日本初上陸!台湾スイーツ専門店・新宿「騒豆花」が今熱い


2018.08.17

LINEトラベルjp 旅行ガイド

台湾スイーツ人気が高まるなか、台湾で最も人気の豆花カフェ「騒豆花(Sao Duo Hua) TAIPEI」が2018年7月13日に新宿・ミロード7階に日本初上陸しました。
今回はお店の看板商品「豆花」について深掘り!根強い人気のタピオカドリンクや台湾フードについてもご紹介いたします。
台北で行列の出来る専門店「騒豆花」の日本一号店
「騒豆花(サオ ドウ ファ)」は台湾で行列ができる「豆花」の専門店で、こちらのお店は日本一号店。インスタ映え抜群なフルーツ入り豆花が話題になり、連日大盛況の行列店になっています。
人気の豆花は冷・温の2タイプ
お店の看板メニューは豆花(トウファ)。豆花とは大豆から得られた豆乳を凝固し成形したスイーツで、豆腐よりも少し柔らかいなめらか食感が特徴です。
フルーツ豆花は現在5種類。夏季限定の「マンゴースイカ豆花」(1,380円/メニュー表示価格はすべて税抜き価格)はマンゴーとスイカの美味しさが衝撃的なおすすめの一品です。豆花の上にマンゴーシャーベット、カットされたマンゴーとスイカが盛り付けられており、タピオカまでトッピングされています。
豆花メニューは、季節のフレッシュフルーツを使用したもの、冬季限定の温かいもの、通年いただけるものの3種類。フレッシュフルーツに関しては、品質を重視し、世界中から旬の旨味が凝縮しているものを厳選して入荷するというこだわりぶりです。
冬には「ピーナッツ豆花(温)」(580円)や、「黒ゴマ豆花(温)」(780円)が登場します。
ドリンクメニューはタピオカ以外にも冬瓜が熱い!
「騒豆花」の魅力は、“豆花”だけでなくそのほかのメニューもとても充実しているという点。その美味しさと特徴的な見た目、楽しい食感が多くの人を虜にしてやまない「タピオカドリンク」の種類が9種類もあるのも注目すべきところです。
タピオカミルクティの「タピオカアッサムティ」(480円)はもちろん、「抹茶ミルクティ」(550円)や「タピオカ台湾冬瓜糖豆乳」(600円)など、他店ではあまり見かけない味もぜひお試しください。
「騒豆花」のドリンクメニューはタピオカドリンク以外にも多数あり、中でも冬瓜を使用したドリンクは台湾で人気の定番ドリンク。
冬瓜はカリウムを多く含む食品なので塩分を排泄する役割があり、肌の健康維持や風邪などに対する抵抗力を高めるビタミンCも含んでいるヘルシーな食材!癖がなくとっても飲みやすいドリンクです。
本場の台湾フードも堪能できる店
台湾スイーツ「豆花」専門店とご紹介した「騒豆花」ですが、実は台湾フードのメニューも充実しています。麺類、飯類、屋台料理といろいろ揃っていますが、お店の一押しは「台湾便當(スープ付)」(1,280円)。
内容は季節により異なりますが、現在のおかずは“豚唐揚げ、海老、煮卵、青菜、豆腐干、椎茸、腸詰、チャーシュー、人参”が詰め込まれており、どれも台湾フードが堪能できる味付け。まるで台湾料理の玉手箱のようです。
連日大行列の「騒豆花」ですが、行列回避可能な時間を強いて挙げるならば開店直後。11:00の開店と同時に入店すれば、ほぼ並ぶことなく入店できます! 

read-more
騒豆花
rating

3.0

22件の口コミ
place
東京都新宿区西新宿1-1-3 新宿ミロード 7F
phone
0333495828
opening-hour
11:00-23:00(L.O.22:30)
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら