一度は泊まりたい軽井沢のリゾートホテル 5選


2019.04.14

一休コンシェルジュ

東京から新幹線で約1時間とアクセスが良く、避暑地としても人気の高い軽井沢。
新緑の季節を迎える軽井沢は爽やかな空気が心地よく、最もおすすめの時期です。今回は、軽井沢に行くなら一度は泊まりたい宿を厳選してご紹介します。老舗クラシックホテルで優雅な大人旅を万平ホテル(長野県/軽井沢)明治時代に開業した「万平ホテル」は、日本を代表するクラシックホテルの一つ。ロビーの赤い絨毯、重厚な調度品など当時の趣を残す館内は、歩くだけでまるでタイムスリップしたかのような心地に浸ることができます。赤い三角屋根が目印の“アルプス館”は、今も建築当時のままの姿でお客様を出迎えています。お部屋はアンティーク家具を取り入れた和洋折衷の造り。桜模様の擦りガラスの照明や、ベッドルームとリビングルームを仕切る格子戸が、クラシカルで優雅な雰囲気を演出します。 万平ホテル 長野県/軽井沢 詳細情報はこちら 軽井沢の美食と温泉で、心の底から癒されるルグラン軽井沢ホテル&リゾート(長野県/軽井沢)1つ星獲得の実績を持つシェフが手掛けるフレンチが自慢の「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」。激しい寒暖差によって凝縮された旨みが特徴の軽井沢野菜をはじめ、信州の食材をふんだんに使用した“軽井沢フレンチ”をいただきましょう。三大美人泉質とよばれる炭酸水素塩泉が愉しめるのもこの宿の魅力。大浴場や野趣溢れる日帰り温泉“八風温泉”など、多彩な雰囲気で湯に浸かることができます。貸し切りの展望風呂は、眼下に清々しい緑を一望できる空間。思う存分美人の湯を満喫してみて。 ルグラン軽井沢ホテル&リゾート 長野県/軽井沢 詳細情報はこちら 多彩なアクティビティで軽井沢を満喫星のや軽井沢(長野県/軽井沢)国内外に多くのファンを持つ“星野リゾート”。その原点とも言えるのが「星のや軽井沢」です。離れのように独立した客室は地形に沿って作られ、“谷あいの集落”をイメージ。全てのお部屋が広大な水辺の庭園を囲み、テラスからは四季折々の風景を望みます。この宿で体験したいのが、季節ごとの魅力を満喫できる多彩なアクティビティ。野鳥の森を歩くネイチャーウォッチングや高原乗馬体験など、軽井沢の自然を愉しみながら堪能できるプログラムばかりです。好みや目的に合ったものに参加してみましょう。 星のや軽井沢 長野県/軽井沢 詳細情報はこちら 心地よい空気の中で食す身体に優しい朝食ルゼ・ヴィラ(長野県/軽井沢)「ルゼ・ヴィラ」は、1日5組限定の小さなラグジュアリーヴィラ。プライベートガーデンにはバラや季節の花々が咲き誇り、訪れる人を歓迎してくれます。客室はアンティーク家具で統一され、上品な空間の中でゆっくりと寛ぐことができます。朝は新鮮な野菜や果物をメインにした、身体に優しいルゼスタイルの朝食を召し上がれ。これからの季節におすすめしたいのが、テラス席での食事。ポットで提供される日替わりスープを片手に爽やかな空気の中でいただけば、素敵な1日をスタートできることでしょう。 ルゼ・ヴィラ 長野県/軽井沢 詳細情報はこちら 日本初進出のホテルで、自分自身を取り戻す滞在旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン(長野県/軽井沢・旧軽井沢)日本初進出のホテルブランド「旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン」。スタイリッシュなお部屋は、快適なホテルステイを叶えてくれます。客室や館内の至るところにあしらわれているのは、ホテルのシンボルでもある桔梗の花をモチーフとした軽井沢彫。ぜひ探してみましょう。長い年月をかけて育まれた苔庭は、四季折々で様々な表情を見せてくれます。“KIKYOラウンジ”で提供しているドリンクや食事は、中庭を一望できるテラス席でいただくことも可能。自然の息吹を近くで感じながら、思い思いに過ごしてみては。 旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン 長野県/軽井沢・旧軽井沢 詳細情報はこちら たまには自分にご褒美を。日常の喧騒から離れて、憧れのホテルで上質な時間を過ごしましょう。 

read-more
ルグラン軽井沢ホテル&リゾート
place
長野県北佐久郡軽井沢町大字発地864-4
phone
0267480099
no image
ルゼ・ヴィラ
place
長野県北佐久郡軽井沢町発地字渡り道342
phone
0267481626
旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン
place
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢491-5
phone
0267416990
星のや軽井沢
place
長野県長野県軽井沢町星野
phone
0570073066
万平ホテル
place
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢925
phone
0267421234

この記事を含むまとめ記事はこちら