NAVITIME Travel

横浜中華街、どこから歩く?周辺駅からの行き方4選

異国情緒あふれる街、横浜。その中でも人気の観光スポットである横浜中華街。四つの門に護られた中華街に足を踏み入れたのなら、各種中華や飲茶など、そこはグルメ天国。食事と一緒に気兼ねなくお酒が飲める電車での移動がおすすめです。バスや船などもありますが、今回は周辺駅からの徒歩ルートをご紹介します。

目次

  • まずは横浜駅へ。中華街の最寄り駅へのターミナル駅。

  • 駅の外はもう中華街?JRの最寄り駅「石川町駅」からのアクセス

  • 見上げればそこにベイスターズ。JR「関内駅」からのアクセス

  • 地下鉄ブルーライン「関内駅」からのアクセス

  • 東急東横線直通!みなとみらい線「本町・中華街駅」からのアクセス

  • まずは横浜駅へ。中華街の最寄り駅へのターミナル駅。

    都心や遠方から訪れる場合は、まずは「横浜駅」を起点に考えましょう。JR東日本の各線(JR東海道線、JR横須賀線、JR京浜東北線・根岸線、JR横浜線)、京浜急行電鉄、東京急行電鉄、相模鉄道、 横浜市営地下鉄ブルーライン、みなとみらい線が乗り入れている巨大ターミナル駅。
    中華街周辺には各線の駅が取り囲むようにして点在するので、それぞれのアクセスを紹介します。

  • 駅の外はもう中華街?JRの最寄り駅「石川町駅」からのアクセス

    「横浜駅」からJR京浜東北線・根岸線、JR横浜線いずれかに乗り「石川町駅」へ向かいます。中華街口(北口)は左右に出口がありますが左側に出ます。そのまま左をむくと、中華街西陽門がすぐ見えるので、門をくぐり弓なりになった道をそのまま進むと、横断歩道のむこうに中華街西門(延平門)が見えます。門をくぐりしばらくまっすぐ進むと、善隣門が見えてきます。そこが中華大通りの入り口です。

  • 見上げればそこにベイスターズ。JR「関内駅」からのアクセス

    「横浜駅」からJR京浜東北線・根岸線、JR横浜線いずれかに乗り「関内駅」へむかいます。南口は左右に出口がありますが、左側に出ます。そのまま右へ歩いていくと横断歩道のむこうに横浜スタジアムが見えるので、横断歩道を渡りスタジアムを左手に見ながらそのまままっすぐ進みます。2ブロック先に高校のフェンスがあり、挟まれるように中華街西門(延平門)が見えます。門をくぐりしばらくまっすぐ進むと、善隣門が見えてきます。そこが中華大通りの入り口です。

  • 地下鉄ブルーライン「関内駅」からのアクセス

    地下鉄の「関内駅」から中華街へアクセスするルートはいくつかありますが、途中の門など目印が少ないので、一度近くのJR「関内駅」へ行ってしまったほうがわかりやすいです。
    出口1から出て右側へ進むと横浜市役所が見えます。その角を右に曲がりまっすぐ進むと、駅の高架が見えてくるので、高架をくぐらずに左へ曲がるとJR「関内駅」が見えます。横浜ベイスターズのヘルメットが目印です。そこからのアクセスは上記と同じです。

  • 東急東横線直通!みなとみらい線「本町・中華街駅」からのアクセス

    渋谷方面から来る方はみなとみらい線が一番おすすめ。一本で中華街まで直通です。「横浜駅」からだとみなとみらい線に乗り「元町・中華街駅」下車。山下公園口(1番出口)から出てください。中華街口(3番)ではなく山下公園口(1番)の方が近いです。地下道が長いので改札からは少し歩きますが、地上へ上がって左をむくとすぐ中華街東門(朝陽門)が見えます。門をくぐると三叉路がありますが、真ん中の道が中華街大通りです。中華街大通りから一番近い駅になります。

    photo By Tamago Moffle from flickr

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの記事(旅行の目的別)

交通
もっと見る

おすすめの記事(エリア別)

もっと見る

新着記事

もっと見る