「用宗みなと温泉」で新しい富士山百景を!しらすの町が生んだ名温泉


2019.01.24

LINEトラベルjp 旅行ガイド

静岡駅から電車で2駅の「用宗(もちむね)」はしらす漁が盛んで、全国から用宗のしらすを目当てに多くの観光客が訪れます。そんな用宗に、2018年12月、総工費約4億円をかけた日帰り温泉施設「用宗みなと温泉」がオープンしました。
ここは、もともとマグロの裁断加工所をリノベーションして、生まれた施設。漁港内の施設だから、すぐそこは海!あなたもリゾート感いっぱいのお手頃温泉で、癒やされてみませんか?
駿河湾&漁港&富士山が見渡せる、新感覚温泉
構想8年もの長い時間をかけて生まれた「用宗みなと温泉」。「みなと」と名前がつくように、こちらは用宗漁港の中にある日帰り温泉で、敷地内から源泉も湧出しています。
駿河湾がすぐそこ。波の音やカモメの声が優しく耳に届く、ロマンチックな場所に「用宗みなと温泉」は建っています。
小さな入江には小型の漁船が並び、朝6~7時頃になるとしらす漁に出発。港と漁場が近いため、運搬船が何度も行き交います。船が着く度、「用宗みなと温泉」のすぐ隣で競りが行われ、しらすは加工業者や漁港の手へ。地元の人は当たり前の光景でも、観光客にとっては非日常感たっぷりのロケーション。
「用宗みなと温泉」の利用方法
では、ここから「用宗みなと温泉」の利用方法をご紹介しましょう。
まずは最初に自動販売機でチケットを購入します。入浴料金は、大人750円(土日祝900円)、小学生まで300円(土日祝400円)、3歳以下の幼児は無料。最初に100円を支払い会員になることで、初回から大人650円(土日祝800円)になります。すぐにもとが取れますし、2回目以降もずっとおトク!
ラウンジ&温泉へ向かう廊下では、用宗の歴史を辿れる資料をスタイリッシュに展示。よく見ると、用宗はしらすだけでなく、マグロやカツオなど大きな魚も獲っていたことも分かります。観光客の方は、用宗の歩みをチェックするのに役立ちますよ。
さらに、隠れた見どころが!「用宗みなと温泉」のトイレは、トイレットペーパーが静岡らしい「富士山折り」なっています。朝だけではなく、スタッフが掃除をする度に「富士山折り」にしているそうなので、遭遇率高し!その時によって、富士山にたくさん雪が降っていたり、少なかったり。技ありなトイレットペーパーにも注目してみましょう。
塩素なし!内風呂は地下から汲み上げた安倍川の天然水
さあ、温泉だ!と思っても、プールのような臭いがすると、ちょっぴり気分が下がりますよね。「用宗みなと温泉」は、塩素ではなく、安全性の高い「モノクロラミン」で滅菌しています。そのため、塩素特有のカルキ臭は一切なし。残留塩素による様々なダメージもうけません。
また、水源はすべて、地下56mから湧出する安倍川の天然地下水を使用。どこかから持ってきたのでなく、施設地下から直接汲み上げています。実は、サウナの聖地とよばれる有名店「サウナしきじ」と同じ水源。ふわりと包み込まれる湯はとっても気持ちよく、お肌が喜んでいるのが分かります!
そして「用宗みなと温泉」の炭酸泉は、市販の炭酸入浴剤の10倍以上、1000ppmという高濃度。スタッフが毎日計測器で測定し、高炭酸状態を維持しています。
地元の漁師さんやサウナーから圧倒的人気を誇る「遠赤外線サウナ」は、気合いの入った温度設定(80℃~90℃)。上段ともなると、かなり激アツです!サウナの後は、キリッと冷えた水風呂(15.0℃)で体を整えましょう。
のぞける富士山?新感覚の露天風呂
「用宗みなと温泉」で必ず入ってほしいのが、岩造りの露天風呂。敷地内から湧出した源泉は、この岩風呂に注がれています。
泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉。源泉温度が26.9度と低いため、沸かし湯ではありますが、塩をたっぷり含んだ湯は体の芯まで温めてくれます。お湯に浸かってみると、とろみがあって肌触り柔らか。海沿いだから、心地良い潮の香りも漂ってきます。
そんな露天風呂には、「富士見小屋」という不思議な小屋が!中に入ってみると……細長い窓を通して、富士山を切り取ったような景色を眺めることができます。あえて視界を狭めることで、切り取った景色に集中できる、まさにウルトラC的な発想。大きすぎないスペースで、おこもり感も楽しめます。
さて、どんな風に見えるのでしょう?こちらの動画でお楽しみください。
湯上がり後は、開放感あふれる絶景テラスへ。テーブルやイスもあるので、腰をおろしてのんびりリラックスしてくださいね。
うどん350円!お食事処はハイコスパメニューの宝庫
お腹が空いたときは、「用宗みなと温泉」のお食事処を利用しましょう。なんとラーメン500円、うどん350円、ざるそば400円と超リーズナブル!食べ応えもバッチリで、お腹をしっかり満たしてくれます。
また、静岡でしか飲めないサッポロビールの静岡麦酒、静岡の新名物 長田唐芋(おさだとうのいも)を使ったコロッケなど、ご当地グルメも楽しむことができます。写真の富士山コロッケは、フォトジェニックでおすすめ!
ひとっ風呂浴びたついでに、お土産もどうぞ!売店には、全国から選び抜かれた“おいしいもの”が置かれています。静岡でお馴染み「あらしお株式会社」の商品は、お土産にぴったり。天然素材だけで作られたバスソルトは、お湯にサッと溶けてポッカポカに温めてくれます。テトラ型パッケージがかわいいですよね。
月に1度(第4日曜日)には、「用宗みなと温泉」のすぐお隣りで、にぎやかなマルシェ「用宗なぎさ市」も開催。この中では、地元の海産物や野菜の販売に加えて、ステージでの音楽演奏などが行われます。地元の人と触れ合えて、海の幸が多く食べられる&買えるのが魅力。タイミングが合う方は、ぜひ温泉とセットで訪れてみてください。
「用宗みなと温泉」は、2019年2月にクラフトビールのタップルームが併設され、5月からはクラフトビールの醸造もスタート。今後は、温泉✕クラフトビールという静岡最強のパラダイスへパワーアップします。これからも楽しみですね! 

用宗みなと温泉
rating

4.0

7件の口コミ
place
静岡県静岡市駿河区用宗2-18-1
phone
0542564126
opening-hour
10:00-24:00(最終受付23:00)
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら