!

間近でケージ内のコウノトリを見られる飼育ゾーンでは、特別イベントも開催

通常は飼育ゾーンには立ち入れないが、6、7、9月には準備から参加できるエサやり体験のイベントで特別に公開され、コウノトリがエサを食べる様子を目の前で見られる。そのほかにも、10月末の「郷公園デー-非公開エリア特別公開-」では飼育ゾーンを見学できるスタンプラリーを実施。11月の「コウノトリの巣作り体験」も飼育ゾーンに入れる貴重なイベントとなっている。それぞれ予約制だが、空きがあれば当日参加も可能なので、気軽に参加してみよう。

ドーム型ケージにも飼育のコウノトリが ドーム型ケージにも飼育のコウノトリが

スポット詳細

住所
兵庫県豊岡市祥雲寺128
電話番号
0796235666
時間
9:00-17:00
休業日
月(祝の場合は翌日)、12/28-1/4
料金
[入園料]無料
駐車場
あり
[普通車]72台(うち2台身障者用)
[中型バス]3台(うち1台身障者用)
[大型バス]9台
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
可(屋外喫煙コーナーのみ)
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          但馬・城崎エリアのおすすめスポット

          兵庫のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました