姫路文学館

資料/郷土/展示/文学館

姫路城と歴史的な文学者について学べる資料館

ユニークな近代的建築が特徴の文学館。北南に分かれた2つの建物では姫路城が立つ姫山の物語から、地元にゆかりのある文学者の心に響く言葉など、新しい知識と発見がある。

円形に設計された北館 円形に設計された北館

名建築の中で文学を学ぶ

姫路城から少し離れ、徒歩15分、車で3分ほどの場所にある文学館。2021年(令和3)に開館30周年を迎えた施設で、姫路城の歴史と、姫路や播磨にゆかりのある文人たちの資料を展示している。レトロな街並みのなかに現れる近代的なデザインの建物は、世界的にも有名な建築家、安藤忠雄氏によって手がけられたもの。城を回遊するようなフロアと文学と対話することをコンセプトとして造られ、コンクリートを打ちっぱなしにしたような、安藤氏独特の空間が特徴でもある。

きらびやかな水庭が目をひく南館 きらびやかな水庭が目をひく南館

素敵な言葉に出合える北館

文学館は資料を展示する北館と南館、貸し茶室の「望景亭」で構成されている。北館の常設展示には「姫路城歴史ものがたり回廊」のコーナーがあり、姫路城が建築されるまでの物語をドラマ風の映像や文字資料、グラフィックなどを用いて、わかりやすい解説付きで展示している。奥に進むと播磨ゆかりの作家や学者が残した言葉に出合える「ことばの森」が。壁面展示の資料をはじめ、タッチパネルでの体験型展示など、文人たちの残した深い言葉に触れてみよう。

豊富な展示の「姫路城歴史ものがたり回廊」 豊富な展示の「姫路城歴史ものがたり回廊」

文学者たちの作品を知る「ことばの森」 文学者たちの作品を知る「ことばの森」

司馬遼太郎についても知ることができる南館

南館に入ると、エントランスの横にはモーニングも人気なほっとひと息つけるカフェ「水屋珈琲 MIZUYA COFFEE」が。同フロアには企画展示が行われる「さんかくギャラリー」や、姫路にゆかりのある、小説家の司馬遼太郎氏や彼の作品に関連した資料を展示する「司馬遼太郎記念室」も設置。2階フロアは、情報収集などもできるライブラリー、多種のジャンルをそろえる図書室なども開放されているので、この機会に、姫路の街を深堀りしてみては。

時期で展示内容を変える「さんかくギャラリー」 時期で展示内容を変える「さんかくギャラリー」

図書室で文学者たちの作品を読んでみよう 図書室で文学者たちの作品を読んでみよう

スポット詳細

住所
兵庫県姫路市山野井町84
電話番号
0792938228
時間
10:00-17:00(最終入館16:30)
休業日
月、祝の翌日(土日を除く)、年末年始
料金
【観覧料】
[一般]310円
[高・大学生]210円
[小・中学生]100円
※特別展は別料金
駐車場
あり(50台)
※無料
クレジットカード
可(チケット購入のみ、使用可能なカードの種類はお問い合わせください)
電子マネー/スマートフォン決済
可(チケット購入のみ、使用可能な電子マネー・スマートフォン決済の種類はお問い合わせください)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 特筆すべきコーヒー
    5.0 投稿日:2018.09.25
    文学館併設のカフェなので、さして期待していなかったというのもあるのですが、驚きました。香り高く、飲み口柔らかく、コーヒーのえぐみを一切感じず、いつもならミルクを入れるところストレートでいただきました。近くにあったら、コーヒーを飲みに通います。
  • 姫路文学館内のカフェテリア
    3.0 投稿日:2018.01.11
    姫路文学館内のカフェテリアです。休日の一寸早目のランチを摂りに訪問しました。余裕あるスペースにテーブル席とカウンター席がありましたが、席数が少ない為、時間帯によっては直ぐに満席状態になりそうでした。特にランチ専用メニューがあるわけでは無さそうで、今回は和風パスタセットをオーダーしました。食後にコーヒーが付いていましたが、余りゆったりと過ごす雰囲気ではありませんでした。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          播磨(姫路・龍野・赤穂)エリアのおすすめスポット

          兵庫のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました