白狐が見つけた山口市・湯田温泉~足の怪我を治した足湯巡りの旅~


2018.03.11

NAVITIME TRAVEL EDITOR

山口県山口市にある湯田温泉(ゆだおんせん)には、たくさんの老舗旅館が並んでいます。約800年前に開湯したきっかけとなった白狐伝説というものがあるそうで、街のあらゆるところに白狐の置物を目にします。一体どんな伝説なのか?湯田温泉の見所を探る旅に出かけてみましょう。

  • 01

    まずは湯田温泉駅を目指して電車で出発

    今回は新山口駅からローカル線(山口線)に乗り継いで、湯田温泉駅へと向かいます。山口線は1,2両電車でガタゴト揺られ、のんびり旅のはじまりです。湯田温泉駅までの所要時間は約18分。車窓から見えるのどかな風景に癒やされながらあっという間に到着♪降りたってすぐに巨大な白狐のオブジェがお出迎え!駅の建物よりも高い狐にテンションが上がります!巨大白狐の後ろには無料の足湯があります。

    湯田温泉駅の隣に巨大な白狐!

    湯田温泉駅の隣に巨大な白狐!

    湯田温泉駅から温泉街に続く道は、道路がえんじ色に塗装されていて迷わず行くことができます。温泉街までは徒歩で約10分。町には時々猫の姿も見られます。猫も温泉に入りに行くのかな。

    猫も温泉に入りに行くのかな

    猫も温泉に入りに行くのかな

    途中、可愛らしい遊具がある広い公園があります。ここは井上馨(山口県生。武士、政治家、実業家。伊藤博文らとイギリスに留学、後に木戸孝允らと薩長同盟に奔走する)を記念した公園「井上公園」です。数年前に整備され公園の遊具も新しくなりました。ここにも狐のオブジェと共に足湯があり、誰でも利用出来ます。お湯の温度はかなり熱めですが、徐々に慣れてきてとても気持ちがいいです。冬の寒い時期にはぴったり!屋根はありますが外なので足以外は少し寒いかも。なので温かい格好で来るとよりリラックスできます。

    公園内には白きつねのジャングルジム!

    公園内には白きつねのジャングルジム!

    湯田温泉には白狐伝説という昔から伝え継がれているお話があります。約800年前、権現山と呼ばれるお寺の境内の池の水に足を怪我した白狐が傷を癒やすため昼夜入っていた姿を見つけた和尚さん。その水をすくってみるとなんと温かくさらに奥を掘ってみると熱いお湯がみるみるわき出てきたというお話。無色透明はアルカリ性単純泉。温泉を見つけた白狐が白いことから美白効果も期待できるとか…♪ 

    誰でも利用出来る足湯

    誰でも利用出来る足湯

    観光案内所の前にも

    観光案内所の前にも

    温泉誕生の由来を知ると、見つけてくれた白狐がなんだか愛おしく感じてきました! 井上公園から温泉街に歩いて行くと、道路にあるマンホールがとてもレトロ&カラフルで可愛いことに気がつきました!そう、ここにも白狐。そして町のあちらこちらにも白狐のオブジェが!なんだか御利益ありそうな予感がします♪

    湯田温泉祭り

    湯田温泉祭り

    こちらもお祭り

    こちらもお祭り

    お酒を持ってる白狐

    お酒を持ってる白狐

  • 02

    中原中也記念館

    そして湯田温泉に来たら、訪れておきたい場所。「中原中也記念館」です。中原中也は詩人、歌人、翻訳家として名を馳せますが、30歳という若さで生涯を終えました。350篇以上の詩を残されており、記念館にはその詩が展示されています。

    大きな看板が目印

    大きな看板が目印

    白いシンプルな建物です

    白いシンプルな建物です

    中原中也記念館
    rating

    4.0

    63件の口コミ
    place
    山口県山口市湯田温泉1-11-21
    phone
    0839326430
    opening-hour
    [5-10月]9:00-18:00(入館は17:…
  • 03

    二階はギャラリー、一階は3種類の足湯が楽しめる足湯カフェ

    地元の方が教えてくれた「狐の足跡」という素敵な足湯カフェがあるということで、早速立ち寄ってみました。朝8時~夜22時まで営業されています。モダンな建物の中に入ると受付があり、一人200円で利用出来ます。

    中原中也記念館の真向かいです

    中原中也記念館の真向かいです

    足湯は3つのゾーンに分かれていて受付近くのカフェスペースに横並びのテーブルの下に一つ。

    室内は温かいので温度は低めのお湯

    室内は温かいので温度は低めのお湯

    奥に鍵で貴重品や靴をしまうことができるロッカーが利用でき、下駄に履き替えて庭にでるとそこにもう一つ。とても素敵な空間が広がっていました。

    日本庭園のような空間で楽しめる足湯

    日本庭園のような空間で楽しめる足湯

    そして奥には建物の中で静かにゆっくり浸かれる足湯スペースがもう一つ。せっかくなので3つとも浸かってみました。 受付でカフェメニューを注文すると定員さんが運んできてくれます。

    奥の建物が室内足湯です

    奥の建物が室内足湯です

    受付の時に頼んでいたコーヒーをゆっくり足湯に浸かりながらいただく至福の時です♪この日は中原中也ラテと白狐ラテをいただきました。

    中原中也ラテと白狐ラテ

    中原中也ラテと白狐ラテ

    湯田温泉観光回遊拠点施設 狐の足あと
    rating

    4.0

    53件の口コミ
    place
    山口県山口市湯田温泉2-1-3
    phone
    0839218818
    opening-hour
    8:00-22:00
    no image
  • 04

    ジェラート&コーヒーPelo

    湯田温泉にジェラートの美味しいカフェがあると聞き、体も温まったところでジェラートを食べに行ってみました!元お寿司屋さんという和風の建物とジェラート屋さんというギャップがかわいいです。

    和風なのにジェーラートカフェ

    和風なのにジェーラートカフェ

    イチゴのソルベとピスタチオと湯上がり牛乳を頼んでみました。濃厚で手作りの優しい味がします。シングルとダブルをカップで頼みました。

    ソフトでまろやかな口当たり

    ソフトでまろやかな口当たり

    営業時間は月曜日~日曜日(火曜日定休)11:30~19:00です。夕方にはもう売り切れている場合があるそうですのでお早めに!

    ジェラート&コーヒー ペロ
    rating

    4.0

    9件の口コミ
    place
    山口県山口市湯田温泉1-7-26
    phone
    0839201444
    opening-hour
    月-木・日 11:30-19:00金・土 …
    no image

    のんびり歩きながら散策できるこじんまりした温泉街です。町のあちらこちらに無料の足湯もあり、毎日入りに来るという地元の方とのおしゃべりも楽しいひととき。足湯で温まった後は心もポカポカ♪気楽にふらっと立ち寄れる素敵な温泉街でした。お勧めの場所です!是非訪れてみて下さい。 

    歩き疲れたら、足湯で一休み

    歩き疲れたら、足湯で一休み

この記事を含むまとめ記事はこちら