【福岡県のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!新しい博多銘菓!?カスタード饅頭のポルトス


2019.11.04

OZmall

◆【福岡県のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!新しい博多銘菓!?カスタード饅頭のポルトス
(c)YOSHIMOTO KOGYO
年間500軒は食べ歩くというスイーツ芸人・スイーツなかのさんが都内のアンテナショップで探してきた、きらめくご当地の宝石!?のような絶品スイーツをご紹介。アンテナショップを巡って探して出してきた、スイーツなかのイチオシのご当地スイーツは一度は食べたい逸品ばかり! 今回のテーマ「饅頭」から、「ザ・博多(有楽町)」の逸品、千鳥饅頭総本舗の「ポルトス」をお届け。
レトロかわいいイラストに注目!
よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。
今回は、福岡県「千鳥饅頭総本舗」が作るカスタード饅頭をご紹介します。千鳥屋さんは、1630年に創業した老舗和菓子屋さんです。代表的なお菓子は、やはり「千鳥饅頭」でしょう。千鳥の焼印が付いた、かわいいお饅頭。ぼくも昔に食べたことありますが、福岡土産で買ったことがある人も多いと思います。長崎に伝わった南蛮菓子の製法をいち早く学び、かすていらやマルボーロなど当時の日本には珍しいポルトガルのお菓子を作り始めました。後に、白あんを合わせて作られたのが千鳥饅頭。ポルトガル文化に和のテイストを掛け合わせたお饅頭は、今でも愛されています。
そして、時は流れ、2015年。新たにポルトガルと日本を結ぶお菓子が誕生しました。それが「ポルトス」。外はしっとりとした生地でカスタード餡を包んだ、カスタード饅頭です。よく見てみると、創業年の「1630」の文字が付いていますね。白あんにカスタードクリームを練り込んで作られた特製のあんこは、和と洋のテイストが絶妙なバランスで素晴らスィーツ! 甘みはしっかりあるのに、後味はくどくない。柔らかくねっとりとした餡の舌触りも心地よく、ふんわりした生地との一体感も抜群! 食べ終わると、どこかノスタルジックな優しい味わいが心に残ります。見た目は重そうだけど、とても食べやすいので、若い方もご年配の方もきっと好きな味。開発に2年の歳月をかけて商品化された、ポルトガルと日本の架け橋をぜひ味わってみてください!
3個入り648円
そして、一度見たら思わず手にとってしまう、このレトロなデザインにも注目! 鳥が頭にちょこんとのった少年のイラストがとってもかわゆスィーツ! 実はストーリーもしっかりとあって、やんちゃな博多っこが夢の中で訪れたポルドカルの街を、鳥が案内してくれるという物語。さらにさらに、このキャラクターたちが登場するCMもあるんですよ! ぼくはYouTubeでしか見たことないのですが、福岡に住んでる人は見たことあるのかな? これがまたインパクトすごい! 見たことない人はこの記事読んだ後に、ぜひYouTubeで見てほしい! 一度聴いたら忘れられない歌は、きっと口ずさむことでしょう(笑)。
【関連記事】
・宮城のソウルフード!フレンドヨーグルト
・飲めそう!?クリーミーさが絶品ヨーグルト
・とろりキャラメルも!札幌の狙い目空港土産
・東京から90分!ワイナリー&カフェ巡りの旅
・27・28日開催!女子旅EXPOのメインイベント
 

ザ・博多 有楽町店
rating

3.5

6件の口コミ
place
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B181
phone
0362734468
opening-hour
10:00-20:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら