泳がなくても海を満喫!池間島~宮古島北部ドライブコース


2018.05.29

LINEトラベルjp 旅行ガイド

宮古島の北部に位置する池間島。島と島をつなぐ池間大橋は絶景スポットとしても人気で、エメラルドグリーンの海が橋の両側に広がっています。カツオ漁で栄えた島で、かつてはカツオ節づくりが盛んでした。今は工場にその面影が残っています。島の北、10数キロ沖には大潮のときだけ現れる大珊瑚礁が。今回は、池間島~宮古島北部のおすすめドライブコースをご紹介します。海で泳ぐのが苦手な人でも楽しめるスポットがありますよ。
見たら幸せになれる予感!ハート岩
池間大橋を渡り、左手の大きな道を道なりに進むと、赤いハート形が描かれた看板が岩壁づたいに左手に現れます。小さな看板なので見落としてしまいがちですが、道の先がイキヅービーチなので、その手前と覚えておくと良いです。車は数台が空き地にとめられます。
撮影ポイントと書かれた案内札のところに立つと、ハート型の穴があいた岩をのぞめます。大潮のときには半分浸かってしまうので、干潮のときを見はからって行きましょう。朝の連続テレビドラマ小説「純と愛」のロケ地になり、有名になった場所です。撮影ポイントからのハートが最も形よく見えますが、移動してお気に入りの形をみつけるのもいいですね。
隠れた名所カギンミヒダビーチ
別名を池間ロープ。カギンミヒダビーチは、池間島の北端に位置し、その名の通り、高さのある道路側から砂浜へロープをつたって行きます。ビーチは長く、遠浅の海が広がっており、熱帯魚もたくさんいるようです。透明度がとても高く、海辺を歩くだけでもエメラルドからグリーン、ブルーへと変わる海のグラデーションを楽しめます。
ビーチへ降りていくためのロープです。急ですが、ロープをたよりにゆっくりと降りていけばあっという間に砂地です。ちょっとしたアドベンチャー気分を味わえます。
やっぱり絶景!池間大橋からの眺め
池間島のビーチを楽しんだあとは、エメラルドグリーンの海に囲まれた池間大橋を渡って宮古島へ帰ります。左手には、珍しい山の形をした大神島があります。宮古島から定期船が出て渡れます。素晴らしいサンゴに囲まれた島です。
宮古島最大の島尻マングローブ林でシオマネキに招かれる
池間島の海を楽しんだあとは、宮古島の北部へ。泥を全身に塗った神様が登場するお祭「ぱーんとぅ」で知られる島尻集落に向かいます。牧畜が盛んなため、ひろびろとした緑の牧場が周囲にひろがっています。
集落のはずれにマングローブ林があらわれます。遊歩道があり、ゆったりと林のなかを歩けます。サトウキビ畑も奥にひろがっており、沖縄らしい景色を楽しめます。足元を見ると、小さな穴がたくさんあいており、そこからシオマネキという小さなカニが自分の体ほどのハサミを片方だけだして、しきりに何かを招いています。これは、求愛のしぐさだそうです。足元だけでなく、木々には鳥たちが集まります。自然を満喫できるおすすめの立ち寄りスポットです。
<島尻マングローブ林の基本情報>
住所:沖縄県宮古島市平良島尻
干潮時の様子です。満潮になると砂地は消えてしまうので、シオマネキを見ることができません。シオマネキに会いたいときは、干潮の時間を調べていくことをおすすめします。
砂山ビーチにアサギマダラが飛来!
マングローブ林をすぎて、大浦湾の右手に砂山ビーチがあります。車をとめて、ビーチに向かう途中の道はジャングルのように植物が生い茂っています。色とりどりの蝶が舞うなか、ひときわ目をひくのは浅黄色が美しいアサギマダラ。季節によって、長距離移動をすることで知られる蝶です。
ジャングルを抜けると、眼下に青いビーチがひろがっています。砂の上から海を見下ろす格好になり、とても美しい光景です。 

read-more
池間大橋
place
沖縄県宮古島市平良字池間
池間島
place
沖縄県宮古島市平良池間

この記事を含むまとめ記事はこちら