2年半で130万人ものファンが訪れた東京・六本木の「スヌーピーミュージアム」は、惜しまれつつも2018年9月に閉館。そんな超人気「スヌーピーミュージアム」が2019年12月14日、多くのファンが待ち望むなか「南町田グランベリーパーク」内にリニューアルオープンしました!
六本木展よりも約2倍の規模となる館内には、今回初展示となる作品も置かれた7つの展示スペース、グッズストア、カフェ、新しく開催されるワークショップなど、行くだけでもっとスヌーピー愛が深まること間違いなしの新施設へと生まれ変わっています。中でも新名所と噂されている"全長8メートルの巨大スヌーピー"とはいったい!?
生まれ変わった「スヌーピーミュージアム」の見どころはもちろん、「ブラウンズストア」の数量限定おすすめグッズ、「ピーナッツカフェ・スヌーピーミュージアム」おすすめの限定メニュー、チケット購入方法、アクセスなど、行く前に知っておきたい情報をご紹介します。

  • 01

    「スヌーピーミュージアム」とは?

    「スヌーピーミュージアム」は、アメリカの新聞連載コミック「ピーナッツ」に登場する大人気キャラクター「スヌーピー」と、その仲間たち「ピーナッツ・ギャング」の魅力を貴重な原画や映像などの展示を通して紹介する美術館。作者チャールズ・シュルツ氏が手掛けたアメリカ・カリフォルニア州にある「シュルツミュージアム」の世界で唯一の公式サテライトとして、「南町田グランベリーパーク」内に新設されました。
    スヌーピーミュージアムのクリエイティブ・ディレクター草刈氏によると、六本木展との大きな違いは2つ。1つは美術館がある環境。鶴間公園が隣接した緑豊かなロケーションにあり、本家「シュルツ美術館」の雰囲気により近づいたんだそう。もう1つは展示が「常設展」と、半年ごとに展示替えが行われる「企画展」の2種類あることです。

    南町田グランベリーパーク内にある「スヌーピーミュージアム」 (C) Peanuts

    南町田グランベリーパーク内にある「スヌーピーミュージアム」 (C) Peanuts

    カフェがあるアネックス(左)と「スヌーピーミュージアム」本館(右) (C) Peanuts

    カフェがあるアネックス(左)と「スヌーピーミュージアム」本館(右) (C) Peanuts

    3F スヌーピー・テラスからの眺め / お隣は緑豊かな鶴間公園

    3F スヌーピー・テラスからの眺め / お隣は緑豊かな鶴間公園

    ●常設展●
    スヌーピーミュージアムの常設展には、スヌーピーの生みの親チャールズ・シュルツ氏のこと、50年間続いたコミック「ピーナッツ」や、その登場キャラクターのスヌーピー、仲間のピーナッツ・ギャングといった、"いつになっても伝え続けたいこと"が展示されています。
    3Fにある館内で一番広いピーナッツ・ギャングギャラリーの壁画は、よく見ると網点で描かれています。それは、スヌーピーがコミックとして新聞に掲載されていた当時の雰囲気を表現しているそう。ここでは、今なお愛され続けるコミック「ピーナッツ」の、スヌーピーやピーナッツ・ギャングたちの定番エピソードについて原画の複製やとてもレアなヴィンテージグッズを通じて知ることができます。

    3F チャールズ・シュルツ・ギャラリー / シュルツ氏のライティングテーブルを模した4つの白いデスク (C) Peanuts

    3F チャールズ・シュルツ・ギャラリー / シュルツ氏のライティングテーブルを模した4つの白いデスク (C) Peanuts

    3F チャールズ・シュルツ・ギャラリー / シュルツ氏の創作の歴史が年表でダイジェストに紹介されています (C) Peanuts

    3F チャールズ・シュルツ・ギャラリー / シュルツ氏の創作の歴史が年表でダイジェストに紹介されています (C) Peanuts

    3F ピーナッツ・ギャング・ギャラリー / 入り口付近の"PEANUTS"のフラッグにはトリビアが書かれています (C) Peanuts

    3F ピーナッツ・ギャング・ギャラリー / 入り口付近の"PEANUTS"のフラッグにはトリビアが書かれています (C) Peanuts

    3F ピーナッツ・ギャング・ギャラリー / 約20点の貴重なヴィンテージグッズとともにキャラクターを紹介 (C) Peanuts

    3F ピーナッツ・ギャング・ギャラリー / 約20点の貴重なヴィンテージグッズとともにキャラクターを紹介 (C) Peanuts

    3F ピーナッツ・ギャング・ギャラリー /上下カラーの複製画は日曜版・真ん中は平日版新聞に掲載されていたコミックの複製を展示 (C) Peanuts

    3F ピーナッツ・ギャング・ギャラリー /上下カラーの複製画は日曜版・真ん中は平日版新聞に掲載されていたコミックの複製を展示 (C) Peanuts

    2F シュルツミュージアムについての展示 (C) Peanuts

    2F シュルツミュージアムについての展示 (C) Peanuts

    ●企画展●
    企画展の記念すべき第一弾は、「ビーグル・スカウトがやってきた!HERE COME THE BEAGLE SCOUTS!」。2019年12月14日(土)~2020年6月28日(日)までの期間限定の展示です。スヌーピーがウッドストックたちと野山を巡るお話について、貴重な原画40点を展示しています。山脈を思わせるジグザグな展示スタイルにも注目です!
    六本木展では各展覧会ごとに図録が販売されていましたが、今回は新聞「Snoopy Museum Times(スヌーピーミュージアムタイムス)」が1Fにあるグッズストア「ブラウンズストア」にて販売されます。

    2F 企画展「ビーグル・スカウトがやってきた!HERE COME THE BEAGLE SCOUTS!」 (C) Peanuts

    2F 企画展「ビーグル・スカウトがやってきた!HERE COME THE BEAGLE SCOUTS!」 (C) Peanuts

    「ビーグル・スカウトがやってきた!HERE COME THE BEAGLE SCOUTS!」原画 (C) Peanuts

    「ビーグル・スカウトがやってきた!HERE COME THE BEAGLE SCOUTS!」原画 (C) Peanuts

    2F 山脈を思わせるジグザグな展示スタイル (C) Peanuts

    2F 山脈を思わせるジグザグな展示スタイル (C) Peanuts

    2F 企画展「ビーグル・スカウトがやってきた!HERE COME THE BEAGLE SCOUTS!」 (C) Peanuts

    2F 企画展「ビーグル・スカウトがやってきた!HERE COME THE BEAGLE SCOUTS!」 (C) Peanuts

    1F「ブラウンズストア」にて「スヌーピーミュージアムタイムス」を購入できます (C) Peanuts

    1F「ブラウンズストア」にて「スヌーピーミュージアムタイムス」を購入できます (C) Peanuts

  • 02

    「スヌーピーミュージアム」の外せない見どころポイント"5つ"

    ミュージアムの随所に隠れている可愛らしいキャラクターや、スヌーピー・テラスなど紹介しきれないほど魅力が詰まっていて、全部しっかり見て回るのには一度の訪問では足りないほど。
    今回はそんな何度もリピートして訪れたくなるスヌーピーミュージアムの絶対に外せない展示品やカフェ、おすすめのグッズなど見どころを厳選して5つご紹介します。

    1F ブラウンズストア (C) Peanuts

    1F ブラウンズストア (C) Peanuts

  • 03

    【見どころ①】初の展示作品─全長8mの巨大すぎる「スヌーピー」

    施設面積が2倍になったことで、六本木展では実現できなかった展示を見て・体験できることがなんと言っても最大の見どころ。

    ●【NEW】スヌーピー・ルーム●
    そんな中、圧倒的な存在感を放つのが大きな白い部屋のど真ん中で、ライナスの毛布の上でスヤスヤと眠る全長8mの巨大スヌーピーです!
    巨大な立体スヌーピーの周りを一周ぐるりと見ることができるので、おしりの形やブチの位置など新たな発見があるかもしれません。

    2F スヌーピー・ルーム / ライナスの毛布の上で眠る全長8mの巨大スヌーピー (C) Peanuts

    2F スヌーピー・ルーム / ライナスの毛布の上で眠る全長8mの巨大スヌーピー (C) Peanuts

    この巨大スヌーピーが寝ているスヌーピールームには全部で6つ、あまり見かけないユニークなスヌーピー像があります。
    新しいことを学んでもらう場として、コミック内のなんてことのないワンシーンのスヌーピーを、作者シュルツさんですら見たことがないアングルで展示しているんだとか。

    2F スヌーピー・ルーム / 6つのユニークなスヌーピー像が集結 (C) Peanuts

    2F スヌーピー・ルーム / 6つのユニークなスヌーピー像が集結 (C) Peanuts

    ●【NEW】オープニング・シアター●
    入場後、最初に通るのが「オープニング・シアター」です。
    新作オリジナルアニメーションが4つのスクリーンにプロジェクションマッピングで映し出され、お話の世界の中に入っていくような感覚が味わえます。

    3F オープニング・シアター(C) Peanuts

    3F オープニング・シアター(C) Peanuts

    ●【NEW】ウッドストック・ルーム●
    一日中スヌーピーミュージアムで展示を楽しんで欲しいという思いから作られた「ウッドストック・ルーム」。イエローの空間に、イエローのふわふわなソファが置かれたウッドストックを連想させるスペースには、ピーナッツのコミックや本が置かれていて、読みながら一息つくことができるようになっています。
    ここで流されている犬小屋の上で寝るスヌーピーのアニメーション映像は全部で8種。じっと見ていなければ気が付くことができないような細かい仕掛けにも注目してみてください。

    2F ウッドストック・ルーム /ふわふわソファに座りながらひと休み (C) Peanuts

    2F ウッドストック・ルーム /ふわふわソファに座りながらひと休み (C) Peanuts

    2F ウッドストック・ルーム / ピーナッツ作品の本を読むことができます (C) Peanuts

    2F ウッドストック・ルーム / ピーナッツ作品の本を読むことができます (C) Peanuts

    2F ウッドストック・ルーム (C) Peanuts

    2F ウッドストック・ルーム (C) Peanuts

  • 04

    【見どころ②】全て数量限定!ミュージアムショップ「ブラウンズストア」

    展示スペースが終わったところに設けられているスヌーピーグッズが揃うミュージアム内の「BEOWN'S STORE(ブラウンズストア)」。
    こちらで販売している商品は数量限定で、全て再入荷するか未定のレアアイテム。ここでしか買えないオープン記念の赤いパーカーを着たスヌーピーとウッドストックのぬいぐるみや、1人10個までしか購入するこができないスヌーピーの「トミカ」がおすすめです!気になるアイテムはお早めに。

    1F ブラウンズストア / オープン記念ぬいぐるみ スヌーピー 5000円(税別) (C) Peanuts

    1F ブラウンズストア / オープン記念ぬいぐるみ スヌーピー 5000円(税別) (C) Peanuts

    1F ブラウンズストア / トミカ 800円(税別) (C) Peanuts

    1F ブラウンズストア / トミカ 800円(税別) (C) Peanuts

    1F ブラウンズストア / ロゴダイカット缶クッキー12枚入 1200円(税別) (C) Peanuts

    1F ブラウンズストア / ロゴダイカット缶クッキー12枚入 1200円(税別) (C) Peanuts

    1F ブラウンズストア (C) Peanuts

    1F ブラウンズストア (C) Peanuts

  • 05

    【見どころ③】景色抜群!森の中にいるみたいな「ピーナッツカフェ」

    ミュージアムのすぐ横のパークライフ棟にある「PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)」は、2019年11月13日に先行オープンしました。キャラクターが描かれたチェアーや、壁に描かれた年代別のスヌーピー、宇宙服を着たスヌーピーとウッドストックの照明など、店内には随所にキャラクターの可愛さが溢れています。また、ガラス張りの店内からは鶴間公園の木々が見え、森の中にいるかのような穏やかな雰囲気の中で食事が楽しめます。
    おすすめメニューは、ピーナッツコミックでおなじみの擬音「CHOMP!CHOMP!CHOMP!(もぐもぐ)」が描かれた"季節のパンケーキ"です。季節ごとにフルーツが変わるので、今だけの限定メニューをぜひこの機会にオーダーしてみてくださいね。
    スヌーピーカフェ公式サイトはこちら

    季節のパンケーキ 1280円(税別) (C) Peanuts

    季節のパンケーキ 1280円(税別) (C) Peanuts

    ピクニックバスケット&プレート 3800円(税別) (C) Peanuts

    ピクニックバスケット&プレート 3800円(税別) (C) Peanuts

    タピオカプディング ミルクセーキ 900円(税別) (C) Peanuts

    タピオカプディング ミルクセーキ 900円(税別) (C) Peanuts

    チケットが無くてもカフェのみの利用が可能です (C) Peanuts

    チケットが無くてもカフェのみの利用が可能です (C) Peanuts

  • 06

    【見どころ④】世界で一つだけのスヌーピーグッズが作れる「ワークショップルーム」

    ミュージアム1Fにはスヌーピーグッズ作りを体験できる、常設のワークショップルームが設けられています。トートバッグやキャンドル、和菓子など様々なプログラムが用意されていますが、一番人気はスヌーピーのぬいぐるみ作り。綿を入れる前のスヌーピー選びから、洋服、首輪など自分が好きなものを選んで完全オリジナルのぬいぐるみを作ることができます。
    参加する場合は、オンライン上での予約が必要。当日参加は空席があった場合のみオンラインから申し込むことができます。
    ワークショップ公式情報はこちら

    1F ワークショップルーム (C) Peanuts

    1F ワークショップルーム (C) Peanuts

    1F ワークショップルーム / 一番人気スヌーピーのぬいぐるみ 3900円(税別) (C) Peanuts

    1F ワークショップルーム / 一番人気スヌーピーのぬいぐるみ 3900円(税別) (C) Peanuts

    1F ワークショップルーム / スヌーピーのぬいぐるみワークショップ (C) Peanuts

    1F ワークショップルーム / スヌーピーのぬいぐるみワークショップ (C) Peanuts

  • 07

    【見どころ⑤】キャラクターを見つけて写真撮影「ファインディング・スヌーピー」

    ミュージアム外の南町田グランベリーパーク駅構内、南町田グランベリーパーク、鶴舞公園の広範囲の随所にはスヌーピーのスタチュー(彫像)が11体設置されています。専用のアプリをダウンロードすると、スタチューがあるそれぞれのスポットでスヌーピーや、ピーナッツ・ギャングを見つけ、写真撮影を楽しむことができます。
    こちらのアプリはまだリリースされていないため、詳細はホームページにてご確認ください。
    ファインディング・スヌーピー公式情報はこちら

    ファインディング・スヌーピー イメージ画像(C) Peanuts

    ファインディング・スヌーピー イメージ画像(C) Peanuts

    南町田グランベリーパーク内にあるスヌーピーのスタチュー (C) Peanuts

    南町田グランベリーパーク内にあるスヌーピーのスタチュー (C) Peanuts

  • 08

    チケット購入方法・開館時間

    チケット購入について
    前売券は、2ヶ月前の1日より販売が開始され、来館日の前日20:00まで▶こちらから購入可能です。
    当日券は、販売状況に余裕のある場合のみミュージアムにて販売されます。当日と翌日の状況は▶こちらで確認することができます。

    【前売券】
    一般・大学生 1,800円 (当日券 2,000円)
    中学・高校生 800円 (当日券 1,000円)
    4歳~小学生 400円 (当日券 600円) 
    ※12月14日~15日は当日券販売はありません。

    【開館時間】
    10:00~20:00(最終入館19:30)

    1F チケット売り場 (C) Peanuts

    1F チケット売り場 (C) Peanuts

  • 09

    アクセス・ロッカー状況

    【電車】
    東急田園都市線「南町田グランベリーパーク」駅より徒歩4分
    (渋谷駅より急行で33分、新横浜駅より約20分)

    【車】
    駐車場:ミュージアム専用の駐車場はないため、近隣の駐車場を利用する必要があります。

    【ロッカー】
    ミュージアム内にロッカーはありませんが、スーツケース等の大きな荷物はクロークで預けることができます。なお、南町田グランベリーパーク駅構内にはコインロッカー設備があります。

    東急田園都市線「南町田グランベリーパーク」駅構内 (C) Peanuts

    東急田園都市線「南町田グランベリーパーク」駅構内 (C) Peanuts

    スヌーピーミュージアム
    place
    東京都町田市鶴間3-1-1
    phone
    0428122723
    opening-hour
    10:00-20:00(最終入場19:30)
    no image

この記事を含むまとめ記事はこちら