金沢の茶屋街に溶け込む1日2組限定の和風オーベルジュ


2019.08.23

一休コンシェルジュ

北陸を代表する都市・金沢。兼六園や武家屋敷跡など、歴史が息づく風情ある街並みに多くの旅人が惹きつけられています。金沢の歴史と今を体感できる居心地のよい宿金沢の象徴的な場所の1つ、ひがし茶屋街付近に佇む「東山のオーベルジュ 薪の音 金澤」。「ちょうど良いが心地良い」をコンセプトにした、スモールラグジュアリーな宿です。趣の異なる2室から、お好みをチョイス。シックでモダンな洋室「HIGASHI」は、シモンズ社製キングサイズのベッドや寛げるソファーが自慢です。オットマンも備わり、大人がゆったりと過ごすのにぴったりです。和洋室「NISHI」は、畳敷きのリビングでほっこりできる空間。障子を閉めればリビングとベッドルームを分けられ、程よいプライベート空間も確保できます。バスルームからテラスの植栽も望め、リラックスしたバスタイムを送れそうですね。広すぎず、けれど狭さも感じない。大切な方と“ちょうど良い距離感”で過ごせる客室は、長居するほど居心地の良さを実感できるでしょう。客室で受ける「排毒トリートメント」も非日常を存分に味わえる体験になるはず。東洋医学由来の気の流れやツボ押し、経路経穴マッサージと、西洋医学由来のリンパドレナージュをミックスしたボディトリートメントを、リビングルームで受ける贅沢を満喫して。自由度の高い食事スタイルで金沢の美食を堪能寿司や日本料理などの伝統的な料理から、おでんやカレーなどの庶民的な味覚まで、美食が溢れる金沢。
「東山のオーベルジュ 薪の音 金澤」は、館内の食事処「東山和今」はもちろん、提携店で食事がいただけ、自由度の高い食スタイルも人気の秘訣です。「東山和今」では、割烹スタイルで少量多皿のコース料理“前衛的日本料理”をいただけます。お席は、料理人が目の前で調理するライブ感にワクワクするカウンター席と、ライトアップされた庭園を眺められるテーブル席の2種類。夏は鮎や毛蟹、太胡瓜など、秋には戻鰹や秋刀魚、五郎島金時といった、地元の旬の食材がふんだんに盛り込まれた料理に季節を感じて。手間暇かけた15~17品もの料理を噛み締めるほどに、美食の街・金沢を訪れた“口福”を実感できることでしょう。魅力的な提携店も見逃せません。全てのお店への送迎が付くので、土地勘のあまりない旅先でも安心ですね。兼六園を借景に、江戸末期の邸宅で会席をいただける「玉泉邸」。銀座の名店「久兵衛」で腕を磨いた主人が握る寿司店「みつ川」。エレガントな一軒家で本格フレンチをいただける「シェ・ヌウ」など、いずれも予約が取りにくいと言われる金沢を代表する名店揃いです。また、伊藤博文や三島由紀夫らも通った料亭「つば甚」も、そのうちの1つです。宿泊者には、夕食後に館内カフェでオリジナルスイーツやドリンクがいただけるサービスも。美味しいおもてなしに、思わず笑顔がこぼれるに違いありません。このカフェ、実はかなりの実力派。「薪の音特製ラム酒に漬けた干柿」を用いたスイーツをはじめ、「抹茶とショコラのアフタヌーンティー」など伝統に新しい風を吹き込んだ味覚を楽しめます。今の金沢を感じながら、ほっと寛いでみてはいかがですか。何度足を運んでも、深い歴史と新しい驚きがある街・金沢。「東山のオーベルジュ 薪の音 金澤」は、伝統を重んじつつ革新し続ける金沢らしさが詰まった宿です。美味しい料理の幸せに浸り、歴史や文化に心ときめく……。そんな大人だからこそ満たされる旅を、金沢で体験してみてはいかがですか。 東山のオーベルジュ 薪の音 金澤 石川県/金沢 詳細情報はこちら  

read-more
東山のオーベルジュ 薪の音 金澤
place
石川県金沢市東山1-15-14
phone
0762525125

この記事を含むまとめ記事はこちら