NAVITIME Travel

【酒蔵】山廃仕込みが生まれた蔵。福島県会津若松「末廣酒造」

ライターのプロフィール画像

友田晶子

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

20. October. 2018

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

「会津若松」と聞くと、歴史好きであれば、幕末に活躍した侍たちが浮かぶのではないだろうか。新選組や白虎隊などと縁の深い会津藩が有した鶴ヶ城は、東京ドーム約6個分の広さ。町のシンボルとして、当時の風格を今に伝えている。もちろん、磐梯山や猪苗代湖などもあり、東北の豊かな自然に恵まれた土地。福島県の酒蔵の数は、全国で4番目に多いというのもそう意外ではない。

【酒蔵】山廃仕込みが生まれた蔵。福島県会津若松「末廣酒造」

目次

  • レトロな町並み七日町通りある「末廣酒造」
  • 山廃仕込みが生まれた「嘉永蔵」
  • 伝統の造りはもちろん、新しい時代の酒も登場
  • 登録有形文化財に認定された「嘉永蔵」を見学しよう!
  • 末廣酒造の酒を買うなら、嘉永蔵の売店で
  • 「彩喰彩酒 會津っこ」で会津地鶏と会津の地酒に舌鼓
  • 竹久夢二や与謝野晶子など文人にも愛された東山温泉へ

この記事を含むまとめ記事はこちら

友田晶子
ライターのプロフィール画像
NAVITIME TRAVEL EDITOR
ソムリエ、トータル飲料コンサルタント。12000人のネットワークを持つ国内最大級の女性によるお酒の愛好家団体「一般社団法人 日本のSAKEとWINEを愛する女性の会(通所:SAKE女の会)代表理事。「ツゥになる!日本酒の教本」などお酒の著書も多数。

福島県の写真集

  • 全国

    |

    エリアから探す

    • 目的から探す

      新着記事

        もっと見る

        新着の観光コース