【京都御苑めぐり】九条邸跡の珍しい唐破風鳥居!季節の藤や茶室望む庭園も☆「厳島神社」


2019.05.14

Kyotopi

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡新元号・令和を祝し、最近皇室ゆかりの地が注目スポットに。そこで、今回は京都御苑内にある史跡を散策。中でも珍しい鳥居がある神社へ。街の中心とは思えない庭園にある珍鳥居有する神社今年は令和元年ということもあり、皇室ゆかりの地が注目を浴びています。その最たる場所でもある京都御苑。市民憩いの場。もちろん観光スポットでもあり。そして、四季折々で季節の花が咲き誇り、いつ訪れても見どころ満載。この時期もつつじや藤の花が見ごろで、そんなスポットを掲示。
ちょうどシーズンを迎える藤が旧九条邸跡の拾翠亭(しゅうすいてい)にあるというので行ってみることに。ここが市内の中心にあるということを忘れてしまうほど、閑静で広大な敷地。借景に大文字山も望めるロケーション。京都御苑、丸太町通から堺町御門を入って左手にある九条邸跡。
五摂家の一つである公家・九条家は藤原北家嫡流の藤原忠通の三男である九条兼実を祖とし、平安末期より多くの摂政や関白を輩出した名家。
庭園には九条池が広がり、その中央には擬宝珠付欄干の高倉橋が架かっています。
池沿いには九条家の別邸として建てられ、茶室として利用されていた拾翠亭があり、毎週金曜日と土曜日に一般公開されています(3月~12月)。その手前に藤棚があるんですが、まだこの時は花が咲いている気配はありませんでしたが、現在は見ごろを迎えているようです。大胆にもアオサギが。すぐ近くにサギの群生する場所があるようです。さらには神社もあります。広島の厳島神社の分社の一つ。かつての九条家の鎮守社であり、平清盛が厳島大神を兵庫築島に勧請し、後に足利義晴が京都に移したのが始まり。その鳥居がこちら。『京都三珍鳥居』の一つに数えられる、この唐破風型の鳥居。主祭神として市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命の宗像三女神、配神に祇園女御を祀る。
ちょうど藤の花も見ごろ。観光にも利便性のいい場所です。厳島神社 へのツイート京都三珍鳥居⛩の一つ、厳島神社の鳥居。鳥居の上部が唐破風になっています。 pic.twitter.com/8ipO5dna0N— レオプリン (@wanko_leopurin) 2019年3月20日詳細情報住所:京都市上京区京都御苑6
関連サイト:http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/02.html元のページを表示 ≫関連する記事【京都史跡めぐり】NHK『ブラタモリ』で注目!豊臣秀吉の整備した“御土居”に鳥居群?「市五郎大明神」【京都地名ミステリー】京都御所北東のかつて真如堂のあった名残りとどめる門☆「石薬師御門」【京都図書館めぐり】京都御苑『森の博物館』でアウトドア読書!バードウォッチングや森林浴も☆「母と子の森文庫」【保存版】カウントダウン開始!平成最後に訪れたい!!京都おすすめの天皇・皇室ゆかりのスポット【厳選3か所】【冬の京都ぶらり】季節の花も咲き誇る古都の中心!広大な敷地で市民憩いの場「京都御苑」 

京都御苑
place
京都府京都市上京区京都御苑3
phone
0752116348
opening-hour
終日開苑

この記事を含むまとめ記事はこちら