山口「はぎ温泉」の夕景スポットに建つ、水辺の別荘旅館


2019.12.30

一休コンシェルジュ

江戸時代から幕末にかけて、多くの史跡が残る山口県萩市。2015年に萩市にある「松下村塾」など5つの構成資産を含む「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産に登録され、近年では歴史好きや幕末ファンのみならず、国内外から多くの観光客が訪れています。
今回は「萩八景」に謳われた、情緒ある“水辺の夕景”を望める「萩八景 雁嶋別荘」をご紹介。客室やラウンジで美しい景色を眺めながら、ゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。萩の松本川河畔に建つ別荘旅館東萩駅から徒歩で約10分。萩の松本川河畔に建つ「萩八景 雁嶋別荘」は、フロント・レストラン棟と客室棟からなります。まずはフロント・レストラン棟へ。ステンドグラスの扉を抜けると、出迎えてくれるのは洋館のようなロビー。階段に敷かれている赤い絨毯が目を引きます。到着後はこちらのラウンジでチェックイン。アンティークの椅子や照明が配され、重厚な欅造りに柔らかい明かりが、温もりと落ち着きのあるクラシカルな雰囲気を醸し出しています。客室棟にはコンクリート打ちっぱなしのラウンジ。マッサージチェアや雑誌が置かれ、さらにラウンジを囲むようにテラスを設けています。午後のひとときや、静かな時間が流れる夜にのんびりと寛いでみてはいかがでしょうか。川と町が織りなす景色を客室から独り占め客室数は全部で16室。ここならではの景色を愉しめるよう、すべての客室から川または運河と町を一望できます。川上側に位置する「リバービュースタンダード」は、10+5畳にテラスが付いたスタンダードな和室。4名まで宿泊可能な客室です。川側の客室では、萩八景のひとつ「鶴江の夕照」とよばれる水辺の夕景を望めます。展望半露天風呂も完備されているので、景色を眺めながら湯浴みをすることも。プライベート空間で、川と町が織りなす景色を愉しみましょう。より贅沢に過ごしたい方には、ロフトにツインベッドを備えたメゾネットタイプの「特別室リバースイート」がおすすめ。眺望の良い最上階に位置し、こちらの客室のみ展望半露天風呂には温泉が引かれています。萩の温泉と食事、観光を満喫する宿泊棟にある大浴場には、はぎ温泉を引いた風情ある露天風呂と内湯を完備。はぎ温泉は関節痛や疲労回復などに効果があるとされています。体の芯まで温めて、旅の疲れを癒しましょう。夕食は、日本海の幸を中心としたスタンダードな和会席や、萩のブランド牛「長萩和牛」をはじめとする特選和会席をご用意。萩の味覚を存分に味わいましょう。瓦の上で茶そばを焼き上げる、山口の名物「瓦そば」がいただけるプランもあります。「萩八景 雁嶋別荘」の周辺には、毛利家の「萩城跡」や吉田松陰が主宰した「松下村塾」、高杉晋作や桂小五郎など幕末志士ゆかりの地が点在する「萩城城下町」など、多くの観光スポットがあります。宿のレンタサイクルを利用して、史跡巡りをしてみてはいかがでしょうか。川の流れのようにゆったりと過ごせる「萩八景 雁嶋別荘」。萩の美的水景に浸るひとときは、思い出に残る特別な滞在になるはず。大切な方と萩を愉しむ旅に出掛けてみませんか。 萩八景 雁嶋別荘 山口県/萩市 詳細情報はこちら  

read-more
和のオーベルジュ 萩八景 雁嶋別荘
place
萩市椿東雁嶋3092
phone
0838262882
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら