関連する記事

関連する観光コース

- 兵庫 PHOTO ALBUM -

banner_photo

史跡・生野銀山と生野鉱物館

千年以上に及ぶ生野銀山の歴史を今に伝える

朝来市生野町小野にある史跡。807年に銀が発見されたと伝えられ、江戸時代には天領として江戸幕府の財政を支えるなど重要な役割を果たし、昭和49年(1973)に閉山した、生野銀山の跡を観光施設として整備したもの。現在は坑道内の全長約1,000mのコースと、坑道外のコースの見学や、併設の鉱山資料館や生野銀山文化ミュージアムで鉱山の歴史について学ぶことができる。

place

兵庫県朝来市生野町小野33-5 (但馬・城崎・豊岡エリア)

phone 0796792010

生野銀山文化ミュージアムの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/04/05 2020年2月くらいまで雨漏り補修で 長いこと休館してましたが。。
シルバー生野(坑道)入口の手前にある建物で、生野鉱物館と同じ建物。1Fのゲート前にも鉱物コレクションなどが置かれていて、休館中でも気軽には入れた。2020年3月中旬くらいから開館してました。
投稿日:2018/03/28 「史跡生野銀山」とは別料金。100円だけど。
「史跡生野銀山」の隣にある「生野鉱物館」と同一。2階が生野鉱物館、1階が銀細工体験工房になっている。生野鉱物館は入場料が必要だが、たった100円。(自動ゲートなので、大人・子ども同一)鉱物標本や生野銀山の資料など、正直「史跡生野銀山」内の鉱山資料館と似た内容が多いが、国立高専の学生が作った石見銀山と生野銀山の狸堀りの坑道実物模型(中に入って大きさを体験出来る)があり、これはおもしろい。何しろ100...
投稿日:2018/01/22 江戸時代から現代までの作業の様子
朝来では最もメジャーな観光スポットでしょう。
坑道の一部が見学コースになっていて、江戸時代から現代までの作業の様子などがリアルに再現されています。三菱の利益の大きな部分を占めていたという説明もあり、地域が潤っていたことも想像されました。

おすすめ記事

詳細情報

住所
兵庫県朝来市生野町小野33-5 [地図]
エリア
但馬・城崎・豊岡エリア
電話番号
0796792010
時間
[4-10月]9:00-17:30(入場受付終了16:50)
※ほか時期により異なる
休業日
[12-2月]火(祝の場合は翌日)、年末年始(12/29-1/1)
料金
【入場料】
[大人]900円
[中、高生]600円
[小学生]400円
駐車場
あり(210台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、WAON、楽天Edy)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
可(坑道内の見学は可、土産品売店内は抱いていれば可)

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          兵庫 の主要エリア

          around-area-map

          国際的な港町として有名な神戸市が県庁所在地の兵庫県。海だけでなく、山にも囲まれている自然豊かな県です。 羽田空港から神戸空港までは飛行機で約1時間、新幹線を利用しても東京から約3時間でアクセス可能です。 兵庫県には、観光客の多くトレンドを楽しめる神戸や、宝塚や伊丹のある阪神方面が人気ですが、姫路城と城下町を係る姫路・赤穂・播磨エリアや、花の島で有名な「淡路」など歴史や自然を楽しむことができるエリアもたくさんあります。神戸の100万ドルの夜景はもちろん、日本最古の温泉・有馬温泉、世界最長の吊橋・明石海峡大橋など、兵庫県内には観光スポットが多く存在するのです。 鉄道やバスも整備されていますが、レンタカーを借りてドライブしながらの観光もおすすめ。せっかく兵庫県を訪れたなら、姫路おでんや淡路牛ステーキなど、ここでしか食べられないご当地グルメを楽しみましょう。