津軽・五所川原

TSUGARU / GOSHOGAWARA

約千年前の遺跡や寺院が世界遺産に。歴史と文化が息づく岩手の最南エリア

青森県の北西部に突き出す「津軽半島」を含むエリアで、その東側に津軽山地、西側に津軽平野を有している。津軽半島は東側、西側ともになだらかな海岸線が50km近く続き、それぞれに独特な景観が生み出されているため、その美しさには定評がある。東側には北海道新幹線とJR津軽線が走り、本州から北海道への旅の玄関口としても機能している。「青函トンネル記念館」や関連する見どころはぜひともチェックしておきたい。青函トンネルができる以前に、連絡船が運航していた津軽海峡の絶景も、一度見たら忘れられない景色だ。エリア最大の観光資源といえば、「五所川原立佞武多(たちねぷた)」である。思わず見上げてしまうほどの巨大なねぷたに、圧倒されること間違いなしだ。またローカル線の津軽鉄道が走る金木町は、青森が生んだ文豪・太宰治のふるさと。太宰の足跡を訪ね歩き、芦野公園内をのんびりと津軽鉄道が走り抜ける風景に、太宰の生きた時代を重ねるファンも少なくない。開発がそれほど進んでいるエリアではないが、そのぶん風光明媚なスポットが数多く残っている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    立佞武多の館
    五所川原立佞武多を見て、感じて、触れられる施設
    青森を代表する祭りのひとつ「五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)」。高さ約23mの巨大な人形灯籠が、電柱やビルよりも高いところから街を睨みながらゆっくりと進む姿は、足元で見上げる人たちからみると圧倒的な迫力だ。
    祭り当日、立佞武多(たちねぷた)が街に出陣する様子。緊張感と高揚感が高まる瞬間だ
  • spot 02
    鶴の舞橋
    自然景観に溶け込む日本一の長さの木造太鼓橋
    その昔、たくさんの鶴が舞い降りたことから名づけられたという鶴田町。町のいたるところに鶴のオブジェやサインがあり、見る人を楽しませてくれる。そのなかでも「鶴の舞橋」は、毎年たくさんの観光客が訪れる人気のスポットだ。
    ゆるやかなカーブを描く太鼓橋のような鶴の舞橋
  • spot 03
    太宰治ゆかりの地
    文豪、太宰治の出身地・金木町でその足跡をたどる
    青森県北西部にある五所川原市金木町は太宰治の出身地であり、津軽三味線の発祥の地でもある。毎年6月19日の太宰の生誕の日には、全国から多くのファンが訪れる。
    太宰治記念館「斜陽館」の前通り。ガス灯を模した街灯がレトロな雰囲気を出している
  • spot 04
    芦野公園
    芦野湖と林を巡る散策路で四季折々の風景を楽しめる
    太宰治が幼少期に遊びに来ていたという「芦野公園」は、芦野湖を含む約80万平方メートルの県立自然公園。「日本のさくら名所100選」にも選ばれている。隣接する津軽鉄道や昔ながらの小さな駅舎などが、訪れる人々を和ませてくれる。
    津軽鉄道芦野公園駅から遮断機のない踏切を渡って芦野公園へ
  • spot 05
    赤い屋根の喫茶店「駅舎」
    芦野公園駅旧駅舎を利用した昭和レトロな喫茶店
    芦野公園の散策を楽しんだあとは、芦野公園駅に隣接する、赤い屋根の喫茶店「駅舎」で休憩しよう。ここは、1930年(昭和5)から46年間、実際に使われていた旧駅舎を再利用した喫茶店。そのため、駅舎の入り口だった表の道路側からも、プラットホームだった裏側からも店に入ることができる。店内には、かつて使われていた切符売り場や古い電話機などが現存し、店内を流れる落ち着いたジャズの音色と相まって、まるでタイムスリップしたかのような気分に浸れる。いちばん人気のメニューは、ふじリンゴのすりおろしがふんだんに使われた「スリスリりんごカレー」。小さい子どもも食べられる、やさしい味わいだ。オリジナルブレンドの「駅舎コーヒー」は、サイフォンでいれられており豆の香りをじっくり楽しめる。太宰治の小説『津軽』に登場する、駅舎の情景と重ね合わせて楽しみたい。
    白壁に赤い屋根が映える外観。昭和の雰囲気がそこかしこに感じられる
  • spot 06
    太宰治記念館「斜陽館」
    太宰治が幼少期を過ごした津島家の豪邸
    金木町に残る、小説『津軽』で知られる太宰治の生家。1907年(明治40)に建てられ、1998年(平成10)からは、太宰治記念館「斜陽館」として活用。全国から多くの太宰ファンが訪れている。
    建築材に日本三大美林のヒバをふんだんに使った太宰治記念館「斜陽館」
  • spot 07
    龍飛崎
    日本有数の強風地帯で北端の旅情を感じてみよう
    津軽半島突端の津軽海峡を見下ろす龍飛埼灯台。その先には断崖絶壁に展望台がある。雄大で海流の速い海峡を挟んで目に入るのは、北海道の陸地だ。岬巡りの旅には感動と魅力いっぱいの龍飛崎は欠かせない。
    駐車場から徒歩で灯台方向へ行ったところに龍飛崎展望台がある
  • spot 08
    竜泊ライン
    日本海沿岸に数々の景勝地が続き、目が離せない
    「ここは本州の袋小路だ……」と太宰治は小説『津軽』で綴っているが、龍飛から小泊までの「竜泊ライン」ができたことにより、今は袋小路ではなくなった。この道路が開通したのは1984年(昭和59)のことで、総延長距離は24.8km。車で約40分の道のりだが、曲がりくねった急峻な崖道が続くためスピードは出せない。途中、海抜470mの眺瞰台から徒歩5分ほど登ったところに、360度のパノラマ景色を楽しめる展望所があり、晴れた日には日本海、北海道、十三湖、岩木山まで見渡せる。一帯は津軽国定公園に指定されており、さらに車で下っていくと、日本海側の海岸線が遠くまで見える「坂本台」に出る。日本海を眺めながらその先を車で走らせると、七ツ滝や青岩、権現崎など「小泊十二景」と呼ばれる数々の景勝地があり、旅人の目を楽しませてくれる。
    眺瞰台から龍飛埼灯台、津軽海峡を越えて北海道を望める
  • spot 09
    階段国道
    車もバイクも通れない全国唯一の国道
    津軽半島を国道339号で北上すると、龍飛漁港へ行く直進道と、龍飛崎へ向かう坂道とに分岐する。直進し、龍飛漁港に向かうと、間もなく車道は行き止まりになる。ここから歩いて狭い民家の軒下を通り抜けると、目の前に階段が現れる。それが全国唯一の「階段国道339号」だ。国道に指定されたのは1974年(昭和49)のことで、実は、県の担当者が地図だけを見て決めたらしい。その階段をゆっくり上っていく。段数は362段。帯島が見え始め、やがて深い青々とした津軽海峡が目に入ってくる。上りきったところが龍飛埼灯台下になる。一時は国道からの格下げも検討されたというが、今ではその存在を堂々とアピールし、観光名所としても知られている。
    362段もある階段国道。上り切ると灯台下に出る
  • spot 10
    青函トンネル記念館
    トンネルにかけた人々のドラマを展示室と体験坑道に見る
    1988年(昭和63)に完成した、津軽海峡の海底140mを貫く青森県と北海道を結ぶ青函トンネル。延長53.85kmの海底鉄道トンネル工事に携わった多くの人の情熱と、最高水準の技術を後世に伝えるのが「青函トンネル記念館」だ。建物1階の展示室では、事業の推移や技術をトンネルの立体模型や資料パネルでわかりやすく紹介している。2階展示室のトンネルシアターでは、調査から完成までの様子を上映。記念館の目玉は、なんといっても鋼索鉄道ケーブルカー「青函トンネル竜飛斜坑線」、愛称「もぐら号」で向かう体験坑道だ。距離778mまで下降していく約7分間はワクワクしてしまう。海面下140mの体験坑道では、実際使用したボーリングの機材や削岩機など、実物大の作業員の模型を展示。館内放送での解説もとてもわかりやすい。ガイドさんの案内で歩く体験坑道(体験コース、所要時間約40分)は、迫力と驚きを与えてくれる。
    構想から貫通まで42年を費やした一大事業を、わかりやすく展示解説している
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    エリアをじっくり見て回るのなら車移動がベスト。津軽半島の東側を走るJR線から、津軽平野を走る津軽鉄道への乗り換えは、五所川原駅。JR青森駅から五所川原駅へは、JR奥羽本線、JR五能線を乗り継ぐ必要がある。所要時間は1時間30分程度。

  2. その2

    ドライブのオススメルートは午前中に青森市を出発し、龍飛崎を経由して五所川原市に向かうルート。日照時間がいちばん長く、太陽を追いかけながらドライブを楽しめる。

  3. その3

    8月4〜8日に開催される五所川原立佞武多を見物するときには、ぜひとも「立佞武多の館」からの出陣風景を見ておこう。まるでアニメのロボットが、秘密基地から登場するシーンを連想させる迫力だ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

青森のその他のエリア

+ -
back
open

津軽・五所川原エリア