NAVITIME Travel

透き通る神秘の青!自然のままの絶景スポット「神の子池」

北海道の青い絶景といえば美瑛の「白金青い池」や、積丹ブルーと呼ばれる「神威岬」が有名ですが、もう一つ外せないのが斜里郡清里町にある「神の子池」です。 山奥にある小さな池ですが、手つかずの自然の中で青く輝く神秘の青は、まさに日本が誇る北の絶景! そんな「神の子池」と、アクセス時の注意ポイントを紹介します。

目次

  • その景色は、まさに「神」と呼ぶにふさわしい

  • 神の子池は、自然のままで残された絶景スポット

  • 気になるアクセス方法は?

  • その景色は、まさに「神」と呼ぶにふさわしい

    アイヌ語でカムイトー(神の湖)と呼ばれる摩周湖の伏流水からできている、という言い伝えから、その池は「神の子池」と呼ばれるようになりました。1日に12,000tの伏流水が湧き出しており、水深5m、周囲220mの小さな池でありながらも、底まではっきりと分かるほどに澄んだ水です。水温が年間を通して8℃と低いおかげもあり、倒木があっても腐らず、まるで化石のように沈んでいます。

    木漏れ日が、より神秘的に魅せる「神の子池」

    木漏れ日が、より神秘的に魅せる「神の子池」

  • 神の子池は、自然のままで残された絶景スポット

    神の子池は山奥に突如現れた絶景スポットで、散策すると心まで澄み切ったような気持ちになります。駐車場からは未舗装の道を歩くので、服装は歩きやすいものがいいかもしれません。また近くのトイレは汲み取り式ですので、なるべく神の子池に来るまでに済ませることをオススメします。

    「熊出没注意」の看板を横目に、さぁ森の奥までやってきました。周囲の川は普通の透明ですが、この「神の子池」だけ透き通るような青をしています。それはまさに、秘境と呼ぶにふさわしい絶景スポット。水の中に腐らず横たわる倒木が、より一層幻想的な景色を演出します。

    まるで絵画のような景色の「神の子池」

    まるで絵画のような景色の「神の子池」

    この神の子池をぐるりと見て回れるように散策路がありますが、見どころは池のみなので、所要時間は20~30分程度。確かに車がないと不便な場所にありますが、時間と労力をかけるだけの価値が、間違いなくその景色にはあります。

  • 気になるアクセス方法は?

    神の子池は、世界遺産「知床」からも近い道東にあります。最も一般的なアクセス方法は、女満別空港からレンタカーで行く方法。女満別空港から1時間半程度です。
    札幌から電車で神の子池に行く場合は、網走までJRで行き、そこからレンタカーが良いですね。網走駅からも約1時間半程度です。
    運転免許を持っていない、そんな方。残念ですが、電車の数も少ない、最寄り駅までは10キロ以上、タクシーの往復&待ってもらうとそれなりの料金。以上を考慮して、バスツアーを探すことをオススメします。

    女満別空港からのルート

    女満別空港からのルート

    道道1115号摩周湖斜里線を中標津方面に10キロほど走ると、「神の子池 ○キロ」の標識が見えてきます。その先、「神の子池風景林 清里町」と書かれた木の看板を右折し、未舗装の道を2キロほど進んだ先が駐車場です。

    決して良アクセスとは言えない「神の子池」。しかしコバルトブルーに輝くその青を見たら、誰もが「ああ来て良かった」と感じるでしょう。沢のせせらぎと木々の揺れる音、野鳥の囀りが響くその空間は、訪れた人たちを日々の疲れから解放する、神秘的な空間です。

    神の子池
    住所
    北海道斜里郡清里町
    電話番号
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの記事(旅行の目的別)

自然地形
もっと見る
名所
もっと見る

おすすめの記事(エリア別)

もっと見る

新着記事

もっと見る