関連する記事

関連する観光コース

- 青森 PHOTO ALBUM -

banner_photo

稲垣温泉ホテル花月亭

奥津軽に佇む静かな一軒宿名湯稲垣温泉の源泉かけ流し温泉【露天風呂・貸切風呂あり】静けさという贅沢をお楽しみください。

place

青森県つがる市稲垣町豊川宮川3-4 (津軽エリア)

phone 0173462821

ホテル 花月亭の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/08/14 こんなところに温泉が!というロケーションですが露天風呂はぬるめで気に入った
気さくに泊まれる宿だった。翌日の五所川原マラソンに参加するため宿を探した結果、五所川原では満室で隣のつがる市でとれたのがこの温泉旅館。二階の部屋からは庭のつつじを見ることができて、のんびりと露天風呂にも浸かれた。食事は野菜が多めで好みのものばかりだったので嬉しかった。じゃらんからの申し込みで税込み12000円でおつりありだから、コスパとしては良いかと。昔ながらの旅館という形で、館内に休憩できるコー...
投稿日:2018/07/01 温泉が良い
田んぼの中にある温泉宿です。

田舎ですので、通常のサービスは受けられないと思ってください。
入り口で、リュックを手に持ったまま靴を脱いでいると、お荷物をお持ちしましょうと、受付の方がリュックを持ってくださいました。
リュックと言っても登山用などではなく、通勤時もカバンとして使っている小ぶりのリュックです。
チェックインをしようとカウンターに行くと、私のリュックがありません。聞くと玄関脇に置いてあ...
投稿日:2016/06/12 トリップアドバイザー推薦のマークにびっくり!
隣に農協や民家もある、田んぼの真ん中の二階建の一軒家ですね。日帰り温泉施設と併設なのですが、玄関は別になっています。ロビーには有名な大女優さんや、落語家さんの写真が飾ってあります。温泉は源泉かけ流しで、温めですが、長く入っていられるし、温まります。こちらは一般的なトイレ付きの部屋の客ですが、部屋の冷蔵庫が古いのか、物凄い音がするのでフロントに言いに行ったら、笑顔で冷蔵庫の電源切りましょうか?とまと...

ホテル予約

2021/10/01 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金 更新日:2021/09/17

おすすめ記事

詳細情報

住所
青森県つがる市稲垣町豊川宮川3-4 [地図]
エリア
津軽エリア
電話番号
0173462821
チェックイン/アウト
チェックイン/15:00から
チェックアウト/10:00まで
※ご宿泊のプランに別途設定がある場合はそちらが優先されます。
アクセス方法
東北自動車道浪岡IC経由・津軽自動車道五所川原北IC(終点)から車で15分
カード
利用不可
駐車場
有り50台先着順
部屋・館内設備
総客室数:30室

[部屋設備]
テレビ、有料ビデオ、有線、電話、ファックス、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー(一部)、洗浄機付トイレ(一部)、石鹸(固形)、ボディーソープ、シャンプー、ハミガキセット、タオル、バスタオル、浴衣、スリッパ

[館内設備]
レストラン、ティーラウンジ、カラオケルーム、宴会場、会議室、大浴場、サウナ、露天風呂、売店、自動販売機
風呂
●種類:温泉、露天風呂、サウナ
●泉質:ナトリウム塩化物泉
●効能:疲労回復、婦人病、リウマチ・神経病
サービス
送迎バス、ファックス送信可、ルームサービス、マッサージサービス、モーニングコール、宅配便

[特典]
時間外チェックイン可、将棋無料貸出、囲碁無料貸出
その他の情報
[食事場所]
●朝食:レストラン、広間
●夕食:部屋、個室

[障害者設備]
客室内に洋式トイレあり、客室内トイレに手すりあり、大浴場浴槽に手すりあり

[周辺のレジャー]
サイクリング、スキー、農業公園

情報提供: 楽天トラベル

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          青森 の主要エリア

          around-area-map

          本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。