神戸華僑歴史博物館

博物館/科学館

神戸の発展を支えた華僑達の歴史を伝える

神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町駅」の出口2から東へ徒歩約5分。1868年の神戸港の開港と共に神戸に移り住んだ、華僑の生活と活動を知ることができる博物館。神戸の華僑により運営されており、美術品から生活用具まで、貴重な資料の数々を展示している。国際貿易都市である神戸の発展を支えた華僑、また華僑と日本人との交流の歴史を学ぶことができる。

スポット詳細

住所
兵庫県神戸市中央区海岸通3-1-1 KCCビル2F
電話番号
0783313855
時間
10:00-17:00(最終入館16:30)
休業日
月、火、日、祝、年末年始
料金
【入館料】
[一般]300円
[学生(中学生以上)、65歳以上]200円
※ほか団体料金等あり
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
あり
喫煙
不可
英語メニュー
あり
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 神戸の海岸通りに面して
    3.0 投稿日:2019.02.12
    1979年、神戸中華総商会ビルの落成と同時に開館した神戸華僑の神戸での生活や活動ついての資料などを展示する博物館です。神戸華僑が神戸でどのような役割を果たしたかがよくわかります。
  • 南京町で活躍した華僑の人々についての資料館
    4.0 投稿日:2019.01.07
    休日はクローズなので開館日時注意です。場所は南京町の西端の門の南北の通りを海岸のホテルオークラのビルの方へ広い国道まで行った右の角です。ビルの2階の1室の広くない博物館。日本の中華街の全般的な紹介から中国文化の違い、老祥記などの老舗名店の紹介があります。神戸マッチ、関帝廟、そろばんも説明があり、台南の府城隍廟にもあった中国のそろばんがなぜ5の玉が2つで15まで入れることができるのか...
  • 神戸や横浜の中華街が 何故《南京街》と呼ばれるのか こちらを訪問して知りました
    3.0 投稿日:2017.10.10
    一般的な[博物館]と冠が付き、資料を展示している所と比較すると少し物足りなさを感じましたが、こちらを訪問して 1.何故 神戸や横浜の中華街が通称として《南京街》と呼ばれるのか、 2.華僑と神戸のマッチ産業 3.何故 神戸には仕立て屋が多いのか とか 以前から疑問に思っていたことに対する回答を知ることが出来ました。神戸の華僑の歴史に関心を持っておられる方に訪問お薦めします。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          神戸市中心部エリアのおすすめスポット

          兵庫のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました