関連する記事

関連する観光コース

- 青森 PHOTO ALBUM -

banner_photo

ホテルサンルート青森

■期間限定■駐車料金無料/VOD無料■

place

青森県青森市新町1-9-8 (青森エリア)

phone 0177752321

ホテルサンルート青森の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/02/06 久々にちっちゃいシングルベッド
初めての逗留。そこそこいいかんじのフロントでチェックイン。しかし、宿泊は東館の6階?なんか古くさい。部屋は狭くないものの、ベッドはちっちゃい。ホントにシングル、幅110cmないくらい。ムダに広いシングルベッドのホテルが増えたが、これはなんとも…。長〜いソファーが置いてあるが、これはソファーベッドで、ツインルームにもなるんだろうと。部屋はいささか不満だが、フロントマンの対応が悪くないので、なんとか...
投稿日:2019/12/11 広いお風呂はサイコー
駅の目の前でしたので、寒い中助かりました。広いお風呂は、ゆっくりできて最高でした。
連泊しましたが、シーツ交換しないとビールなど頂けて良かったです。
朝食に地のものがあるとよかったですが、大変美味しくいただきました。
また、宿泊させていただきたいと思います。
近くの広場にこんなものがありました。
投稿日:2019/10/10 朝食は良いが、基本寝るだけという感じ
全般的に設備は古めで部屋も狭いですが、清掃面はきちんとしています。寝るだけなら十分だと思います。
このホテルで特筆すべきなのは最上階で港を眺めながら食べられる朝食でしょう。せんべい汁やホタテの焼物など、青森らしい食を気軽に楽しめるのはとても良かったです。ただ、時間帯によっては結構混雑しているのでそこは注意すべきです。

おすすめ記事

詳細情報

住所
青森県青森市新町1-9-8 [地図]
エリア
青森エリア
電話番号
0177752321
チェックイン/アウト
チェックイン/14:00から
チェックアウト/11:00まで
※ご宿泊のプランに別途設定がある場合はそちらが優先されます。
アクセス方法
■JR「青森駅」→徒歩4分■JR「新青森駅」→車15分■空港→バス40分「新町一丁目」徒歩2分■青森中央IC→15分■
カード
VISA、JCB、American Express、Diner’s Club、UC、DC、NICOS、Master Card、楽天カード、JAL
駐車場
普通車¥600(税込)連泊の場合2泊目以降は無料。高さ制限はなし。駐車台数制限なし。
部屋・館内設備
総客室数:177室

[部屋設備]
テレビ、有料ビデオ、衛星放送(無料)、CS放送、電話、インターネット接続(LAN形式)、インターネット接続(無線LAN形式)、ティーサーバー、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー、ズボンプレッサー(貸出)、電気スタンド(一部)、アイロン(貸出)、加湿器(貸出)、個別空調、洗浄機付トイレ、石鹸(液体)、ボディーソープ、シャンプー、リンス、入浴剤、ハミガキセット、カミソリ、シャワーキャップ、くし、ブラシ、タオル、バスタオル、ナイトウェア、スリッパ、湯沸かしポット(貸出)

[館内設備]
レストラン、多目的室、会議室、禁煙ルーム、自動販売機、コインランドリー(有料)
サービス
クリーニングサービス、パソコン利用可、ファックス送信可、マッサージサービス、モーニングコール、宅配便、駐車場あり

[特典]
夕刊・朝刊サービス
その他の情報
[食事場所]
●朝食:レストラン(バイキング)
●夕食:レストラン、食事処

[障害者設備]
車椅子可、貸出用車椅子、車椅子利用者用客室あり

[周辺のレジャー]
ゴルフ、スキー、スケート、博物館、水族館、美術館

情報提供: 楽天トラベル

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          青森 の主要エリア

          around-area-map

          本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。