トーマス・ルフ 《Porträt (P. Stadtbäumer)》 1988年 C-print 210×165cm ©Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016

インターネット時代を代表する写真家『トーマス・ルフ』展、8/30より東京国立近代美術館にて開催!


2016.08.24

NAVITIME TRAVEL EDITOR

世界を代表するアート・フォトグラファーの『トーマス・ルフ』。彼の写真は“映像時代の絵画”のようで、他の写真にはない不思議な魅力があります。そんな現代を代表するアーティスト、トーマス・ルフの展覧会が東京国立近代美術館にて8月30(火)より開催されます。

  • 01

    現代を代表するアーティスト「トーマス・ルフ」とは?

    トーマス・ルフ(1958年ドイツ,ツェル・アム・ハルマースバッハ生まれ)は、アンドレアス・グルスキーやトーマス・シュトゥルートらとともにデュッセルドルフ芸術アカデミーでベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻に学んだ「ベッヒャー派」として、1990年代以降、現代の写真表現をリードしてきた存在です。

    トーマス・ルフ 《w.h.s.01》 2000年 C-print 185×245cm ©Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016

    ルフは初期作品の『精緻な客観像』から一歩踏み出し、写真をアートに変えていきます。デジタル画像に手を加えた抽象作品や、インターネットのポルノサイトから入手した写真を加工し、独特な作品へと再構築したものなど様々。ルフは、まさに現代を代表するアーティストです。

    トーマス・ルフ 《Substrat 31 III》 2007年 C-print 186×268cm ©Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016

  • 02

    作品選択・展示構成には“ルフ本人”が参加した熱の入れよう

    本展はその世界が注目する写真家の、初期から初公開の最新作までを紹介する展覧会です。
    展示では、トーマス・ルフ本人が展示作品を選択し、作家自身が全面的な協力をして構築しています。さらに、未発表の新作を含む作品世界の全貌を徹底的に紹介!大変見どころの多い展示会となっています。

    トーマス・ルフ 《jpeg ny01》 2004年 C-print 256×188cm ©Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016

  • 03

    日本で本格的な回顧展は初めて!初期作から最新作まで網羅

    今まで日本の美術館やギャラリーでルフの作品は紹介されてきましたが、美術館で開催される本格的な回顧展は今回が初めて。初期作品の『Interieurs(室内)』、評価を高めた『Porträts(ポートレート)』、宇宙への関心を背景とする『cassini(カッシーニ)』など、全18シリーズ、125点が展示されます。
    ルフの作品の斬新な視点は、新たなる気付きにつながるでしょう。

    トーマス・ルフ 《cassini 10》 2009年 C-print 98.5×108.5cm ©Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016

  • 04

    トーマス・ルフ展

    東京会場
    【会期】2016年8月30日(火)~11月13日(日)
    【開催会場】東京国立近代美術館(〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1 )
    【開催時間】10:00~17:00 毎週金曜日は20:00まで。
    ※入館は閉館の30分前まで
    【休館日】※月曜休館。ただし9月19日、10月10日は開館し、9月20日(火)、10月11日(火)は休館。
    【料金】
    当日券 一般:1,600円/大学生:1,200円/高校生:800円
    前売券 一般:1,400円/大学生:1,000円/高校生:600円
    【URL】http://thomasruff.jp/

    <巡回>
    金沢会場
    【会期】2016年12月10日(土)~2017年3月12日(日)
    金沢21世紀美術館

    東京国立近代美術館
    place
    東京都千代田区北の丸公園3-1
    phone
    0357778600
    opening-hour
    10:00-17:00(入館は16:30まで)…

この記事を含むまとめ記事はこちら